2015年04月10日

Racing43 1/43 Ferrari 642evo G.P. monaco

ご無沙汰しております・・・

自分がBLOGというものをやり出してからはや10年以上、それでもこれだけ更新間隔が開いちゃったのはおそらく今回が初めてでしょう。引越以来、プライベートでもバタバタ、そして今の職場も繁忙期になったことに加えて、さらにもう1箇所、仕事を兼務することになったこともあってしばらくこの状態が続いちゃいそうです。

あまりにいろんなことが同時多発的に起きちゃって自分ももう結構くたくただったりします。
・・・ってグタグタ書き始めちゃうとそれだけで1回更新出来ちゃいそうな気がしないでもないですが(苦笑)、それは望まれてないエントリになっちゃうでしょうし、ただの日記になってしまうので書きません。ここに書くとしたらレース観戦記や模型製作記の"ついで"に書く程度。

さて、タイトルの件です。

今年はルマンの会25周年アニバーサリーイヤーということで静岡ホビーショーの展示テーマが"フェラーリ"なんです。
それに合わせて自分が唯一作ったことがなかったアレジが乗ったフェラーリF1、642モナコ仕様を作ろうと思っていま・・・した。
(※モナコ・カナダGPではそれまでに比べてサイドポンツーンがデカくなってたり、写真を見比べてみると結構形状が違っているんです)。ただ、自分自身がこんな調子なので間に合うかどうかわからないけど、とりあえず作り始めたということで・・・

20150406_094134353_iOS.jpg
ハコには「FORMULA 43」とありますが、デザインも含めてレーシング43なのでここではレーシング43として扱います。

F92Aの時にも思ったけれど、この時代のフェラーリF1はタメオの出来(というか原型)がとても悪いので、他のメーカーを好んで作っています。中でも642についてもROSSOかレーシング43が的確なフォルムかなぁと思って作り始めてみました。

ただ、レーシング43だけあって作り上げるのはそれなりに大変そう。まずはアンダートレイのモノコック下部分を切り取ってボディとはんだ付け。それでサスペンションを左右から後でさせるように改造。この方が車高出しなどしやすくなりますね。
インダクションポッドは抜こうと思っても肉厚すぎて抜ききれないのでとりあえず深めに彫ってみました。サイドポンツーンのエアダクトは開口してしまったものの、開けてしまったからにはラジエターを用意しなくちゃいけないんだった・・・(でも、ここは開いてないと変ですねw)

20150406_094143825_iOS.jpg
フロントサス周りは左右からアームをさせるように改造したのに合わせてブレーキダクトなどもがっちりハンダ付け。多少曲げたくらいじゃ外れないはずで、その方が現物合わせしやすいというメリットもあります。もっとも仮組みして、きちんと車高を出してからはんだ付けした方が良かったかなぁと思っていますが、今考えてもあとの祭り。

あ、あとノーズのNACAダクトも穴開けて貫通。そしてコクピット側に真鍮板を埋め込んで開口工事終了。こういうのが後々効いてくるんです・・・

ここまでいじったものの、まとまった時間と自分の気力が続くかどうかが疑問。
ひとまず現状報告と言うことで・・・

2015年02月21日

START&FINISH!!!!!STARTER 1/43 FERRARI 312PB 1971 Buenos Aires

先週、引っ越しを終えて未だに生活がバタバタです・・・マンションライフが大好きな自分が祖母の家で暮らすのはこれで通算3回目。ここに越してくるのも2回目(笑) それでもやっぱりココが落ち着くみたいで毎日なんだなかんだ忙しいながらも充実感が結構あっていい感じ。

この引越計画が具体的になってきたのが去年の秋。すぐに自分たち夫婦用の部屋だけリフォームをお願いし、生まれ変わった元の自分の部屋。まだ荷物も搬入したばっかりだし、何しろまだマンションの契約も残ってるからちょっともったいない部分もあるけれど、おばあちゃんを守るためにはこれが考えられる中でベストチョイスなのは間違いないと思う。

こういう事情が変わっていたので、とりあえずルマンの会25周年記念展示、静岡ホビーショーでのフェラーリ祭り用に抑えの1台は引越前に作ってありました。FBにもなーんにもupせずに作ってたので完成したのは1月中旬。本当は1週間で作り切りたかったんだけど、さすがにそんなにまとまった時間も取れず・・・でも2週間以内には完成してましたw

FERRARI 312PB.8.jpg
元は去年の43modelersのときにkawakami商店から譲っていただいた品。こういうきっかけがないとなかなか手を入れることもないかなぁと思って製作開始。

FERRARI 312PB.6.jpg
・・・したものの、最大のネックはこの反ってしまってるリアセクション。
でも、つじつまを合わせてすべてが反ってれば変じゃないでしょう?と変な解釈をして特に直すことはせずそのまま製作しました。

FERRARI 312PB.7.jpg
今回は「1週間で作る!」を目標にしていたので、何にも手入れず、本当に素組み。ロールバーはキット付属のプラパーツ。そのままだと角度が変で本来の場所に収まらないので直してたら・・・折れた・・・。癖でメタルと同じように扱っちゃって(←やばいなぁ、もうプラモ作れないかもw) そこだけちょっと角度を変えて接着して成型しました。

FERRARI 312PB.5.jpg
今回はダクトの開口なども一切なし。スミ入れだけだけど、それでも十分得られる立体感。これでいいんだよ、43モデリングは。

FERRARI 312PB.4.jpg
シンプルな車だと作りやすい。本当にサクサク。だけど、研ぎ出しの時に結構困ったのがゼッケン部分。結局この時代のキットなのでリキッドデカールフォルムは必須。そのデカールが2枚重ねられているところを均すとどうしてもクリアが厚くなっちゃうんですよね。仕方ないんだけど、この周りだけ厚吹きせざるを得ない。それが乾かなくて1週間製作計画がとん挫してしまったんですが。

FERRARI 312PB.3.jpg
エンジン・エキパイ・マフラーなどもレジンでゴロッとしたパーツが付いてるだけ。でもそれをちまちま加工してスミ入れすればそれなりに見えるから不思議。この時代のレジンキットってササッと組めていいよね。

FERRARI 312PB.2.jpg
コクピットは、このキットの場合、シートベルトの表現がデカールなんです。「それはナシでしょう・・・」と判断。貴重なシートベルトのジャンクパーツを使ってサクッと表現。

モノコックもアルミでできてるからそれらしくシルバーも使い分け。

FERRARI 312PB.1.jpg

そんなこんなで2週間弱で完成したスターターの312pb。
「一応新作のフェラーリです」
・・・ってことだけど、これがメインになっちゃうと寂しいから、もう1台、本気の車を作る予定でいます。

乞うご期待♪
posted by Yoshitaka at 11:44| Comment(10) | TrackBack(0) | 1/43 Metal kits | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月26日

FINISH!!! CP model RIAL Ford ARC02 1989!!!

遅ればせながら、リアルの完成画像です。

元々夜行性なのに加えて、2月に引っ越しを控えているもので明るいうちには今の家の片付けに加え、引っ越し先の片づけに追われていることが多く、意外と完成写真を撮るのが遅れてしまいました。

CP_RIAL_ARC02.1.jpg

CP_RIAL_ARC02.4.jpg

CP_RIAL_ARC02.7.jpg

CP_RIAL_ARC02.9.jpg

********************************************************************************



CP_RIAL_ARC02.5.jpg
シートベルトはキットに付属していないのでジャンクパーツを流用。インダクションポッドは深く、そしてシャープに彫り直し。


CP_RIAL_ARC02.6.jpg
このキット、製作に当たってのハイライトはやっぱり前後ウィングの自作でしょうか。
特にフロントウィングはこの時代としても変わった形状でスプリッターが入るんですよね。それを強調したいのもあり、0.25mmの真鍮板で自作しました。はんだ付けだから強度も出るし、そう言ったところには満足。


CP_RIAL_ARC02.10.jpg
リアカウル上のNACAダクトもさりげなく開口させています。中は何も作ってないけど、やっぱり開いてることに意味があるw
今回のキットは左右対称だし、ホイールもちゃんと丸いからキットの物を使えるし、難点はやっぱりレジン一体成型のウィング類でしょう。

あ、あとノーズ先っちょに付く「rial」のデカールがないのも隠れた落とし穴かもしれません。


*このキット、一般には流通していません。CP modelからの御好意によって分けてもらったものですのであしからず。。。
ラベル:rial CP MODEL ARC02 1/43 1:43
posted by Yoshitaka at 01:15| Comment(12) | TrackBack(0) | CP MODEL 1/43 Rial Ford ARC02 1989 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月11日

2015 TOKYO AUTO SALON

今年も行ってきました、オートサロン。チューニングカーにもお姉ちゃんにも興味は無いけれど、結局、レースカーやドライバーも多数来るイベントになってるのでここ数年は毎年参加しています。

☆ スーパーGT GT300関係

LOTUS EVORA SUPER GT.jpg



Z4 SUPER GT.jpg


R8 SUPER GT.jpg


ARTA CRZ.jpg


BRZ SUPER GT.jpg


NISMO.2.jpg


LEXUS Racing.jpg





☆ スーパーGT GT500関係

NISMO.1.jpg



S ROAD GTR.jpg



ZENT LEXUS.jpg



LEXUS SARD Racing.jpg


NSX CONCEPT GT.jpg



☆ ニュルブルクリンク24時間関係

SUBARU NUR.jpg



GAZOO Racing LFA.jpg



GAZOO Racing 86.jpg


GAZOO Racing.jpg



☆ OTHERS

Monstersport.jpg



TOYOTA 86 PIKES PEAK.jpg



Mitsubishi.jpg



TOYOTA MIRAI for Rally.jpg



KEN OKUYAMA1.jpg



KEN OKUYAMA2.jpg



KEN OKUYAMA3.jpg



MAZDA LMP2.jpg


MAZDA LMP2.2.jpg


MZRacing1.jpg

MZRacing2.jpg

MZRacing3.jpg



posted by Yoshitaka at 18:24| Comment(8) | TrackBack(0) | weblog | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月31日

finishing coat(2)

大晦日に完成!!

20141231_060036460_iOS.jpg


20141231_060020009_iOS.jpg


20141231_060050750_iOS.jpg

まぁ、仮完成ってところでしょうか。

みなさま、よいお年を☆
posted by Yoshitaka at 23:59| Comment(9) | TrackBack(0) | CP MODEL 1/43 Rial Ford ARC02 1989 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

finishing coat(1)

年内の駆け込み完成を目指して今日も格闘中・・・

20141231_021152399_iOS.jpg

デカールを貼り、クリアコート、研ぎ出し、ワックス掛けを1週間で済ませました。

このメーカー、デカールの質はいいんだよなぁ。ただ、今回も罠はあって、ノーズの先っちょに付く「rial」のデカールがありませんでした。

と言うことで、43modelersの際にkawakamiさんに譲ってもらったタメオからお借りして(こっちはスペア?を含めて2つ付いてます)、ちゅちょっと仕上げました。ここまで来るとスジボリの有無で印象が全然違いますね。


ボディ乾燥待ちの間に今まで手を付けてなかったタイヤも仕上げます。
今回のキット、キットについてきたホイールを使えるんですよ(笑) さすがホイールメーカーの車だけあって独特な形状のスポークなので使えなかったらどうしようと思っていた訳ですが、ここはクリア。もっとも半つや黒なので目立たないんですけど。

20141231_021234123_iOS.jpg

でも、こうしてみると悪くないねぇ。

タイヤもキットについてきたもの。タイヤ自体はタメオのものではなさそう。リヤタイヤがちょっとホイール幅より太いんだけど、直すよりもこのまま使ってやった方がきれいに仕上がりそうだからこのままいきます。フォーミュラだとリムの形状が揃ってないと目立つしね。

さて、午後もタイムリミットまで頑張ろう♪
posted by Yoshitaka at 12:45| Comment(2) | TrackBack(0) | CP MODEL 1/43 Rial Ford ARC02 1989 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月22日

Hurry, hurry!!!

もういつの間にやら年末
・・・いやー、今年は3月末まではちょくちょく手が動いてたのに、そこからまさかの半年ストップとは(苦笑)
確かに5月に静岡ホビーショー、6月にルマン、10-11月はレース三昧・・・とは言え、なんであんなに夏は手が止まっちゃってたんだろ?今思うとちょっと不思議。

てな訳で、今年の完成品ってここ数年の中では極端に少ないのです。なので、このリアルを何としても年内に仕上げたいなと、ここ数日一生懸命作業してます。

20141221_162602101_iOS-1.jpg

前回の更新から一気に下地を塗り、ボディカラーまで塗り・・・って進みすぎだろって感じですが(苦笑)
ブルーは明るすぎると変かなと思ってフィニッシャーズのブルーにブラバムブルーを足してちょっとトーンを落としてみました。

とても21世紀の物とは思えないフロントサスまで一体のアンダートレイはピュアブラックで塗った後、スーパーフラットコートでコーティング。下回りは大概タメオのARC01のコピーなのできちんと組めます(^^)

20141221_162621080_iOS.jpg

と言っても、この時代のマシンはディフューザーがでかくて目立つのでここは要改修!
薄々にしようかと思いましたが、作業性を考えてスプリッターは銅板を切り抜いてはんだ付け。センタートンネルの部分は薄々攻撃です。

20141221_162648700_iOS.jpg

完全自作のリアウィングは塗ってもあまり大きなアラは目立たず(←ホッ。)
強度はあるものの、それぞれの板が薄すぎたかなぁというのが自分の中での迷い。
と言うのは、今後ここにもデカールを貼って行くわけだけど、板がしなったときに塗装が割れなけりゃいいなと。

かけ足だけど、まずは目の前のキットと向き合うことにします!!

大好きだよ、CP MODEL(笑)
posted by Yoshitaka at 02:13| Comment(4) | TrackBack(0) | CP MODEL 1/43 Rial Ford ARC02 1989 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月01日

Go steady...

最近、何かと考えることが多い。仕事の事、家庭の事
・・・そんなことを考えたらふとミニカーの事も突っ込んで考えてしまった。

なんで素組みで作らないのか、いや、「作らない」んじゃない、「作れない」んじゃないかと思ったり。

作る目的って人それぞれ違うと思うんですが、自分は既製品(ダイキャスト含む)で出ていない(もしくは著しく満足いかない)物を形にしたいと思って作ってます・・・少なくとも昔はそう思っていました。今みたいにネットもなく、もちろんBLOGやらFBもない、頼るのはモデルカーレーサーズだけ・・・みたいな時代。もちろん神業のような人たちは当時・・・いや、もっと前からいたんだろうけど、今みたいに「身近」じゃなかった。それをネットを通してなど、身近に感じるように見るようになってもちろん、自分の工作も進歩したと思う。

反面、作るスピードは下がってしまった。もちろん他の趣味に使う時間もあるけど、それらだって元々あった。大半はクオリティを追求するあまり考えてる時間(要するに手が動いてない時間)ばかり伸び、手が動かなくなった。

まさに今年、最初に書いた「素組みで作らない」んじゃなく「素組みで作れなく」なってる自分。

なんだかまたバランスを崩してる気がする。結局、なにか物事が起きた時、問題なのはその「物事」だけど、それをどう受け取ったかという「思考」も大切。

頭ではわかっているつもりでも、いざ自分の事となると主観でとらえてしまう。苦手だなぁ、こういうの。


**********************************************


さて、変わり映えがしないリアルです。

20141128_150310896_iOS.jpg

この前、友達が家に来ると言うのでそれを機に一度机やら作業台周辺含めて大掃除。自分の頭の中と一緒で今、やらなくていいものも机の上にたくさん出てたから、それらはしまうことに。机の上にはこの2個。知也さんにあっという間に抜かれた(苦笑)ザウバーC14と、リアルです。

リアル、前回の更新後、たくさん突っ込みアドバイスをいただいたので、フロントウィングも真鍮板で作り直し。よりによってこんな複雑な格好のウィングなのでサフを吹くのがなんだか怖いw

20141130_115313326_iOS.jpg

で、実はリアウィングも自作。

どこかで眠ってるジャンクパーツを使えば良かった…と、今になって思ったりするけれど、とりあえず形にはなったかな。でも、フロントリアともメインウィング以外には真鍮板0.25mmを使ったんですが、ちょっと薄すぎたかな?ウィング自作の時って皆さん、どの厚みの物を使っているでしょう?

