2007年12月17日

NISSAN GT-R☆

ここに書くべきかどうか…というか、書いていいかどうか迷ってたけど一応書きます。

先週の金曜日、JRの某駅に居たら偶然、目の前で事故発生。おっさんがバスに乗ろうと必死で走ってきたところを、某トヨタ車にはねられた。

しかも、事故を起こした(※後述するがどっちが事故を起こしたかは議論の余地があると思う)車が立ち去ったではないか!!!

・・・いわゆるひき逃げ

そのおっさんはすぐに立ち上がって、それでもバスに乗ろうと走ってたけど、
ボクはそのおっさんがボンネットで頭をぶつけたのを見たし、職業柄、止めずにいられなかった。バスの中まで追いかけていって説得し下ろした。バスの運転手さんも事故の直後から見てたし、ボクと一緒にそのおじさんにバスから降りるよう促してくれた。また、この運転手さんが逃げた車のナンバーを覚えててくれてた。そしてそのバスは発車していった。

他の目撃者の方が交番に届けてついでに救急要請もしてくれた。

その後、ベンチに寝かせ、もろもろの処置をして必要な話を聞いたりしていたら救急隊到着。必要な話を伝え、「脳外のある、もしくはアタマを診れる病院で」というボクのリクエストに応えて搬送先探しをしてくれた。
…それは事故直後はピンピンしてたけど、飲んでる薬の関係でハイリスクだと思ったから。

そして救急車出発(←しかもこの救急隊もちょっとかかわりのある救急隊(笑) )。

そうすると、次は警察からの質問攻め。
自分を含めてちゃんと事故を見てたのは2人。1人は名刺を置いて帰っちゃったから、現場に残ったのは自分ひとり。
実況見分をやってきた。自分が見たものを記憶の限り話した…つもり。

その間に、病院から警察に連絡。数箇所の切り傷以外は特に問題なさそう…とのこと。良かった。

実況見分、時間かかるんだねぇ、、、クソ寒い中待ってたけど、寒さに耐えかねてパトカーの中で待たせてもらうことにした。

そしたら、なんと目の前に同一ナンバーの某トヨタ車が!!警察がその車を取り囲む。
犯人の身柄が自分の目の前で確保されるのなんて初めてだよ、しかもこんなハデなかたちで。

それとほぼ同時にさっきのバスの運転手さんも1往復の運転を終えてちょうどその駅に戻ってきた。ボクは警察にその運転手さんを引き合わせ、警察は自分にしたのと同じように一連の話を聞いていた。そのあと、運転手さんがボクに「寒い中まだ居たの!?ご苦労だったねぇ〜」と言ってくれた。いやいや、お互いにとんでもない事に巻き込まれちゃったよね(^^;

気付いたら事故発生から約3時間。ようやくボクも警察から解放された。いろんな意味で感謝はされたけど、おいらの3時間がぁぁぁ・・・

ただ、時間は失ったけど、こんなに面白い体験、したくてもなかなか出来ないよね?
自分の目の前で事故が起き、自分が被害者を(多少は)助け、目撃者としても諸々話し、しかも自分の目の前で犯人の身柄が確保されるなんて。

貴重な体験をさせてもらいました。良かった、みんな無事で。

でも、警察にはしつこいほど言っておいた、「この事故、(逃げた事はさておき)これで『車だけが悪い』って言う事になったらあまりに理不尽だ」と。

だって、歩行禁止のところを歩き、横断禁止のところを横断、しかも左右を全く見ずバスに向かってまっしぐら。
これ、巻き込まれた方が不運だね。逃げた事以外は運転手に同情するよ。


****************************************

さて、前置きがやたらと長くなっちゃった。

ここからが本題。
土曜日、銀座の日産本社に行ってGT-Rを見てきました。

IMG_8471.1.JPG


この日産本社、GT-Rを6台全色置いてあってなかなか行く価値あり!
一生懸命、いろんなところを見てる人、とりあえずコックピットに座ってみる人、遠くから眺めてる人、いろんな人が居た。
中にはブレーキ部分のドリルドローターの写真を撮ってる人も。
・・・その人、モデラーかも(笑)

ボクもとりあえずボンネット、トランク、もちろん外観を一通り眺めた後、コックピットに座ってみた。

・・・こりゃ、すごい!スポーツカーとしてちょうどいいタイトさ。でも、決して狭いわけじゃない。ドラポジは色々調節できるようになってるから自分に最適になるように合わせられるでしょう。操作系も悪く無さそう。試乗したわけじゃないから詳細はわからないけどね。パドルの触感とか、ちょっと想像以上でした。

IMG_8470.1.JPG

そしてもっと驚いたのがこっち。
試乗車が用意されていいるんです!

・・・でも、希望者が超多数いるために抽選らしいんですけど。

しかもね、ビックリしたのはここじゃなくて、ビックリしたのはナンバー。
なんとこのGT-R、レンタカー登録なんです。

後で聞いたら、「試乗」として乗れる時間や場所以外を求める人が多いらしく、こういう設定もあるそうで。

どうでもいいけど、とにかく乗ってみたい!
久々に国産車でそう思わせてくれる車でした。

もちろん価格がネックなんですが(^^;
posted by Yoshitaka at 23:56| Comment(8) | TrackBack(0) | weblog | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
目の前でひき逃げ事故目撃なんてイヤだね。
面倒臭いから見て見ぬふりする人が多い中、
Yoshitakaくんの行動はすばらしかったと思うよ。
おっさんも、たいしたケガじゃなくて良かった。

GT-Rはレンタカーとして借りられるんですか!?
Posted by Minori at 2007年12月18日 20:00
万が一のことがあったかも知れないから、Yoshitakaさんの行為はとても意味があることだったと思います。
事故は、起こした人も遭った人も、周りで見ていた人まで大変な目に遭ってしまいます。
せめて当事者にならないように気をつけたいですねえ。
それにしても、ボンネットに頭をぶつけるほどの事故を起こして逃げていくなんて…運転手はどうゆう神経をしてるんだろう?
もしも自分が事故を起こしてしまうことがあっても、せめてその次に間違った行動をとってしまわないよう、覚悟はしておきたいものです。

Posted by おひつじ@tak at 2007年12月19日 00:26
まぁ、現場を見たわけではないのでアレなんですけど、交通ルール的にはそれでも車の方が悪いことになるんですよね。
運転者はそういう事態も予想しなければならない、と。


北京じゃこの手の歩行者や自転車はわんさかいます。車がよけてくれると思っているのか、車が危険だということがわかっていないのか、はたまたぶつけられて慰謝料とれたらラッキーと思っているのか、定かではないですけど、とにかく信号は守らない、左右確認しない、やりたい放題っすよ。

なので、運転する側はかなり気を使うし、クラクションもばんばん使います。
Posted by ワタナベ at 2007年12月19日 10:42
☆ minoriさん
こういうの、放っておけないのは自分の性格かなぁ。でも、もっと被害者が重傷だったらどうしたらいいか自分でも戸惑うね。戸惑っちゃいけない立場なのかもしれないけどさ。
GT-Rはレンタカーとして乗れるようにする計画があるらしい…ってスバルのディーラーで聞いたんだけど、真相は不明(笑)
しかし、GT-Rを見に行った後にスバルのディーラーにもちゃっかり寄ってきて「GT-R、良かったですよー」って報告しちゃうなんて自分って意地悪!?
Posted by Yoshitaka at 2007年12月19日 23:56
☆ おひつじ@takさん
そうですね、ホント当事者にはなりたくないです。まぁ、つかまったのが「そのスジの方」っぽい感じで、その某トヨタ車もそんな雰囲気でした。だから、もろもろ適当なんでしょうね。

でも、自分が当事者だったら焦るだろうなぁとも思い考えさせられました。結局、そうやって逃げる事で罪の重さが増してるんですよね、今年の6月から(でしたっけ?)
本文にも書きましたけど、「車と歩行者or自転車の事故は100%車が悪い」という決まり自体どうかと思います。最近、保険会社はシチュエーションに応じた対応をしてくれてる・・・と警察の方が教えてくれましたけど、警察の判断には納得行きません。自分が思うに、今回のこの事故に関しては98%歩行者側に問題があるように感じました。こんなの巻き込まれた側は災難ですよ・・・
Posted by Yoshitaka at 2007年12月20日 00:05
☆ ワタナベさん
ボクも警察に「これで運転手だけが悪いのはあまりにかわいそう」とチクッと刺しておいたんですが、その時にワタナベさんがおっしゃるようなことを言われました。それは自分もわかってるんですけど、もうあまりに歩行者や自転車のモラルがなくて時代にそぐわないルールになりつつあるのかなって思いました。

北京とか、日本でTVの映像を見てると相当ひどいですね。渋滞の時の割り込み方とかも。しかも走ってる国産車はクラッシュテストするとアレだし、死亡事故とかバンバン起こってるんでしょうか?悲惨ですね・・・。

しかし、GT-R、デザインはともかく興味津々デス。
Posted by Yoshitaka at 2007年12月20日 00:12
貴重な経験ですが嫌ですな。
私も似たような経験をしておりますが、そのときの聴取も凄かった。
後日、警察にも呼ばれて、下手に携帯で警察に連絡なんてするモンじゃないって思ったっすよ。
ま、事故は凄まじかったですが、軽傷で済んで良かったですが、カツ丼くらい出して欲しかった・・・

GTR、私の廻りでは賛否両論ですな。
Posted by エル at 2007年12月21日 20:43
☆ エルさん
ボクはそれで「後日、警察にも呼ばれて」になるのが嫌だったので「じゃぁ、待ってます」といって待ってることにしたんです。いつ掛かってくるか、本当に掛かってくるかがわからないのってなんとなく落ち着かないじゃないですか?

ただ、サツの人たちが言ってることは極めてお役所的でしたけど、そんなに悪い対応はされませんでしたよ。むしろ自分がいろいろ興味津々で、いろいろ教えてもらったりしました。カツ丼はともかく、お茶くらい出してくれてもいいのにとは思いましたけどね。こんなに協力したんだから!そもそも交番には行かないまま終わっちゃいましたけど。

GT-R、モーターショーで見たときは「こんな顔ならマスクしててくれたほうがいろいろ妄想できてよかった」って失望したんですけど、もっと近くで見たらまぁ、悪くないかなと。やっぱりボディの外装デザインよりも内装や、なにより質感が気に入っちゃったのかもしれません。
Posted by Yoshitaka at 2007年12月22日 02:37
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。