2008年05月31日

CHAOS...

昨日、思い立ってさらに仮組みを進めてみました。

その結果、フロント周りはこんな感じに。

IMG_3367.JPG


これ、先日行った仮組みではフロントウィングをつけて満足してたけど、ぜーんぜん甘い事が判明。
バージーを付けたら、フロントウィングのセンターが全然合ってなかった事が判明。これでウィングステーごと再構築しなきゃいけないことに。

今はとりあえずくっつけてあるけど、これからこれらを全部ばらして、ノーズとウィングステーの隙間を埋める作業からやり直し。

でもね、個人的に言わせて貰えば、これわざわざ作りにくいようなパーツ分割になってるよなぁ。ウィングステーなんか左右繋がってたっていいのに、わざわざ左右分けてある。分けてあるとくっつけにくいのよ。左右繋がってれば「半田でつける」もアリだと思うけど、これだけ小さいホワイトメタルのパーツだと考えちゃうよなぁ。

IMG_3372.JPG

変なパーツ構成なのはリアウィングも一緒。

なんだ、このリアウィングの作り方は!?・・・謎。
はじめて見たよ、こんなつくり方。確かに翼端板の内側に余計なスリットが入らなくていいけど、この作り方はちょっとなぁ・・・。

一応、そのインスト通り作ったのがこれ。

IMG_3371.JPG

・・・あー、作りにくかった。

ちなみにロワーウィングはハンダで止めようと思ったらなんかうまく行かなくて、ハンダを瞬着で補強して作ってます・・・

自分の作り方まで「謎」になってきた・・・

********************************************

しかしこのキット、作っててものすごくストレスが溜まるのはなぜ???

キットの構成が変だから? それとも自分が病んでるから???

・・・なんか半々な気がする。キットを作ってると言うより、「キットに作らされてる」感じが強い。古いメタルキットみたいに自分のアイデアで改造して・・・ってやりにくいのが現在のCADを使って作ったキット。

確かにこのバージーも指定されたとおりに穴を開けてカチッと作ればフロントサスもきれいに穴の中を通っていくし、クリアランスも充分あってすごいんだけど・・・なんか味気ないって言うか自分がメタルキットに求めるものと違うのよね。
これならプラモを作る・・・かなって感じで。

なんかいきなりモチベーション低下です・・・


病んでる、自分!?

イライライライライライライライライラ・・・…

どうした、自分!?

イライライライライライライライライライライライライラ・・・…
この記事へのコメント
そう言えば、私が前に作ってたティレル012もそういうリア・ウイングの作り方でしたよ。タメオにしたら、アイデア発見!なんでしょうね。

「作らされてる」にしても、ちゃんとシャープなウイングが出来れば、私なら有難いですけどねえ…
メタル一体式のリア・ウイングなんて、もうイライラ通り越しますよ、ホントに。

Posted by おひつじ@tak at 2008年05月31日 02:44
☆ おひつじ@takさん

あぁ、最近のタメオのリアウィングってこういう構成なんですか・・・。新しいタメオキットってせいぜい年1台くらいしか作らないので完全に取り残されております(苦笑)

ボク、案外古いタイプの人間なんですよ。自分で書くのも変ですけど将来いわゆる頑固オヤジになりそうなw だから新しい事に対する抵抗感が強いのかもしれません。新しいこのやり方のリアウィングも結局普通に作れたのになんか違和感がある…ってだけなので。

だけど、フロントウィングの位置決めはホントに難しいですよ。センターがなかなか出せないキットなんて最近ありませんでしたから。バージーをつけた状態でないとセンター出しが難しいっていうのもネックなんですけどね。方眼紙の上ででも作業すればいいんでしょうけど…。

なんか作るモチベーションが湧かないキットに手をつけてしまったなぁと言う感じです…。
Posted by Yoshitaka at 2008年06月01日 02:32
フロントウィングのステーって、FW17とかB194とか作ったときには、ステーがエッチング製ってのもあったんだろうけど、ノーズ幅とステー幅が合わなくて、ステーを真ん中で左右に分けて幅詰めして再装着なんて事が或る種定番工作でしたから、タメオにすればその手間省いたよって事かとか好意的解釈過ぎますかそうですか(笑

 タメオのような、自らのスタンダートフォーマットみないなもんを構築してきたメーカーのキットだと、メーカー側が新手法を取り入れると、ユーザー側が旧来の製作法で挑もうとした場合にどうしても困惑しますよね。プラモだとタミヤがそんな感じ。
Posted by @河童 at 2008年06月01日 18:45
なるほど・・・これは初めて見た。
でも、スタジオのここいらのキットもフロントウイングはこんな感じというかもっと作りずらそうだったような気がするんですが・・・

リアウイングは、なんか良さそうな気がするんですが、ハンダも付けやすそう。
そうでもないのかな?

その昔のタメオのキットから比べると格段に作りやすいのでしょうが、悩みながらというところでは確かに作り手の個性が出しにくいキットなのかもしてませんな。
Posted by エル at 2008年06月02日 11:28
旧来の構成を知らないし、新しい構成もどの辺がネックなのかイマイチ読み取れてないアテクシ。

リアのフラップは組んだ後に中段のフラップを左側から差しこむってことですか?
私ゃ素直に作りやすそうって思うんですが、そんな単純な話ではないんですかね。
Posted by ワタナベ at 2008年06月02日 12:19
☆ @河童さん

いわゆるハイノーズの車…たとえばFW17やB194ってステーもエッチングだったじゃないですか。このEJ11はステーもメタルなんですよね。それなりにスキルがある方ならパパッとハンダ付けしちゃうのかもしれませんけど、ボクには溶かしちゃいそうで怖いのでとてもハンダ付けは出来ません。

デカールとかならスペアで入手可能かもしれませんけど、ウィングステーだけ入手は不能ですし・・・。

それに今までのtameoってフロントのウィングステーがメタルの車の場合は(知ってる限り)多くはメタル製で左右のステーが繋がってたんですよね。それがよりによって今回は左右が分かれてて、ステーが左右とも斜めに付くのでその斜めの角度が変わっちゃうとウィングが真ん中に付かない、もしくはまっすぐ付かないことになるんですよ。

ここが仮組みを含めて大苦戦してるポイントです。

フォーマットに関しては結局、自分の慣れの問題なのかもしれませんけどね。そういうメーカー側の進化(?)についていけないボクなのです。。。
Posted by Yoshitaka at 2008年06月02日 22:59
☆ エルさん

スタジオと比べちゃうと…アレかもしれませんけど(^^;
幸い(? /…かどうかもわかりませんが)、スタジオの場合はスケールもでかいので多少作業性という意味ではいいじゃないですか。今回は43でノーズという細〜い部分での作業なのでうまく行かないたび「イラッ」ときてます(爆)

リアウィングはホント慣れなのかもしれませんけど、翼端板に穴が開きっぱなしになるわけですよね。ここを埋めなきゃいけなくなったということなんですね。今回ボクは瞬着を流し込んでウィングを固定したあと、穴をふさぐようにかつウィング側に液が流れ込んでいかないように瞬着の膜を作り、それから穴を埋めるようにドバッと流し込みました。

それで一件落着だったんですけど、これもハンダでやって不要なとこまでハンダがながれていっちゃたらどーしよー!?というところがあって…自分のスキルではハンダはまだ厳しいなぁと改めて自覚しました・・・。
Posted by Yoshitaka at 2008年06月02日 23:07
☆ ワタナベさん

語彙が少ないのでわかりやすい説明じゃなくてすみません。。。

フロントウィングは要は仮組みがしにくいんですよ。左右のステーが分かれてる、しかも差し込むわけでもなく瞬着もしくはハンダで固定するしかない構成。それをくっ付けると同時にウィングの位置・角度まで調整しなきゃいけないわけです。ハメて瞬着固定しては「クソッ!」、ハメては「クソッ」の繰り返しにいい加減イライラしてきました。。。ボク、模型向いてないのかと思うほどですよ・・・。

リアウィングはその通りです。ですが、当然そのまんまだと翼端板に穴が開きっぱなしになっちゃうのでそれを埋める必要が出てきちゃって。ただ、これに関しては昔のキットなんてみんな穴がありましたもんね。だから完全に慣れの問題かも知れません。

新しい事に順応するのが苦手なんですよ(苦笑)
Posted by Yoshitaka at 2008年06月02日 23:13
☆ TO ALL

今日はこんな時間まで弄ってました(眠)

結局、フロントウィングステー周辺は勇気を出して(?)ハンダで処理してみました。何とかなった様子・・・でもステーの肉厚が削がれちゃったみたいでハンダの割に強度には不安が…。

詳細は次回UPする予定です。
Posted by Yoshitaka at 2008年06月03日 03:34
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。