2013年12月16日

FINISH!!!!!STUDIO27 1/43 NISSAN DELTAWING 2012LM

週末に完成したデルタウィング。最後に取り付け作業など行ったのはサイドポンツーンのエアインレットに付くメッシュとライト類の処理です。

メッシュから。

P1030147.1.jpg


このメッシュ、とても細かく出来てるのはいいんですが、さすがに細かすぎてサフを吹くと詰まっちゃいそうなほど。そこで最近リリースされたフィニッシャーズのマルチプライマー。これ、結構いいです!

そもそもこのメッシュ、もちろん平面のエッチングパーツなんですが、これを3D曲面へ馴染ませるのは結構繊細な作業。ここは目立つので時間を掛けて仮組みする必要がありますね。

で、目も埋まらずプライマーを塗れたので、黒もとても薄く塗り、そしてボディ同様、スーパーフラットコートも吹いておきます。ただし、少しでも塗膜を薄くするために裏面のフラットコートは省略しました。

取り付けはフラットコートを流し込んで行いました。これなら多少はみ出しても目立ちませんからね(苦笑)


P1030151.1.jpg


次はライト類。

この車、ライトはノーズに左右2ヶ所、サイドポンツーンに2ヶ所の計4個。なので、バキュームのライトカバーも4個、用意しなくちゃいけません。各ライトが小さいのでこれが結構、厄介で。ざっと粗切りした後は、#400のペーパーでヤスって調整しました。断面を目立たなくするため、黒のマーカーペンで塗っておきます。これだけで出来がだいぶ違うと思います。


PC145983.1.jpg

オンボードカメラはボディ側に取り付けます。

コイツがカーボンデカール地獄、第二弾みたいな感じで。でも、すごく質のいいデカールとデカールサイズなど設計の点でも文句のつけようが無いので、頑張って貼りました。実はカーボンデカールらしいものを貼るのって意外にも初めてでした。昔のキットばっかり作ってるのでね。

でも、キレイに貼れたと思うし、出来にも満足しています。

***************************************************************

これで完成!

PC145993.1.jpg


リアタイヤ周りが本当はこんなに角ばってないんですよね。仮組み時に自分も去年のルマンの時の写真を見なかったのが悔やまれます・・・でも、モデラーの皆さんならわかると思いますけど、一度見ちゃうとキリが無くなっちゃって・・・。

コクピット周辺のアンテナ類は根元だけメタルパーツで用意されていました。ただ、アンテナ径を考えると小さすぎる感じがしたので、片方は銅板を巻き付けてそれらしく仕上げています。


PC145996.1.jpg

ミラーは最初からさほど深くはないものの、掘りこんであってそこにエッチングパーツのミラー面をはめ込む形。このエッチングは軽く表面をコンパウンドで磨いてそのまま取り付けてあります。


PC146024.1.jpg

ここら辺からのアングルが普通の車と全然違いますよね。変なフォルムだけど、実験的要素が詰まった車だからか、魅力的に映ります。


PC146011.1.jpg


この車のモノコック、2009年にルマンに出たアストンマーティンAMR Oneのモノコックを流用してるんです。なので、これがエイドリアンが乗った車なのかも〜とか変な妄想をしてたりね(笑) しかし、おもしろいコンセプトの車です。こんなプロポーションの車なのにモノコックを他車から持ってこようというアイデアがすばらしい。安く、クラッシュテストを行わなくて済むようにと考えられたものと思いますけど、実現させちゃうところがすごいです。

***************************************************************

さぁ、年末。今年の完成報告はこれが最後でしょう。

実はまだ9月のWTCCの写真の選択や編集をまだやって無かったりするんです・・・。これを今年中に終わらせたいですね。やっぱりこういう作業はシーズン中にやらないとますますやらなくなっちゃいますから・・・。


【関連する記事】
posted by Yoshitaka at 23:57| Comment(6) | TrackBack(0) | STUDIO27 1/43 NISSAN DELTAWING LM | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
完成乙でした。

なるほどねぇ、言われてみると確かにコクピットとその後ろの造形がアストンのまんまよね。

それにしてもシブくてかっこいい佇いだね。
Posted by ワタナベ at 2013年12月17日 12:51
☆ ワタナベさん

新しいのに新しい車に見えないんですよね、これ(笑)
アストンAMR Oneがあまりに不出来だったので、モノコックの一つはデルタウィングに、もうひとつはペスカロロスポーツへ嫁いでいきました。

フォーミュラじゃないメタルキット、実は初めて作ったのでこの重さが気に入ってます♪
Posted by Yoshitaka at 2013年12月18日 00:11
完成おめでとうございます。

デルタウイングかっちょ良いデスね〜。マッドブラックが渋い!
スタジオの43はどうなのか、買うのを躊躇してましたが、かなり良さげですね。

F1でもロードカーでもないこのプロポーション模型映えしますね。
次はF1でしょうか?楽しみに拝見させて頂きます。
Posted by トマソン at 2013年12月18日 07:28
☆ トマソンさん

ありがとうございます。
スタジオのキットらしい部分も多く、設計に無理がある部分はやっぱりあります。デカールだけは文句のつけようがありませんでしたが。

何しろボディの手を入れづらい部分にスが多いのと、リアホイールスポークが最大のネックだと思います。って、その辺りをブログ内あまり触れていませんでしたね・・・。作ってる時に結構夢中になってたからかその辺りの写真がありませんでした・・・

次はレジンのCカーの予定です。どれを作るかはまだ決めかねています。
Posted by Yoshitaka at 2013年12月18日 08:30
デルタウイング完成おめでとうございます!
この形状とこの色が最高にカッコイイです!
色々と難しそうな所が多いキットだと聞いてましたが、この形になるのであれば頑張れそうです。
次回作は何でしょうか?F1かなルマンかな
楽しみにしています。
Posted by 知也 at 2013年12月21日 09:21
☆ 知也さん

ありがとうございます!
確かにカトさんが仰ってたようにリアホイールスポークだけはどうにもなりません・・・ここが汚くなっちゃうのはもはやしょうがないかも・・・というくらいでした。ただ、幸いなことに外装は全部マットブラックなのでさほど目立たないんですよ(笑) あとはリアカウル後端も薄々にしたかったんですが、こっちも他の場所への影響を考えると易々といじれないんですよね。だから結果、そのままです。

次はルマンのCカーです。実はもういじり始めてたりしますw
Posted by Yoshitaka at 2013年12月21日 23:26
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。