2011年03月05日

I was tired from nursing care.

Peugeot905x2.jpg

・・・なんか、うまく言葉にできないけど、疲れちゃった。いろんなことに。

未だ体調も本調子でないことは確かだし、そんな中で仕事も家事もやれることは一生懸命いろいろやっているつもり。

それに加えて年末くらいから祖父と祖母の介護みたいなことを始めた。決して誰かにやらされてるわけではない。それも自分がやりたいから…やってあげたいからやってる。でも、元気だったころを知ってると、どうしても「なんでこんなことができないの!」とか「なんでこんな昔のいらないものまで取っておくの!」とかついついイライラしてしまって。まだ寝たきりでもないし、日常のADLは介護らしい介護をするほど悪くないから余計になにかを期待しちゃうんだろうな。それと認知機能に乖離が目立ってきてるから困ってる。

でも、自分の他にはお世話する人なんて実際いないし、自分も小さいころから(今も?)お世話になってるし、昔から一緒にいる時間が長かったから思い入れもある。もちろん高齢だから良くなることはないのは頭ではわかってる。だけど、これ以上悪くしたくないし、少なくとも転倒→大腿骨頚部骨折→寝たきり→廃用症候群にはしたくない。なって欲しくないと思ってる。

だから、一生懸命転倒のリスクを減らすべく、家具の配置を変えたり、いらないものを処分して高いところにあるものを踏み台に上らなくても取れるような低い場所に動かしたり…ということを毎日に近いペースでやってる。毎日45リットルのゴミ袋が何袋も出るような状態。


・・・でも、ある意味もう介護疲れ。
自分が参っちゃった。原因がはっきりしてるだけまだマシだけど。

今週、もうイライラしっぱなし。引っ越しのもろもろの手続き、確定申告のこと、それに加えて通常の仕事。


自分のキャパを超えている。


どうしよう。


元気がない。元気が出ない。


今日もいろいろやらなきゃいけないことはあったけど、何もできずに過ぎていく。


食欲はちゃんとある。でも睡眠がイマイチ。ここ数日、中途覚醒ばっかり。


何よりのストレスは介護の件と引越だろう。


本当はしばらく休んでた方がいいんだろうけど、そういう訳にもいかない。実際休んでても落ち着かなくて結局すぐに動き始めてしまう。


どうしよう。


こんなこと、ここに書いてもしょうがないのは分かってる。でも、理解ある誰かに聞いて欲しくて。


しばらく低空飛行だったけど、昨日あたりから沈み始めてしまった…。


はぁ。しばらく頑張りすぎたんだよな。

 
結局は自分のせいだとわかってるから余計に辛い(^^;



※ここをご覧になってる方でも介護されてる方もいるんじゃないんでしょうか。
  くれぐれも無理なさらないように・・・
posted by Yoshitaka at 16:46| Comment(9) | TrackBack(0) | Heller 1/43 PEUGEOT 905 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
お疲れさま。
自分は両親どちらの祖父祖母共に既に亡くなってるのですが、母方の祖母は亡くなるまでの数年間をうちで一緒に生活してました。介護が必要になってから長男である伯父の家で生活してたのですが、色々と問題噴出で親族でどうしようかとなったとき、うちの両親がはんば強引に我が家に連れてきました。もちろん寝たきりだし認知症で最初は孫どころか自分の子供すら解らずに大変でした。でも大好きだったお婆ちゃんだし両親が留守の間は自分や弟妹が食事からトイレの面倒まで看てました。でも辛く感じたことはなかったかな…大変だったけどね。1年ぐらい一緒に過ごしてたら親族の中でも我が家の家族だけはなんとなくだけど思い出してくれたのも嬉しかったし(^^)
たまに涙ぐみながら「ありがとうね〜」と言ってたのを思い出します。
自分の場合は自分一人だけじゃなく家族で支えることが出来たから辛さも軽かったと思います。Yoshitakaくんは一人で背負いすぎてるのも確かだけど、もう少し考え方を変えると言うか…上手く言えないんだけど人間一人じゃ出来る事は限られるし、普段の生活や仕事もあるのだから、気持ちや身体に負担にならない程度に「自分の出来る事」を祖父祖母にしてあげればいいと思う。
何から何まで完璧になんて人間無理なんだし…頑張りすぎて気持ちが張り詰めてると良いこと無いと思う。
まあ一つの考え方として読んで頂ければと。
Posted by 新米パパ at 2011年03月05日 20:53
プジョーを拝見に来たけどかなり気になったので書かせて頂くよ。
俺は母親側の祖母には孫の中では一番可愛がってもらったと思ってるんだけど情けないことに何も出来ないまま、いきなり亡くなってしまってそうなってから後悔したことがたくさんあった。
正直、お祖父さん、お婆さんに対してそこまで考えてあげられるのってすごいと思う。
けどさ、やっぱり人間って一人で出来ることには限度があると思うんだよね。何から何までってのはやっぱり疲れちゃうと思う。心配なのはよくわかるんだけど。まして自分自身も今、忙しいんだろうし自分の出来る範囲内でお世話してあげるてもいいんじゃないかな。
息を抜く時間もしっかり作らないとね。自分もそうだけど追い詰められると悪い方にばから考えてしまったりと。
もうしばらく、まともに話しをする機会もなかったしそちらがどんな状況がわからないから力になったりは出来ないかもだけどあまり深く考え込まないで流すとこは受け流すことも必要かもよ。
Posted by E-DC2 at 2011年03月05日 22:36
☆ 新米パパさん

おはようございます。
昨日はちゃんと寝れました。何人かに相談もしたし、こうしてここにも晒して少し気が楽になったのかもしれません。

うちの場合は家庭の事情で(両親や妹など自分以外の身内が近くに住んでない)普段、ボクしかあの人たちの面倒を見れないんです。なので結局、仕事に余裕がある時期はボクがやれることはやろうと思っています。その気持ちは今でも変わってませんが、それに「+α」として引越のことだったり、実家の事情だったり、思いがけぬストレスが加わった結果こうなっちゃったのかなと分析しています。

自分でこんな仕事をしていながら情けないんですが(^^;

仕事でお年寄りに接する時って言うのは、その状態しか知らないから優しくできるんでしょうけど、身内の場合は当然元気な時も知ってるから、なかなか現状を受容できないんです。同じ洗剤がたーーーーーくさん棚に入ってたり、昭和50年代の缶詰がボロボロになって引出しに入ってた時には本当にがっかりしました。

ありがとうございます。
これからも時々、こうして愚痴を書くことになると思うのでその時もよろしくお願いします。
Posted by Yoshitaka at 2011年03月06日 13:05
☆ E-DC2殿

コメントありがとね。
最近全然メールで来てなかったのは仕事以外にもこんな事情があったわけですよ。

うーん、「前みたいになりたくないからってセーブする自分」と、「でも4月からはクソ忙しくなるから今しかできないから今やっとけ!」って言う自分、その2人が常に戦ってる感じで。

実はね、自分にもトラウマみたいなのがあってひいおばあちゃんを小さい頃にいじめてた(つもりはないんだけど実際そうなっちゃってたと思う)のが、今でもトラウマでお墓参りに行けばお墓をめちゃくちゃきれいにしてあげたり、今、それなりに元気なじいさまばあさまに優しくしてあげてるのも、その償いなのかもしれない。だから…と一生懸命やってるんだけどね。

なかなか他の家族も手伝ってくれないし、仮に手伝ってくれたとしても体力的、体格的に自分しかできないであろうこともたくさんあるし、人に頼むくらいなら「じゃぁ、自分でやるよ」ってなっちゃうその考え方自体に問題があるのかも知れない。でも、もう30年以上こういう考え方で生きてるから考え方はなかなか変えられないしねぇ(笑)

過去は変えれないけど、未来は変えれる。
そう信じて、少し気楽にやりたいな。でも、実は介護がメインの要因じゃなくて自分のうちの引っ越しが一番気がかりなのかもしれない…。それは相談したってどうしたってしょうがないからねぇ…。

