2012年12月26日

FINISH!!!!!PROVENCE PEUGEOT 905 1991 G.P.MEXICO

こんばんは。

もう年末ですね。今日もこのまま当直なのでいつもと違う方法で更新を試みています。昨日までに画像をサーバーに上げておいて、文章自体はモバイルから書いてみています。
どうかな?ちゃんと書けてるのかなぁ?

さて、今年もいろんなことがありました。

前回も書きましたが例年、自分はこの季節を『マイゴールデンウィーク』と表現するほどイベント盛り沢山で好きな季節なんですが、やっぱり今年はなぜか楽しめず。いろんな変化に対応できてないのかもしれないなぁー。

変化…自分に関して書くならば『入籍』!
これが今年一番大きい変化かと思います。来年には結婚式も控えてるし、頑張らなきゃ〜と思った最中、勤務体系がまたしても変わりそう。秋からちょっと変わった仕事をするようになってはいたんですが、今後ももちろんそれは継続するにしろ、今度はそれ以外の部分が変わっていきそうな感じに。

どうなることやら。

また…10月からはひさしぶりのカーライフも始まっ…たものの、11月下旬から数日前まで丸1ヶ月、点検のために入院中。変わった車だと入院も長く、そして価格的にも高くなりますね(笑)

さらには先週、免許の更新に行きました。久しぶりのゴールド免許♪
…そうなった、なれた理由としてはただペーパードライバー状態が長かったからに他ならないのですがこれはやっぱり嬉しいもの。

でも、その際、また免許センターで不手際。

自分は大型四輪も持ってるから、一般的な視力検査の他に深視力もやらなきゃいけないんだけど、それをやり漏らし、もう一度視力検査の行列に並び直す羽目に。もちろん自分が申告するまで免許センター側は放置。

しかも、それについての謝罪が『ごめんねー』だけ。

こんなことやってるから警察やら公務員不信が続くんだよ。まったくの流れ作業でやってるからこうなっちゃう。考えてやって欲しいよ。


***************************************************************



さて、最後はかなり端折っての更新になっちゃいましたが、プロバンスのプジョー905も無事に完成しました。


PEUGEOT905No.44.1.jpg


このアングルで見るとやっぱりカッコいい!エレールと比べちゃ酷かもしれませんが、プロバンスの方が重心が低く作られているのでワイド&ローがより一層強調されています。


PEUGEOT905No.44.2.jpg


今回はデビュー間もないメキシコ仕様なのでまだ各部分が『プロトタイプ』といった感じ。なのでフロントフェンダー上のエアダクトは真っ黒に塗装。これはこれで武骨な印象になり面白いです。

この車の場合、『コクピット』というより『キャノピー』という表現の方がピッタリ…なんて毎回書いているような気がしますが、このキット、決していい状態ではなかったのでウィンドウのバキュームパーツが劣化しているたんです。ルマンミニチュアズ1/87ほどではないにしろ透明なはずが真っ黄色、しかも割れやすくなっていたのでコクピット周りの作業には細心の注意を払いました。

しかも、この車の場合はこのバキュームパーツを塗装もしくはデカール貼りをしなくちゃいけないので余計に注意が必要。でも、今回はバキュームパーツの素材となる塩ビ自体の劣化がかなりひどかったのでウィンドウの研ぎ出しは行いませんでした。
(※というかやったらバリバリになっちゃいます…。)


PEUGEOT905No.44.5.jpg

今回も使った塗料はファンデーションホワイトとピュアブラック。マットの部分についてはそれにスーパーフラットコートを吹いています。


PEUGEOT905No.44.4.jpg


コクピット周辺。コクピット内部の立体塗り絵はシートベルトを塗ってメーターパネルのデカールを貼った程度(キット付属のもの)。

給油口はモールドを削り、穴を開けてZモデルのものに置き換えています。これでビシッとしまって見えるようになります。

ワイパーもキット付属のものをそのまま使用。このワイパー、サイズ的にやっぱり一番しっくりきますね。このサイズのワイパー、スペアパーツとして欲しいなぁ。


PEUGEOT905No.44.3.jpg

リアビュー。
いつものように(!?)、エキパイ部分のモールドに穴を開け、真鍮パイプで自作。ここも定番工作です。

リアタイヤはスパッツで隠れてしまうのでタイヤデカールも付属せず。そういう割り切りがいいキットで(笑) まぁ。元はプリペイントキットですから、そのくらい軽いノリでいいのかも。

リアウィング、ここはやっぱり強度的に心配。プロの方々ってどうやって強度を確保してるんだろう?このキットの場合、(キットのパーツ構成を変えないのであれば)接着面積は増やせないし、接着剤の『点付け』のような状態にしかできず。もちろんステーに何かボディに刺さるような形状の部品を作って半田付けすればいいのかもしれませんが…

しかし、毎回思うけどトータルバランスが取れたモデリングってやっぱり難しいですね。どうも部分的に力の入るところ、力を抜きすぎる(入らないともいう…)ところが出てしまう。

…とは言え、今年4.5個目(※1/87があったので…)の完成品。ここ数年の中では良く作った年だったかな…。


****************************************************************


これが今年最後の更新になります。
今年もこのブログ、或いはルマンの会、或いは静岡ホビーショー、或いはホビーフォーラムを通じていろいろな出会いがありました。

いろいろお世話になった皆様、ありがとうございました。


ちょっと早いですが…よいお年を〜
posted by Yoshitaka at 01:09| Comment(4) | TrackBack(0) | PROVENCE 1/43 PEUGEOT 905 G.P.MEXICO | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月21日

retirement from racing...

今日は特に更新するつもり、なかったんですがついに・・・というニュースがあったので。


アレジ、引退。


思えば、自分がF1をTVで見はじめて、一番感動させられたのがこの人のレースだったような気がします。F1時代、個人的に一番好きだったレースが1992年スペインGPです。大雨の中のレースだったんですがアレジはスタートで少しヒットしながらも3位に躍り出て、あの歴史に残るカッコよさ、でも、歴史に残る遅さのF92Aを限界までコントロールし3位フィニッシュ。その間に当時ロータスに乗っていたハッキネンとは何度も接触、スピンしでも、車を止めることなくそのままスピンターンして戻っていく姿、今でも強烈に頭の中に残っています。

その後も初優勝の1995年のカナダではその後結婚することになる「クミコ」こと後藤久美子のレース後インタビュー、「やったね!」と川井ちゃんが声を掛けると「やったね!」と返したセリフ、あれも忘れられない。あれ、アレジのバースデーウィンだったしね。

んー、シューマッハと接触しながら争った1992年モナコ、1995年雨の鈴鹿、予選ではベルガーと同士討ちしそうになったものの決勝では表彰台GETの1993年イタリア、スタートで一気にトップに立って2年ぶりにフェラーリのトップランを見せた1993年ポルトガル、勝って当然とすら思った1994年イタリア、心の中で勝てなかった中でも一番勝ちに近かったレースだと思ってる1991年ベルギー・・・

1996年のベネトンまでは勝ちを狙える体制でしたが、1997年のB197からは優勝には絡めず。

その後、1998年にはザウバーに移籍。モナコ予選でぎりぎりまで攻めたあの走り、それにここも雨の予選で見事フロントローGETのオーストリアA1リンク。フィジコに突っ込まれたときにはものすごく複雑に思ったっけ。

2001年プロスト時代はカナダでポイントGETした際、今まであまりやったドライバーはいないと思われる「かぶってたヘルメットを(プレゼントとして)観客席に投げ込む」すごいパフォーマンス(笑) スピンターンもカッコよかったなぁ。シーズン終盤にはジョーダンに移籍。アメリカGPでF1通産200戦目をスペシャルカラーのマシンで戦い、F1最後のレースとなった鈴鹿では1stプラクティスでトップタイム!このレースは自分も鈴鹿にいましたがすごい迫力でした。でも、例によって運の悪さは続いており決勝ではオープニングラップでライコネンの単独スピンに巻き込まれ自分のいたスタンド(シケイン)に来る前に姿を消しました・・・

来年とか、またルマンに出てこないかあぁと思っていたんですが・・・今年の切なすぎるINDY500で気持ちが途絶えちゃったかな。でも、こうして身体に大きなダメージがないまま自分で選んで「引退」を決めれたこと、それが自分には嬉しかった。不遇な時が大きかったドライバーだけど、本当に魅力的な"レーサー"だったと思います。


***************************************************************

さて、塗った後さっそくデカールも貼っています。

P1020581.JPG

デカール自体はかなり劣化が進んでいたのでリキッドデカールフィルムが欠かせない状態に。


P1020590.JPG


コクピット後ろの黒い部分は塗装で仕上げています。マスキングはそれなりに大変だけどモールドで白&黒の境界線が掘ってあるのでやりやすかったです。


P1020595.JPG


リアウィングも塗装で仕上げています。全体をファンデーションホワイトで塗った後、翼端板をマスキングして全体をピュアブラックで塗装しています。そこにデカール。翼端板のESSOのデカール(※ここに写ってるやつ)がバリバリに割れちゃって大変でしたが、なんとかここまでリカバーしました。

年末ですね。いつもは楽しみなこの時期が今年は憂鬱。

最近、どうもいろいろと不調です。
posted by Yoshitaka at 23:25| Comment(6) | TrackBack(0) | PROVENCE 1/43 PEUGEOT 905 G.P.MEXICO | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月17日

the force

こんばんは。

今更ながらフェイスブック始めました。ルマンの会のフェイスブックページ製作に関係してIDを持っていた方が便利かなぁと思って、今まで「これ以上、ネットに雁字搦めになりたくない」という理由で手を出してなかった訳ですが、ついに手を出してしまいました。。。ですので、このBLOGとネタ的にかぶることもあると思いますがよろしくお願いします♪

肝心のルマンの会のfacebook pageです。
( https://www.facebook.com/43modelers
FBのIDが無くても閲覧はできるので是非、是非ご覧ください☆


さて、プロバンスのプジョーですが、年内完成を目指してサクサク進めたいと思います。

P1020523.JPG


ボディはホワイトプラサフを吹いた後、面白いことになってしまいました。
というのも、自分がファンデーションホワイトを溶剤で薄めたものと思っていたものが、実はホワイトプラサフだったんです。それをカサ増ししようと思った結果、プラサフとファンデーションホワイトが混ざったものを吹いてしまいました。妙に隠蔽力が強いなぁと思ったんですが、これはこれで便利かも・・・と思ってその変な塗料自体は捨てずに取っておきました。

キット自体はそのあと、ファンデーションホワイトを数回吹いておきました。


P1020526.JPG


内装などはいつもの「立体塗り絵」状態。目立った気泡を瞬着で埋めて、こっちはクレオスのグレーのプラサフを吹いています。


P1020532.JPG


リアウィングはステーと翼端板がエッチング、メインウィングがレジンで構成されています。ハンダは使えないけど強度は出したいので、塗装前にがっちり固定してしまいます。塗膜ですら強度をあげるのに使えますからね。


P1020537.JPG


ホイールインナーはこれ。ブレーキディスクは再現されずこれだけ・・・でも、特にリアは全く見えない上、ここを修正し始めるとなかなか面倒なことになりそうだったので思い切ってスルーしました。


P9170022.JPG


前回、あまりはっきり書かなかったんですが、キット付属のタイヤが硬化してしまっていて、ホイール径より小さいわ、それを修正しようとすると割れるわで大変でした。なので、いつものように「フジヤのタイヤで・・・」と思ったらホイール径違うし。。。


P9170020.JPG


そこで少しでも隙間を埋めるべく、キットのホイールに厚さ0.3mmの細切りにした洋白板を巻きました。


P9170027.JPG


それでも多少ズレちゃうけど、最大限ずれた状態で撮ってこの程度。両面テープでタイヤとホイールを固定すれば差して目立たず。これで組み立てていくことにします。しかし、90年代前半までくらいのホイール(+その径に見合うタイヤ)ってどこかで製品化してくれませんかね?
(こんなご時世だからしてくれないよなぁー...)

サクサク・・・


続く・・・
posted by Yoshitaka at 21:15| Comment(0) | TrackBack(0) | PROVENCE 1/43 PEUGEOT 905 G.P.MEXICO | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月09日

Separation...

ご無沙汰しています・・・
あまりにUPしたいことがありすぎて、迷っている間に時が経ち・・・結局どれもUPしないという一番嫌な流れになっています(笑)

仕事の面でもこの冬からはいろいろ変化がありそうだったりします。今まで我慢しつつも自分ができる限りのことをやってきたけど、そのメッセージが伝わらないような扱いを受け続け・・・もう我慢の限界!ということで、アソコとは契約を打ち切ろうかと。メンバー的には好きな人たちが多いから再度誘われれば、カムバックを丸っきり検討しないわけじゃないけれど現段階では戻る気はありません。今のことを決めるだけならともかく、今後のことを決めていく首脳陣があんな方針じゃ、そう遠くない時期に破綻する。自分の視点から見ると沈みつつある船から早めに避難した感じです。

ありがたいことに他に一生懸命自分のことを誘ってくれるところもあるしね。そういう意味で今まで地道にやってきた部分を評価してくれる人たちもいる。苦しい時期にいろいろな方向で種を蒔いておいた効果が出ている・・・のかな?


***************************************************************

さて、ご無沙汰のプロバンスのプジョーです。このキット、プリペイントキットなのは前回書いた通り(※詳細はこちら)。


P1020463.JPG


ルマンの会の会長に「シンナーで溶かすんじゃなく、文字通り剥がす」と言われた意味がやってみてから初めて分かったような感じでした。イメージで言うと塗膜がラジコンボディ用ポリカーボネート用塗料みたいな感じで、パリパリ割れずにビヨーンと引っ張ってもペローーーンって剥がれてくれるんですよね(バカっぽい表現でごめんなさいw)。


P1020470.JPG

ただ、ボディ全部を剥がすとなるとなかなか大変な作業だったし、それよりもこの剥がした塗膜たちが部屋中に広がってしまうんですよ。何度掃除機かけたことかw


P1020467.JPG


ついでに少しでも車高を下げるため(=下げたように見せるため)にタイヤハウスを削ってタイヤが極力深くはまるようにしてみます。


P1020472.JPG


そうこうしているうちに剥離完了。


P1020475.JPG


最後にスジボリ部分を極細ヤスリの先端で突っついて剥がします。


                   ☆     ☆     ☆

P1020492.JPG

ついでに給油口の部分はゼツモさんのパーツに置き換えるので穴をあけちゃいます。


P1020487.JPG


エンジンへのエアインレット、ここは別パーツになっています。いざ付けてみたら掘りの浅さばかりが目立ったので・・・


P1020485.JPG


軽くピンバイスでアタリを付けて・・・


P1020495.JPG

バイス+ヤスリ類でゴリゴリ削りました。これだけでだいぶ効果的なはずです。


P1020501.JPG

仮組みしてみた姿がこちら。バキュームパーツが黄色いのが目立っちゃいますね。そして車高が高いこと(^^; これでも最初よりだいぶマシなんですが。プロポーション自体は悪くないけど、個人的にはエレールの方がいいフォルムかなぁと思ったり。


***************************************************************

なんだかんだともう年末。。。年内になんとか形にしたいなぁ・・・できるかなぁ???


そうそう!
ルマンの会のフェイスブックページがオープンしました。カミムラさんが作ってくださったので是非見てみてください♪
(※フェイスブックのアカウント持ってなくても閲覧可能です)
https://www.facebook.com/43modelers

 

  
posted by Yoshitaka at 21:17| Comment(2) | TrackBack(0) | PROVENCE 1/43 PEUGEOT 905 G.P.MEXICO | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月09日

PROVENCE MOULAGE 1/43 PEUGEOT 905 MEXICO 1990

こんにちは。

今日は新作紹介を先にしちゃいます。本当は無塗装コンセプトの童友社のスーパーレジェーラを先にしたかったんですが、実験くんには最後まで実験くんになってて欲しくてね。

という訳でアイツは後々、公開します。


P9170011.JPG

『またー?』って言われるのは承知の上でプジョー905です(笑) 今度はプロバンスの1990年仕様…ということで、ごく初期のモデル。

しかも、これ、プリペイントキットなんです。不人気キット故、安く買えたという。無塗装の通常キットだと一時、なかなかの値段になってましたが、これは2000円で仕入れた品です。



P1020450.JPG


でも、このプリペイント、ところどころ剥がれてたり、埃が混入したまま硬化してたり、塗装ムラがあったり、そのまま使うのはどうかなぁー?というシロモノ。



P9170012.JPG


フォルムは文句無いはずなんだけど、塗装はねぇ…。メキシコ仕様ということで、フロントフェンダーの上のエアアウトレットも派手だし、それが余計に話を厄介にしてるよな。




P1020440.JPG

リアもスパッツが付いてるんですが、資料を漁ってみたら、本当にこのキットみたいに張り出しが大きいタイプのようで。最初は削りとばしちゃおうかと思ったんですが、調べてみて良かった(笑)



P9170016.JPG


ホイールのセンター部分はレジンパーツ。ちゃんとスペアがついてるのが素敵。リアウィングもレジンだけど、こうしてちゃんとランナーについててくれるので変形は修正可能な範囲。

さすがにステアリングは厳しそうだけど…


P9170019.JPG

シャシーもレジン一発抜き。シートに気泡が入っちゃってるのでそういう部分だけ修正すればそのまま使えるかな。




他にも書きたいことはたくさんあるけど、時間が…今月は仕事に趣味に忙しすぎる。。。

なんでF1とWEC、WTCC、全部同じ月にやるかなぁ?こんなスケジュールを容認するJAFってやっぱりおかしいよ。一応、ファミリー会員だから加入してるけど、自分だけだったら迷わず退会するな。単なる天下り組織だろ、あんなの。

posted by Yoshitaka at 14:00| Comment(6) | TrackBack(0) | PROVENCE 1/43 PEUGEOT 905 G.P.MEXICO | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする