2008年05月02日

easygoing...

皆さんの期待に反して(?)、ホントに素組みで作っちゃいました。
・・・しかも昨晩、ここをupした後数時間で。

IMG_3188.JPG


一応、ボディと内装、シャシーまで仮組みしてみて、「内装は(ロールバー以外)ほとんど見えない!」ことを確認した後、ひたすらパチパチと。

IMG_3191.JPG

外装ではフロントバンパーサイドのフィン、内装のほとんどすべてをカーボンブラックマットで塗装し、その後スーパーフラットコートでコーティング。キレイなマットに仕上げてみました。

・・・言われなくてもわかってます。この塗装、あんまりやった甲斐なかった(^^;

IMG_3193.JPG

ロールバーは結構目立つので塗装して正解だと思う。ただ、あまりにやる気なくてテキトーな色でそれらしく見えるように塗ってみました(爆) ここはメタリックグレイを筆塗りで。

IMG_3201.JPG

このキット、パーツの精度はホントにすばらしい。悪評通り、このデカールさえどうにかなればいいキットとなる可能性はかなり高い・・・と言うより、デカールを何とかするだけでいいキットになるのは確実です。

ただ、ボクらみたいに普段からレジン・メタルキットを作ってるヒトからするとこの組み方はつまらないかも。ボクですら「この組み方じゃ誰が作っても変わらない出来になるじゃん」ってモチベーション低下しそうになったほど。

メリットがデメリットになりかねない…といったところですかね。

IMG_3196.JPG

というものの、細部は弄ってます。

・ホイールセンターの塗装。
 これは画像を拡大するとばれちゃいますが結構テキトーにエナメルのセミグロスブラックで塗っただけ。

・屋根上のダクトの墨入れ。
 これもやったらそれなりに効果はあると思う。立体感が強調されますね。

・ボンネットのスリットの墨入れ。
 これは・・・やらなくていいかもしれないけど、自分の場合はデカールを密着させようとマークソフター+ドライヤーで頑張った結果、頑張りすぎたみたいでデカールがバリバリと割れちゃったんで、その掛けたデカールを隠すという目的の方が大きいです。

・ブレーキディスクの塗装
 これはやった方がいいです。ここに挙げた中でどれか1つやれって言われたら迷わずこれにしますね。ホイールの隙間から見えるディスクの色が違うだけでずいぶん立体感に差が出るはず!

・ボディをコンパウンドで研磨
 これは・・・やらなくても変わり無いかも。自分の場合、ボンネットフードのデカールを最大限馴染ませようとマークソフターで頑張ったからそのマークソフターの痕を消す目的ってのが主目的で、ついでに窓とかも磨いてみましたが…あんまり効果のあるものでは無いでしょうね。ただ、クリアコートされたボディだから「プチ研ぎ出し」みたいな感じにはなるでしょうね、じっくりやれば…ですけど。


・・・と、まぁ、ホントに素組み(に近い作業)で作ってみました。あ、あと、タイヤの皮むきはやったらそれなりに効果があるかもしれませんね。あまりにテカテカしすぎてるので。フロントはともかく、リアは結構目立つから。

遠目に見ればエブロの完成品といい勝負、もしくは弄りようによっては上回る出来のものが出来上がると思います。

ホント、皆さんが仰るようにネックはデカールにクリアコートされたボディ。これに尽きます。



*********************************************************


さて、前回完成させたメリのフェラーリ643ですが、ペキモでおなじみのワタナベさんから完成時に「フロント別アングルからの写真を見たい」と言われていたんですが、upする機会を逸してたので今回ついでにup。

IMG_3210.JPG

IMG_3211.JPG

・・・もしかしたら「見てみたい」って言ってくださったようなアングルとは違うかもしれませんけど。

本当は自分も今は亡きROSSOの1/8キットの箱のようなアングルで写真を撮りたいんですけど、写真を撮る環境のせいか、アングルがイマイチか、ピントが合わないかどっちかになっちゃって、今出来る中で一番アングルとピントのバランスがいい写真を選んだツモリです。

ホントはこの2枚目の写真よりもうちょっと下から撮りたいんだよなぁ。
この643に限らず、すべての被写体によってかっこいいアングルってのがあると思うんです。643の場合はソコがかっこいいアングルだと思う・・・。

また今度、明るい時に別の場所でその狙ったアングルから写真とってみたいと思うので、忘れた頃に643の画像が突然UPされるかもしれませんが見てやってくださいね☆
posted by Yoshitaka at 00:44| Comment(10) | TrackBack(0) | 1/43 Metal kits | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
追加写真どもです。

そう、こういうローアングルがいいですな。
俯瞰で見られるのが模型の良いところでもあるんですが、実車を見るときと同じアングルで見てみたいわけですよ。こうすると43とはわからないですよね。

私の作った24と同じキットですって言っても信じられる。
Posted by ワタナベ at 2008年05月04日 13:02
あんれま、アッて間に完成しちゃってますねw
まあこのバンダイのキットは、組み立て模型とは言うもののほとんど完成品みたいなもんですからねえ、そのまま作っても物足りないのは当たり前。
しかしどうにかしようと思うと、とたんにハードルが棒高跳び並みに高くなっちゃうのが問題なんですよね。
後発製品はホント出来がもっと良くて、そのまま組んでもエブロ並みのものができちゃいますから、もうこのキットの方向性はそれしかないんでしょうな…。
もっと作りたい人には残念至極。
でもGT−RとNSXは出して欲しいですね、デカールはサードパーティーに期待するとして。
Posted by おひつじ@tak at 2008年05月04日 22:17
☆ ワタナベさん

ワタナベさんの欲していたアングルに近い写真を撮れたみたいで良かったです。643ってこういうアングルできれいなラインで見られる車でしたよね。

今回はFerrari F1の写真集を写真撮る時のバックにしてみたこともあって普段より余計にスケール感の無い写真になってるかもしれませんね。でも、「43に見えない」って言うのはボクにとっては褒め言葉ですから、ありがたくちょうだいします☆

今思えば、643ってバブル後っていう登場時期もあってかなりいろんなスケールでモデル化されたマシンですよね。

ROSSOから1/8、1/24、1/43、
モデラーズからも1/24、
タメオ、メリからそれぞれ別原型の1/43、
タミヤからダイキャストの1/20、
スタジオ27からレジンの1/20(しかもGP違いあり)、
これは一緒にしちゃいけないかもしれないですけどタミヤからラジコンで1/10、タムテックで1/24のRCもありましたね。

いま、パッと思いついただけ挙げてもこれだけ。あの時代は良かったなぁって感じでしょうか(笑)
Posted by Yoshitaka at 2008年05月05日 23:15
☆ おひつじ@takさん

これ、弄るのは結構大変だなってわかりました。素組みか、takさんみたいに徹底的に塗装を剥がし・・・っていう組み直しかのどっちかになっちゃいますよね。ボクがたまにやる「ちょこっといじり」みたいなのが非常に難しいキットでした。

でも、それがわかっただけで作った甲斐がありました。やっぱり作ってみないとそのキットの素性はわからないですから。だけど、このキットも変な加工さえされていなければホントに精度が高いいいキットになりうるポテンシャルがかなり高いキットだと思うんですよね。ROSSOの延長線にあるキットって考えてしまうんですけど。昔、ROSSOでもあったじゃないですか、塗装済みキットみたいなやつが。あのノリに非常に近いなぁと。

ただ、このバンダイのキットで一番感心したのがランナーからパーツを取った部分が組んでいくとちゃんと隠れるように設計されてる事。こういうのって大事だと思うんですよね。基本的にこのキットって対象は素人モデラーさん…というか、玄人モデラー以外でしょうから、そういう小技が大事だと思うんですよね。パーティングラインも全然気にならないし、この辺はガンプラで培った技術なんでしょうか。こういうところと、パーツの合いがすごくいいところで「さすがバンダイ」と思ってしまうからあのデカールが余計に残念です。

普通のキットにしてデカールももっと扱いやすいものにして欲しいって言うのがモデラー的な目線ですけど、それだとバンダイの考える方向性と違うんですかね、やっぱり。

ところでこのキットがリリースされた順番とかあんまり良く知らないんですけどtakさんの仰る「後発商品」って大体どの辺の車からですか?機会があればまた(改良されたこのキットであれば)弄ってみたいので・・・
Posted by Yoshitaka at 2008年05月05日 23:27
私も、全部のキットを知ってるわけではないんですが最初に発売されたのがZENTセルモ、宝山、バンダイダンロップのSC430で、その後インパル、ザナヴィ、モチュールZが出て、最後にバンダイダブルオーSC430が出たんじゃないかな?
特に最初の3種がひどい出来だったから、その後改良されたように感じますね。
Posted by おひつじ@tak at 2008年05月06日 01:50
この間はお逢いできずにすんません・・・笑
結局決勝は見れずじまいで・・・
ゆっくりお話もしたかったのですが・・・

復活しましたのでよろしゅう。

続きはブログに書きますぞ。
Posted by エル at 2008年05月07日 21:13
☆ おひつじ@takさん

ってことはこのキットは初期にリリースされた物の一部なんですね。恵比寿某ショップで先月末セールがあったときにかなり安く出ていて、『じゃあ、せっかくだし』みたいなノリで買ってみたんです。セール初日とかに行けば他の車種もあったのかもしれませんけど、ボクが行った時にはバンダイダンロップSCとモチュールオーテックZしかありませんでした。ZはZで気になったんですけど、カラー的に見慣れないバンダイにした

…とこういう訳なんです。火曜日にも某ショップ近くを通りかかった際に吸い寄せられるように店に寄ったんですけど、Zはまだあって気になったものの、このSCと同じ出来じゃなぁ…と買わない理由を自分なりに作ってスルーしちゃいました…が…やっぱり気になっちゃいますね(笑)

残ってたら今度こそお買い上げ…ですかね。ただ、せっかくトヨタと日産を出したならホンダも欲しいなぁとか、今年のモデル…要はGT-Rは?とか、そういう欲まで出てきちゃいますね!
Posted by Yoshitaka at 2008年05月08日 01:06
☆ エルさん

ブログがしばらく更新されてなかったのでどうかされたのかなぁーとものすごい陰ながら心配していました。

過去のエントリーにも書きましたしご存知だとは思いますけど、今年のもてぎは災難続きでした。天気といい、元々の決勝日にはコースを直してるだけで何も代替イベントなし、順延された決勝は終わるとすぐにドライバーはもちろんスタッフまで帰国!パドックはすごい微妙な空気でした。

ホント、結果的にダニカが優勝して感動させてくれたから個人的には『順延してもいてよかった』って思えた訳ですけど、そうじゃなかったら…去年の富士でのF1の二の舞になりかねない状況だったんじゃないかと思いました。

今回、お会いできなかったのは残念でしたが、ボクも今年行けると思ってなかったし、また東京に出てくる時に予告していただければショップで落ち合うっていうのもアリだと思うので、次の機会に期待してます!
Posted by Yoshitaka at 2008年05月08日 01:21
このマーキングが正規キットで出せるトコは、このメーカーの強みでもありますわな。
 takさんとこでも話題に出ましたが、このキット用のリペイントでカールをどこかが出せばいいのにね。バンダイって意匠とか版権チェックがメタクソ五月蠅いとか聞きますんで、専用リペイントデカールってもの自体が出しにくいのかな?俊光のもキットを改造しないと使用できないバージョンのデカールしか出してこないし。そこさえ解決すれば、モデラー的にも楽しめそうなアイテムだけに惜しい話です。

 画像は、1/43だと少し遠目にカメラを置いて、光学ズームで寄って全画角より2〜3周り小さい範意に被写体が収まるように撮影し、PCで被写体周辺の余計な部分をトリミングしてやると全体的にピントが合いやすくなりますで。
Posted by @河童 at 2008年05月08日 19:06
☆ @河童さん

takさんのところのコメントにボクも以前書いたような気がするんですが、ホント惜しいキットです。デカールさえ何とかなればモデラーでもモデラー以外のフツーの方でも楽しめるすばらしいキットになる素質は充分あるキットなのに。それだけこのデカールのダメ具合がキットの評価自体を大きく落としてるってことなんですが。

俊光のデカールってボディを改造しなきゃ使えないものってのは知ってましたが、これもBANDAIの版権と絡んでるんですかね?そうだとしたら尚更惜しいですよね。こんなにいい素材があるのに。

※こういうものを見て「素材」って思っちゃうこと自体BANDAIは気に入らないのかもしれませんが。

写真の撮り方、次回から色々やってみます。接写モードにするとやっぱり1点にはピントが合いやすいんですが、他の部分がボケボケになっちゃってイマイチな写真になっちゃいます。今回載せた643の写真は@河童さんが仰るようなやり方で撮ったものなんです。やっぱりこの方が(少なくともwebにupするには)いいやり方なんですかね。
Posted by Yoshitaka at 2008年05月09日 02:09
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック