2016年04月27日

DAYTONA 24h・・・

こんばんは。

東京オリンピックのデザインが決まりましたね。決定したA案ありきの選考だったって言う人もいるし、元F1ドライバーもどきの方は「お葬式にぴったりのデザインだ」とか言ってますけど、ボクはあれが好きでした。やっぱりね、五輪のマーク」って言った時点で最終選考に残ったものも含めてだいたいのデザインは5色入れたくなるんですよね。そこを藍色一色でデザインした時点で勝負あったかなと思います。

ともあれまた「パクリ」だなんだって難癖付ける人もいるんでしょうけど、「だったらお前がデザインしてみろよ!」って言えるくらい胸を張って欲しいものです。

さて、マイナーチームの911GT1ですが、着々と仕上がってます。

前回はボディの黄色を塗ったところまでUPしましたが、黄色を数回塗り重ねた後、一度クリアーを吹きました。

911GT1 ROHR(8.5).jpg
そしてボディの大判デカールのみを貼り、タッチアップした後、再度クリアコート。やっぱりデカールが劣化していてバリバリだったので、毎度おなじみリキッドデカールフィルムを塗ってから貼っています。

911GT1 ROHR(7).jpg
ボディが乾燥するまでの間にロゴデカールを加工します。まずフィルムの乾燥によってデカールが丸まらないように板にテープで固定した後、リキッドデカールフィルムを塗りました。

911GT1 ROHR(8).jpg
そしてロゴ、一つ一つを切り抜きます。
レーシングカーはどれもそうですけど、細かいロゴデカールが多いので、必然的に切りぬく回数も多くなるんですよね。

911GT1 ROHR(10).jpg
デカールを貼り終わったら再度クリアコート。

911GT1 ROHR(9).png
クリア→研ぎ出し→クリア→研ぎ出しを計5-6回繰り返します。デカールの上にデカール、そのまた上にもデカールとなれば当然、その部分のクリアは厚くなっちゃう。でも、そういう車だから仕方ない・・・

バキュームの窓、テールライトがデカールのクセに、フロントのウィンカーはクリアレジン製。この乾燥時間にこうした小物パーツを組み立てます。

911GT1 ROHR(11).jpg
室内もだいぶ手を抜いたけどこんな感じに仕上がった。いかんせん実車の資料が無さ過ぎて半分以上、妄想です。
googleで検索すると大半がショーカーなのか、別の色だった個体をこれっぽく仕上げたのか、いずれにしても自分が欲しい写真は1枚もなかったという・・・
なので、それっぽく仕上げています。

911GT1 ROHR(12).png
で、とりあえず組み立ててこの状態。だいぶそれらしくなってきたでしょ?

しかしこのフロントガラスに大苦戦。数年前におひつじ@takさんが作られたときに「窓はバキューム通りでピタッと合う」と書いてあったので楽観視しすぎたのもあるんですが、断面のみでくっついています・・・個体差なのかなぁ?ま、あ他のバキュームは気持ちいいほどピタッとハマってくれました。

さて、次回はいよいよ最後の組み立ててです♪
posted by Yoshitaka at 02:29| Comment(6) | TrackBack(0) | PROVENCE 1/43 PORSCHE 911GT1 ROHR | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
今回のカラーリング派手で綺麗でいいですねぇ!
マイナーチーム好きの本領発揮ですねぇ(笑)

五輪マーク4案発表したときから「まぁ!消去法で選ぶとしたらA案だねぇ!」と家庭内では話してましたけど、嫁はB案がいいと言ってましたが、私の解説すると「そうするとA案かぁ?」と何となく納得してました。

「でも、今回の4案なら前回の盗作疑惑のマークの方がレベルが高いと思うけど」と言うと叩かれちゃうからねぇ(笑)

まあ、決まってよかったです。
Posted by こいで at 2016年04月27日 07:59
☆ こいでさん

まぁ、マイナーチームだったのは結果論みたいなところもありまして。作りやすそうなのを選んでたらこれが目に入りまして。デカールも大判こそあるものの、点数としては少ないし行けるかな?と思って作ってみました。

デザインとしてどうかよりももはや前回のマークはイメージが悪すぎて、そういう影響も加味されたんじゃないかと思います♪
Posted by Yoshitaka at 2016年04月28日 14:03
なかなかアートしてるペイントで良いですね。GT1のバリエーションはどれもカラーリングがナイスなのでまた作りたくなります。プロバンスのはBBSホイールが難点ですね・・・。
リキッド使ったあとは切り抜きが大変ですね。おつかれさまでした。
フロント窓、画像で見る限りキレイにはまっているように見えます。バキュームぽくなくて枠とツライチになってるみたいですし、結果オーライじゃないですか ?
Posted by おひつじ@tak at 2016年04月29日 11:02
☆ おひつじ@takさん

そうなんです、ホイール、どうにかなりませんかね!?今更フジヤのを使うのもなぁと思ってごまかしながらキット付属の物を使いました。幸いなことにスポーク部分が黒なのでさほど目立ちません。

カラーリングはインストとググると出てくるショーカーの画像、レースカーの画像、すべて違う部分があってもう本文中に書いた通り妄想も多々入れ込んでありますw フロントウィンドウはどうもダッシュボードを前寄りに付けすぎちゃったようで、上下ドッキングさせる際に窓に当たってしまってここからさらに組み直しが必要でした・・・余計に汚くなってしまいました(残念・・・)
Posted by Yoshitaka at 2016年04月29日 23:45
911GT1 ていうかこの当時、なのかな、振り返ってみるとブラシペイントが多いよね。

フロントウィンドは断面のみでくっ付いてるって、それ理想的付き方じゃないのかな。想像してるのと違うのだろうか。
Posted by ワタナベ at 2016年05月04日 12:15
☆ ワタナベさん

カラーリングの件、そうかもしれませんね。Westマクラーレンがちょうどこの時期ですし。さらに2000年代後半になるとメッキが目立ってきて、模型作り・・・特に日本みたいにクリアコートするのが当たり前の43業界には辛いんですが、こういうカラーもデカールがダメになってるとそれはそれで辛いっす。

窓はまぁ、ある意味現車はこうやってくっついてるのでいいと言えばいいんですが、出展することなどを考えるとやっぱりある程度の強度が欲しいんですよ。そういう意味ではのりしろが欲しいよなと。
Posted by Yoshitaka at 2016年05月04日 21:13
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/437236426

この記事へのトラックバック