P.S.
F92Aの件、ちょっと待ってて。手持ちの資料、調べてみる。
Posted by Yoshitaka at 2011年03月06日 13:14
なるほどね。こうして発散するのもいい事だし、何かできちんと整理しないと辛くなるだけだね。
周りの環境というのは、自分の気持ち一つで楽になったり辛くなったりするから、自分で整理するしかない。休養をとるのも一つだし、たまに現実逃避しちゃうのも手ですな。
私の場合、誰も自分を管理してくれないし、責任も常に自分がとらなくちゃいけない。日常の一つ一つが凄い意味を持つ事が少なくないのね。失敗すると次が無い場合もあるし、成功で未来が開ける場合もある。
だから何でも大切にする訳。当然優先順位ってものはついてくるけど、事と次第によっちゃ自分を顧みている場合じゃない。そう考えると他人様によっていかされてるなんてつまんない考えも出ちゃうんだけど、そこでいい加減な私は自分が中心で世界が回ってるなんて考えて悦に浸る訳。
いろんな障害が出てくると思うけど、きっと乗り越えられない障害は自分の周りには出てこないと思う。今となってはそう考えられる自分がいますな。

どっちにしろ、自分を信じて進むしか無いと思う。
低空飛行だろうが潜水しようが前に進む事が出来ている今、確実に未来を開いているとおじさんは思うぞ。
ま、4月になれば私も仕事が一段落つくから、餃子の町に遊びに来なされ。
私が思いっきり笑かしてやるから・・・笑
Posted by エルぅ at 2011年03月06日 18:19
☆ エルぅ(?)さん

えぇ、ありがとうございます。いろんな人に話聞いてもらったらちょっと楽になった部分もあるし、自分だけじゃないんだなと思ったところもあります。ボクも一期一会じゃないですけど、力を抜いて何かをするということって全然ありません。何をするにも全力投球。
(*だから疲れるんだと散々言われますがw)

今は確かに前に進んでると言えば進んでるのかもしれませんが、周りがもっと速いスピードで前進してるように見えてしまって相対的には取り残されているように感じてしまいます。ヒトはヒト、自分は自分って頭ではわかってるつもりなんですが、なかなか行動が伴わなくて。

自分の将来のこととかもここに晒してないこととか、たくさんあるのでw、今度インディじゃない時に直接お会いしたいです。ただ、こちらは4月から7月までは割と予定がみっちりなんですよねぇ…。新年度始まったら週末とかにお会いしましょうか…。

たーーーーーーーーーーーーーーくさん声がかれるくらいまで笑わせてください(笑)
Posted by Yoshitaka at 2011年03月08日 12:35
私は介護の経験もないし、祖父母は自分が小学校卒業する前にみんな亡くなってしまったので誰かが苦労してたとしても、気がつくレベルになかったので具体的にどうこうアドバイスはできないんですけど、ひとつだけ確かなのは「一人じゃ全てはできない」こと、それとその事実を受け入れること。それができると気持ちにもゆとりが出るんじゃないですかね。

元気な頃と照らし合わせて苛立ってしまうのも同じでしょう。「昔はあーだった、こーだった」よりも今の祖父母の状態を素直に受け入れる事。難しいですけどね。
Posted by ワタナベ at 2011年03月09日 12:28
『トイレの神様』っていう歌が流行って、友人にいい曲だよね?って言ったらキレられました。
『あのなぁ、介護してみ!!あんな曲聴いたらむなくそ悪くてたまらん!!。』って。
あんなに優しい友人が、こうなるのか!と驚くと共に、そこまで追い込んでしまう介護というものを垣間見た思いでした。
グチならいくらでも聞きますので!。
Posted by おさ(juliusRacing) at 2011年03月09日 12:30
ていうか、スルーしちゃったけど、画像の撮り方変わりましたね。

バックにグレーの布(かな?)敷いて光もフラッシュではない自然な感じ。惜しいかな、被写界深度がもうひとつですけど。でも、だいぶいい感じですね。
Posted by ワタナベ at 2011年03月11日 10:09
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック