2018年04月29日

START & FINISH STARTER 1/43 SAUBER MERCEDES C291!!!!!

このエントリーがサクサクモデリング月間の最後・・・の予定だったんですが、もう1個産まれてしまいまして、もう1個続きます。

今回はスターターのザウバーメルセデスC291です。カウルオープンなんてこういう機会でもないと作らないからと思って・・・

実はこれ、お手付きキットを中古で安く仕入れたものをベースにしているため、最初はこのように塗装まで済んだ状態でした。
まずは塗装落としから。

20180311_192257313_iOS.jpg
ツールウォッシャーをポリパテが入っていた缶にドボドボ注いでいきます。こんなことしてるから3-4月のシンナー(≒ツールウォッシャー)の消費量がすごかったんだよね・・・。

20180311_195459642_iOS.jpg
とりあえず塗装を落とし・・・

20180324_035726541_iOS.jpg
そのまま軽く組んでみた姿。

20180324_035736845_iOS.jpg
ボディサイドに一体成型されている水平板は研ぎ出しの時に邪魔になりそうだったので、削り落として真鍮板で置き換えます。

20180324_135659992_iOS.jpg
そのままの勢いでサフまで吹いちゃいます。意外とスもなく、作りやすそうとこの段階で気づきました。

20180324_213314891_iOS.jpg
軽く表面を均したらシルバーも吹いちゃいます。最近、自分はサフの代わりに塗料そのものを使っている部分があります。
やや厚塗りして、表面を均して…というのをボディカラーでやってるという。

表面の状態が問題なくなったら、この段階で一度クリアを吹いておきます。それだけでデカールのノリが変わってくるのと、デカール軟化剤によるダメージを防げるようになります(傷になっちゃったらクリア層だけ削ればOK)。

20180327_164253905_iOS.jpg
デカールを貼ります。
…が、このキットも例外ではなく、デカールがばらばらになってしまうのが余剰デカールでわかっていたので、リキッドデカールフィルムでコーティングしてから張り付けていきます。

20180328_141355524_iOS.jpg
わかりづらいですけど、クリアまで塗装した姿です。

20180326_140747801_iOS.jpg
まずはボディだけデカール→クリアを行いましたが、ちょっと遅れてリアカウルもこの状態に追いつきました
(*注: このキット、どう頑張ってもリアカウルは閉まりません)

20180329_173535851_iOS.jpg
前回のプジョー905同様にボディ全体をマスキングして、リアカウル内を黒くします。同時にコクピットパーツも黒くしておきます。
はみ出た部分はコンパウンドで消しておきます。

20180330_020039332_iOS.jpg
リアカウル内の仮組み。サスアームとエキパイがメインであとは全部一体成型。それらしく塗り分けるだけでOK。

20180328_141329022_iOS.jpg
並行してリアウイングも作っていきます。仮組み後、全体をシルバーで塗り、ここもシルバーで隙間を埋めちゃいます。
研ぎ出しした後で黒を塗装。デカールまですべて貼り終えたら黒い部分だけスーパーフラットコートを吹いて仕上げます。

20180330_170953721_iOS.jpg
ここまでくればもうほとんど完成。
バキュームパーツを組み立てていきます。再度ウインドウは周囲に黒いデカールを貼ることになっていますが、これは窓自体の輪郭を黒くしているので省略。フロントウインドウはデカール後にクリアコート+研ぎ出しを行っています。

ヘッドライトは地の色がシルバーだとさすがにバキュームの黄変が目立っちゃいますね・・・ここはちょっと残念でした。

20180330_173501261_iOS.jpg
あとはタイヤとリアウイングをつければ完成。

20180330_203227000_iOS.jpg
とりあえず完成披露・・・の状態。

*****************************************

後日、まとめて撮影しました。

P3310119.1.jpg

P3310133.JPG

P3310171.1.jpg


P3310152.1.jpg


P3310167.1.jpg


P3310175.1.jpg


P3310145.1.jpg


P3310111.1.jpg

*****************************************

こんなの、正味10日で出来ちゃうと思わなかった。
今回のこのサクサクモデリング月間に作った中で、一番ちゃんとできてるのは案外こいつかもしれない。ライトの黄ばみ以外はそのくらいちゃんとできました。

問題はカウルをどうやって固定しておくか。43オフ会のときにアクロバティックな持って行き方をしたら「43をもっと大事にしましょう」ってご指導を受けたり(笑) でも、ルマンの会のケース、スペース的に置けないのよね。かといってデカいケースにしまうほど、外れるパーツも多くないっていう。本当は地べたにおいてこの写真みたいに飾ってやるのがいいのかな?地震の時とか心配だけどね。

さて、この後で作った作品も撮影しないと。最近、事後報告BLOGになっちゃってますが、4月までは一生懸命作ったってことで許してくださいね!!
posted by Yoshitaka at 15:05| Comment(6) | 1/43 Metal kits | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こういう作り方、これで良いというか、実際十分だなと頭では思ってもなかなか真似できないです。
まだ、手の入れどころ抜きどころがわかってないからでしょうねぇ。
今度良いキットがあったら試してみたいと思います。

ツールウォッシュでレジンのダメージありませんか?
以前、シンナーに入れたらボロボロになってしまった経験があるので。。
Posted by Ohtoro at 2018年05月01日 10:14
☆ Ohtoroさん

逆に自分には作りこむ気合いうか、根性がないので、今はとにかく数、完成させたい思いが強いんですよね。だから今回みたいなフルディティールがテーマじゃなければ作りそうにない題材を選んでみたりしました。このキットの場合、はなっからカウルクローズは考えてなさそうなので、そこに気づかいすることなく組めたのが鍵だったかなぁと思います。

ツールウオッシャーでダメージですか?自分はこんなに何回も入浴させてますけど、今まで一度もダメージを受けた経験はありません。でも入浴って言っても数分だけですけどね。一晩漬けとくとかはやりません。
Posted by Yoshitaka at 2018年05月01日 21:12
コメント追いつかねぇ ww

ツールウォッシャーとはまた剛毅な。ま、でもどんな塗料つかってるかわかんない時はそうなっちゃうのかな。最近は私ゃシンナー風呂は使えないパターンばかりですわ。フェンダーとかボンネットをパテやらプラ板で盛り削りしてたのでね。
Posted by ワタナベ at 2018年05月02日 17:37
苦労が伝わる作り込んだ完成品も好きですけど、こういうあっさり完成・でも清潔感なのも良いですね。
10倍手を掛けても完成してみたら二割ほど良くなっただけなんてこともありますし。
私は手を抜きまくってもなかなか完成しないという情けない状態ですけどw
メルセデスのマシンは良くも悪くも質実剛健でカラーリングもそんな感じですね。早作りには向いているかもね。
ミラーは塗り忘れてるのかと思ったら、こういう色なんですねw
Posted by おひつじ@tak at 2018年05月03日 01:13
☆ ワタナベさん

ホビーショー対応でお返事遅くなりすみません。
え?結構自分は塗装はがしの時にはツールウオッシャーにつけちゃいます。その代わり、長時間入れておくわけではなく、車が沈むくらいまで浸して、あとは筆で細かいところをはがしていきます。これをやりたいから自分はあまりプラバンとかラッカーパテをつかわないんですよね。瞬着をパテにしてるのはこれが一つの理由です。
Posted by Yoshitaka at 2018年05月13日 11:39
☆ おひつじ@takさん

このキット、お手付きキットだった上に、カウルやディフューザーの反りもかなりひどく(もっといい状態のキットもあったので多分個体差だと思いますが)最初からカウルは閉めない!と決めて取り掛かったのがよかったと思います。スーパー立体塗り絵ですが、あっさり作っただけでもそれなりに見えてしまうのがこの時代のキットの魅力ですね。今のキットって良くも悪くもよく再現されすぎていて作ってるんじゃなく、作らされてる感じに陥りがちです。そのキットとしてのデフォルメがとてもうまいキットだと感じました。

問題はカウルをどう飾るかなんですよねぇ(*自立しません)
Posted by Yoshitaka at 2018年05月13日 13:17
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]