2006年10月13日

Fluorescent



TS-36、蛍光レッドを塗った姿。

マスキングに失敗したところもあるけど、初めて塗った割にはうまく行ったかなぁという感想。

ただ、皆さんの意見を聞くと、マルボロカラーの上からのクリアはやっぱりやめておいたほうがいいだろうという意見で一致しているので、普通にクリアコートするのは素直に断念。ただ、このままだとやっぱりホワイトの部分と、塗った部分の段差が気になるのでソコをどうするか検討中。しかもまだ蛍光レッドも乾かないし(汗) 一気に塗りすぎたか!?



ところで、昨日、宮古に釣りしに行ってきたんですが・・・友達のひょんな一言から餌としてサンマの切り身を持っていったんです。

なのに、思いの外、サンマはお魚さんたちには不評(←まぁ、同種みたいなモンだし)。朝からお昼まで何にも掛からなかった。お昼ごろにふと「サンマの竿」を上げてみたら・・・ちょっと重い。
・・・でも、自分で投げた竿じゃなかったから「重いオモリでもつけたんだろうな」って思ってあげてみた。

そしたら・・・




・・・シャコ!!!!!

しかもデカい。長さ20cm強。
こんなん、初めて見たよ。やっぱり面白い海だ、ここは。

帰ってきて塩茹でして食べました。
3人で食べたから一人分はほんのわずかだったけど、おいしかった。

他はアイナメ5匹、カレイ1匹、ハゼ4匹、チカ16匹、拾ったサンマ4匹。

 ※チカっていうのはワカサギみたいな小魚。サビキで釣ります。

拾ったサンマ・・・というのはいつも釣りするところって魚が水揚げされる港なんです。

そこで船からトラックに詰め替えて、その荷台に氷を入れていくんだけど、そこでウミネコがトラックのサンマを狙って大挙押し寄せる⇒嘴(クチバシ)にくわえる⇒嘴から落ちる⇒ヒトが拾う(爆)
・・・っていう、おかしな食物連鎖が起きているんです。
(※地元ではコレを拾いに自転車や原チャで来てるお年寄りとか結構います。)


・・・船が港に着く段階でこうなってます。

一応、鳥がくわえたヤツだから加熱してるけど、本当は一番新鮮なサンマ。安いし(笑)

昨日も超豪華な夕飯となりました。おいしかった〜。
posted by Yoshitaka at 01:49| Comment(0) | TrackBack(0) | BBR 1/43 McLaren Mercedes-Benz MP4/10 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。