リアは平面を出すために組んでから削ったのでもうペラペラです。こっちもサフを吹くのが怖い・・・

で、考えてる時間ばかりが長くなり、手が動かなくなる・・・この週末もそんな感じ。振り出しに戻る・・・
ラベル:CP MODEL rial ARC002 1989 F1
posted by Yoshitaka at 02:20| Comment(4) | TrackBack(0) | CP MODEL 1/43 Rial Ford ARC02 1989 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月10日

2014 LE MANS 24 HOURS Vol.9

#01.1.jpg
#1(LMP1-H) AUDI SPORT TEAM JOEST / AUDI R18 E-TRON QUATTRO


#02.1.jpg
#2(LM P1) AUDI SPORT TEAM JOEST / AUDI R18 E-TRON QUATTRO


#03.1.jpg
#3(LM P1) AUDI SPORT TEAM JOEST / AUDI R18 E-TRON QUATTRO


#07.1.jpg
#7(LMP1-H) TOYOTA RACING / TOYOTA TS 040 - HYBRID


#08.1.jpg
#8(LMP1-H) TOYOTA RACING / TOYOTA TS 040 - HYBRID


#12.1.jpg
#12(LMP1-L) REBELLION RACING / Rebellion R-ONE - TOYOTA


#13.1.jpg
#13(LMP1-L) REBELLION RACING / Rebellion R-ONE - TOYOTA


#14.1.jpg
#14(LMP1-H) PORSCHE TEAM / Porsche 919 Hybrid


#20.1.jpg
#20(LMP1-H) PORSCHE TEAM / Porsche 919 Hybrid



posted by Yoshitaka at 00:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 2014 LE MANS 24HOURS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月04日

2014 World Endurance Championship Rd.5 FUJI Vol.3

#01.2.jpg
# 1(LMP1-H) Audi R18 e-tron quattro/ Lucas DI GRASSI, Loïc DUVAL, Tom KRISTENSEN

#02.2.jpg
# 2(LMP1-H) Audi R18 e-tron quattro / Marcel FÄSSLER, André LOTTERER, Benoit TRÉLUYER

#07.2.jpg
# 7(LMP1-H) Toyota TS 040 - Hybrid / Alexander WURZ, Stéphane SARRAZIN, Kazuki NAKAJIMA

#08.2.jpg
# 8(LMP1-H) Toyota TS 040 - Hybrid / Anthony DAVIDSON, Sébastien BUEMI

#09.2.jpg
# 9(LMP1-L) LOTUS CLM P1/01 - AER / Christophe BOUCHUT, James ROSSITER, Pierre KAFFER

#12.02.jpg
#12(LMP1-L) Rebellion R-One - Toyota / Nicolas PROST, Nick HEIDFELD, Mathias BECHE

#13.2.jpg
#13(LMP1-L) Rebellion R-One - Toyota / Dominik KRAIHAMER, Andrea BELICCHI, Fabio LEIMER

#14.2.jpg
#14(LMP1-H) Porsche 919 Hybrid / Romain DUMAS, Neel JANI, Marc LIEB

#20.2.jpg
#20(LMP1-H) Porsche 919 Hybrid / Timo BERNHARD, Mark WEBBER, Brendon HARTLEY


#26.2.jpg
#26(LMP2) G-DRIVE Racing / Ligier JS P2 - Nissan / Roman RUSINOV, Olivier PLA, Julien CANAL

#37.2.jpg
#27(LMP2) SMP RACING / Oreca 03R - Nissan / Sergey ZLOBIN, Nicolas MINASSIAN, Maurizio MEDIANI

#35.2.jpg
#35(LMP2) OAK RACING / Morgan - Judd / Keiko IHARA, Gustavo YACAMAN, Alex BRUNDLE

#27.2.jpg
#37(LMP2) SMP RACING / Oreca 03R - Nissan / Kirill LADYGIN, Viktor SHAITAR, Anton LADYGIN

#47.2.jpg
#47(LMP2) KCMG / Oreca 03R - Nissan / Matthew HOWSON, Richard BRADLEY, Alexandre IMPERATORI
posted by Yoshitaka at 23:15| Comment(0) | TrackBack(0) | MOTOR SPORTS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする