2011年07月22日

2011 LE MANS 24HOURS(6)

今回は日本絡みの車たちでも。

まずは元「speedy racing with sebah」だった"Rebellion Racing"から。ここは2台ともLMP1でトヨタエンジンを使っています。

2011LM24H011.jpg
#12 REBELLION RACING  LOLA B10/60 COUPE TOYOTA  N.JANI - N.PROST - J.BLEEKEMOLEN 

元レッドブルのF1テスター、ニール・ヤニとプロストJr.、それに元DTMでオペルに乗っていたブリックモーレンのトリオのチーム。ガソリンエンジン最高位の総合6位フィニッシュでした。


2011LM24H022.jpg
#13 REBELLION RACING  LOLA B10/60 COUPE TOYOTA  A.BELICCHI - J.C.BOULLION - G.SMITH

こちらは朝を迎えられずリタイヤしてしまいました。ブイヨンって現場では「J.C.」って呼ばれていたので自分もそう呼んでみました(笑)

ここもローラシャシーですが、毎年、ちょっとずつカスタマイズして使っているようで、他のチームが使うローラクーペとは明らかに別の車に見えてしまいます。


2011LM24H033.jpg
#41  GRAVES MOTORSPORT  ZYTEK NISSAN  K.OJJEH - O.LOMBARD - T.KIMBER-SMITH

ここ、最初、新チームかと思ったんですが、今まではビュイッヒラディッチと呼ばれていたチームが分裂(?)して出来たようで、スポンサーはそのまま、ドライバーもカリム・オジェはそのままという布陣でした。日産エンジンを搭載し、LMP2優勝、総合でも8位と大健闘でした。


2011LM24H029.jpg
#26  SIGNATECH NISSAN  ORECA 03 NISSAN  F.MAILLEUX - L.ORDONEZ - S.AYARI

現地でものすごく人気があったように感じたチームの一つ。シグナテックって要するに元シグネチャーです。アヤリは相変わらず人気あるし、日産の育成ドライバー、オルドネスが雑誌やメディアなどからは注目度高く、しかもLMP2で2位。上のグラベスとの日産1-2フィニッシュと言うことで、結果も残したので結構よかったんじゃないでしょうか?ただ、自分としてはLMP2の優勝はココだと思ってたのでグラベスに前に出られたのは悔しいかな、やっぱり。


2011LM24H017.jpg
#33 LEVEL 5 MOTORSPORTS  LOLA COUPE HONDA PERFORMANCE DEVELOPMENT  S.TUCKER - C.BOUCHUT -J.BARBOSA

ワークス以外のチームで自分が一番気に入って写真を撮りまくってた1台。レベル5モータースポーツってここのドライバー、スコット・タッカーが作ったチームです。いかにもプライベーターなんだけどちゃんとメジャーなスポンサーがついててかっこいいんです。それだけじゃなくて自分はこのローラのシャシーが好きなんだと思います。ドレイソンが使っててそれがきっかけでハマってw

しかし、いくら商品名とはいえ「2011年のレースに"Office2010"のスポンサー」と言うのが笑えます。

ここもLMP2にエントリーして、上の日産2台の後ろ、クラス3位でフィニッシュしました。


2011LM24H023.jpg
#36  RML  HONDA PERFORMANCE DEVELOPMENT ARX 01 D  M.NEWTON - T.ERDOS - B.COLLINS

期待外れだったのがここ、RML。予選でも決勝でもパッとしませんでした。WTCCでシボレーを走らせるレイマロックがホンダエンジンにアキュラのシャシーってどんなんだろう?と思っていたんでしたが…

このチーム絡みで一番印象的だったのはベン・コリンズがルマンミュージアムで自分の著書のサイン会をやっていたことですかね…それくらい空気のような存在だったように思います。


2011LM24H015.jpg
#42 STRAKKA RACING  HONDA PERFORMANCE DEVELOPMENT ARX 01 D  N.LEVENTIS - D.WATTS - J.KANE

イマイチスポンサー名がはっきりわからないこのチーム。エナジードリンクのスポンサーのはずなんですが、今年もサーキット内でこの飲み物を発見できず。

あ、そうそう、エナジードリンクと言えば、今世界的にブームですよね。今年もルマンの街だけでいろんなものを飲み比べてみました。スタンダードなレッドブル、シュガーフリーレッドブル(←これ、おいしくない)、そして今年の目玉はEndurance24というルマン24時間が作ったようなドリンク。このためのキャンギャルなんかも用意したり、このスポンサーカードもたくさん配ってたり…、他にはウェアブランドのRGからRGドリンク、FIA-GTに出てるHEXISアストンマーティンのドリンク(HEXIS ENERGY DRINKて言うらしい)など、見つけただけ飲んでみたw

結果から言うと、どれも区別がつかない味。飲み慣れてる分、レッドブルが一番落ち着くかな…って言う程度。レッドブルの500ml缶があったのには驚きました。


…要するに、ストラッカに関する思い出って今年はそんなにありません。ダニーワッツとはおととしも何回か話してるし、今年も何度かしばらく話したりしてたから覚えててくれたのか、ドライバーズパレードの時にわざわざ車から降りてカードをくれた。それが今年、このチームに関する最大の思い出。レースではパッとしないまま消えていたし…


2011LM24H021.jpg
#15 OAK RACING  OAK PESCAROLO JUDD  G.MOREAU - P.RAGUES - T.MONTEIRO
LMP1

ここはルマンの前のレースで大クラッシュを起こして本来乗るはずだったドライバーが負傷欠場したために、急遽、我が(?)ティアゴが乗ることに。ティアゴって本当にいい人で。いつ会っても結構よくしてくれるドライバー。ドライバーサイン会の時にお互いの彼女の話になってチームメイトに余計なことをチクってしまったのは私ですw

しかし、今年のOAKレーシングはすごい。LMP1に2台、LMP2にも2台。実質的にここがエースカーと言うことになるのかな?


2011LM24H031.jpg
#24 OAK RACING  OAK PESCAROLO JUDD  R.HEIN - J.NICOLET - J.F.YVON
LMP1

で、そのOAKのLMP1、2台目。というものの、OAKレーシングのオーナーが乗るのがこのチーム。このチームってホント、今一番(特に経済的な面での)勢いがあるチームだと思う。ハードウェア的にもっといいものが使えたらもう少しいいリザルトが期待できるかと思います。


2011LM24H019.jpg
#35 OAK RACING  OAK PESCAROLO JUDD BMW  A.BARLESI - F.DA ROCHA - P.LA FARGUE
LMP2

OAK4台の中で一番穴になってしまったのがここ。#49はカラーリングが全然違うから撮ってても気づくけど、これだけ似た車が3台もいると当然、たくさん撮ったチームと全然撮れてないチームが出てくるのは仕方ない訳で。#35はまさにその後者。実はこれって写真のことだけじゃなく全チーム、ほとんどのドライバーからサイン貰ったのに、ここの何人かには貰いそびれたような…。

なんか、自分の中ではこの車、かなり空気のような存在だったんでしょうね。相性悪かったです…。


2011LM24H026.jpg
#49 OAK RACING  OAK PESCAROLO BMW  S.NAKANO - N.DE CREM - J.CHAROUZ 
LMP2

そして今回のシメは信ちゃん号の#49。

中野信治って2001年、2002年にCARTを走ってた時、エイドリアンのチームから出ていたんですよね。その頃、自分もCART熱がかなり熱くてカナダまで追っかけに行ったりとかもしてたから信ちゃんも自分がエイドリアンのファンだっていうことを知っていたんです。そして、今年のルマンにはエイドリアンもアストンマーチンのワークスドライバーとして参戦。久しぶりに元フェルナンデスレーシングの2人が再会してかなり長々とお話ししてたんです。

それをボクが見逃すわけもなく(笑)
話が一段落したところで3ショットを撮りました。嬉しかったなぁ。こんなチームからのゲストでもないボクのことをなんとなく出会っても覚えててくれるなんて。

そしてレースではゴール間近のところでこの車から白煙が・・・
ドライバーは中野信治。それまで知らなかったけど今まで信ちゃんってルマンで完走したことがなかったんですね。だから場内実況もがんばれーあと数分って感じで応援してくれていました。事実、それで、無事に走りきったんだからかなりお見事だったと思います。

チェッカー目前の最終コーナー、スタンドはものすごい拍手!!最後の最後で妙に感動しました。
posted by Yoshitaka at 00:42| Comment(6) | TrackBack(0) | 2011 LE MANS 24HOURS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
プライベーターとかセミワークスチームのマシンを見ている方が面白いかも(汗)

それに年に1回だけどメーカーとしてはル・マンに参戦して結果出した方が巨額を使ってF1に参戦するよりも広告効果あるかもしれないね!

今、F1に参戦しても市販車にフィードバックできるものなんてないし...
ル・マンの方が参戦する意義が全然あると思うのは俺だけ??
Posted by E-DC2 at 2011年07月17日 10:42
☆ E-DC2殿

レス遅れてごめんにょ。

なんかサーバートラブルなのか、夜の時間帯って編集できなくて…だから更新もできず。コメントレスより先にとりあえずUP完了しちゃおうと思ったんだけど、今日もできないのでレスを先に。

でもさ、「結果を出します」っていう約束はできないわけじゃない?だから、いかにしてアピールするかが大事だと思うの。そのあたり今年の日産はかなり好感度高かったかな。それに比べてホンダは…現地でのホンダブースもろくになく、何のために出てるんだろう?と言う感じ。もしかしたら震災の影響もあるのかもしれないけど。

そういうところをメディアの人たちには伝えて欲しいのにかなり偏った報道ばっかりでうんざり。日本のメディアって読者のニーズにもこたえてないし、これだから「マスゴミ」って言われるんだろうなぁと妙に納得した。

ただ、インディとかルマンよりもF1って直接のフィードバックはできなくても素材の開発とか地味な部分での関連はあるからね…。それになんといっても馬鹿らしいほどの開発費。それを使って開発できたら楽しいだろうとは思うけどね。でも、自分があんな額のお金持ってたらF1では使わないだろう…とは思うけど(笑)
Posted by Yoshitaka at 2011年07月22日 00:11
なんと羨ましい…中野選手のファンとしては羨望の眼差しです。と言ってもその他大勢のファンの一人として一度握手して貰ったことがあるだけですが(^^;
スケジュールの開いた時に被災地に行ってたりと、ルマンの準備で忙しい中も頑張ってくれてたんですよね〜。
それにしてもモンテイロとそんな話しまで出来るなんてほんと凄いな〜。
Posted by 新米パパ at 2011年07月22日 09:57
☆ 新米パパさん

中野さん、今となってはなかなか会おうと思っても会えませんからね。今やどこぞの大学の准教授!!もしかしたら「普通にお話したら失礼な方」なのかもしれません(苦笑)

まぁ、信ちゃん、フェルナンデスレーシングに入ったのが2001年。あれから丸10年。日本人なのに信ちゃんじゃなくてエイドリアンばっかり追いかけてるヤツがいたわけですから、多少記憶の片隅のさらに重箱の隅wにでもあったんじゃないでしょうか。

ティアゴの件は…(^^;
まぁ、たまたまですよ(苦笑…滝汗)
Posted by Yoshitaka at 2011年07月25日 00:37
中野信治選手はたしか40近かったはず。完走やるな〜!
Posted by ひでゆき at 2011年08月04日 07:22
☆ ひでゆき殿

レス遅くなってごめん。
もはや貴重な(?)自分よりも年上レーサーだからね(笑) お相撲さんやレーサーがだんだん年下ばっかりになっていくw

信ちゃんって元々フランスでレースしててF1へのチャンスをつかんだ人だから、余計にフランスでの人気があるのかも。フランス語話せるみたいだし。うらやましい〜
Posted by Yoshitaka at 2011年08月09日 00:57
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。