2011年01月30日

2011 TOKYO AUTO SALON Vol.2

こんばんは。

先週末はルマンの会、今週は久しぶりになかなかハードな勤務、で結局、プジョー905は全くいじっていません。でも、なんとなく先が見えてきたような気がするので、それは次回(?次々回?)載せますね。

そういえば、プリウスの変なCM、やっと見かけなくなりましたね。
缶の見歩菅野美穂とどこぞのおばちゃんが話してて、そのおばちゃんが「プリウス乗ると〜」とかって変な日本語で、しかも今更、半疑問形でだらだら話してるあのCM。ああいう日本語に大いに問題があるCMをトヨタほどの会社がどうして流してしまったのかかなり疑問だったんですよね。ネットで検索かけてもアレに対して結構批判的な意見を見掛けるし、民意はそっちだなと(笑) イライラの素が一つ減ってせいせいしていますw

さて、オートサロン。終わってから2週間経ってしまうので今回で最終回です。
基本的に自分が「おっ、これは!」と思ったモノしか載せてないんですが、ひとつ心残りだったのはスーパー耐久に参戦予定のHitotsuyama racingの(ロードカーの方の)アウディ R8を見てなかったこと。あれー?どこにあったんだろう?全部見尽くしたはずだったのに。残念。

さて、今回も量が多いのでサラッとご覧ください。

(※2/1 昨日、最後までちゃんと更新したはずだったんですが反映されていなかったので最後の部分、書き直しました。)

2011AUTOSALON.16.jpg
FORMULA NIPPON FN09 HONDA TEST CAR

カラーリングされてるマシンならFポン見に行けば見れますが、こいつはなかなか見れないかも…というカーボンむき出しのFN09。まぁ恰好自体がアレなのであまり感じるところはないのが残念なんですが…せっかくワンメイクならかっこいいマシンを走らせればいいのにねぇ。デザイナーの考える「かっこいい」とレースファンが考える「かっこいい」って乖離してるのかな?


2011AUTOSALON.17.jpg
Team IMPUL(NISSAN GT-R & FN09 TOYOTA)

インパルのブースにはSUPER GTとFormula Nipponのマシン、両方を並べて展示してありました。去年のFポンマシンってMobil-1が付いてたのね。レースはもちろん、写真なども全く見なかったから全然知りませんでしたよ(^^; これがFポンの現実。自分みたいなコアなファンですら見る気がしないカテゴリーになってしまってるんです。


2011AUTOSALON.18.jpg
TOYOTA COROLLA Axio HASEPRO MAGICAL CARBON apr GT

これ、去年のスーパーGT最終戦だけ走ったマジカルカーボンカラーのカローラアクシオです。「エヴァンゲリオンレーシング」として走ってた#31だったんですが、最終戦だけこのカラーに。ドライバーはボクが好きな松浦くんたちのチーム。マジカルカーボンって素材としては面白そうですね。


2011AUTOSALON.19.jpg
TOYOTA / GAZOO Racing LEXUS LF-A "Nurburgring 24h"\x{00a0}

なんだかんだ、ここ最近のモーターショーやオートサロンを一生懸命引き立ててるのってトヨタな気がする。今回もちゃんと「最新バージョン」のLF-Aニュル24時間仕様を持ってきてくれてるし。しかし、毎回思うけど、LF-Aってもっと華やかなデザインに出来なかったものかしら…。オーラが無いんだよねぇ。


2011AUTOSALON.20.jpg
TOYOTA "TES" CONCEPT T-SPORTS
(※TES=Toyota Engneering Societyだそうで。)
フロントセクションが「キャミ(現在のラッシュ/ビーゴの前モデル)」、キャビンがコペン、リアがアルテッツァで作ったそうです。

デザインさえどうにかなれば、こんなご時世、こういう車って需要があるような気がする。ただ、BMW2002CSみたいなこのデザインはNG…もっとコクはあるけどあっさりしたデザインにして今後、是非世に出してみて欲しいです!コイツには期待してます。


2011AUTOSALON.21.jpg
TOYOTA / LEXUS CT200h ”F SPORT”

実はコンセプトカーで出た時からソコソコ好きなこれ。ついにF-SPORTまで…。でも、通常モデルで十分な気がする。コンセプトカーの時の印象がよすぎたのか、今じゃタイヤが小さくてカッコ悪く見えちゃうな。コンセプトカーとして表に出た時よりも市販車になるとかっこ悪くなってしまうのにはいろいろ事情もあるんだとは思うんですけど、それって実は大損してるように思うんですよね。期待が大きかった分がっかりするっていうか。この辺ってトヨタだけじゃなく各メーカーに望むことですけどね。


2011AUTOSALON.22.jpg
TOYOTA MARK-X ”D1”

マークXもこういう風に使ってる方もいらっしゃるようで…(苦笑)


2011AUTOSALON.25.jpg
PIRELLI FERRARI F60

デモドリさんからのリクエストにお答えして…(^^;

2011AUTOSALON.23.jpg

ってかね、

女の子が誰もいないときはブースに群がる人なんかいないくせに、一人でも出てくるとこの始末…。この写真みたいなところから冷静に見ていると結構笑えます(笑) みんな必死すぎてホント笑える。ってか、そこから撮っても車は入らないでしょ〜(←車には興味がないのが明白)

2011AUTOSALON.24.jpg

狙って撮ったのがこの真横からのアングル。バックにも人がいない方がよかったんだけど、さすがにそれは無理。それほど混んでるんです、オートサロン。これでも閉館時間の直前で。


2011AUTOSALON.26.jpg
ABARTH 500C & PUNTO EVO

あ、積んでしまったのはこのブースでのこと。

アバルトって大好きなメーカーだし、結婚でもしたらなかなかこういう車買うことって難しくなっちゃいそうだから…とカタログ貰いに行ったら、受付みたいなところに知らないメーカーの1/24のダイキャストボディのキットが売られていて。Motoramaという会社のキット。しかも、この会場に持ってきている数が少なそうだったから、「これって出てるだけですか?」って聞いたら、「FIAT 500は無くなっちゃったんですが、グランデプントの方だったら」…と奥から持ってきてくれて見てみたら、ロードカーではなくWRC・S2000クラスに出ていたモデル!2008年モデルのようで。

値段も安かったので、そのままお買い上げ!
でも、コイツを会場内、持って回るのはめんどくさいなと思ったので、「まさかのお取り置き」w 無茶なお願いを聞いてくれてありがとうございました>アバルトの方々


2011AUTOSALON.27.jpg
SUBARU IMPREZA WRX STI PWRC GROUP N\x{00a0}T.ARAI

スバルからは毎年出ているPWRCモデル。やっぱりハッチバックのインプって魅力を感じない…。


2011AUTOSALON.28.jpg
SUBARU LEGACY\x{00a0}B4 GT300

スーパーGTのレガシィ。これもサーキットに行けば見れるカラーとは違ってカーボンむき出しだったからちょっと嬉しかったり。


2011AUTOSALON.29.jpg
SUBARU IMPREZA WRX STI Nurburgring 24h Test car

結局、今年のニュルブルクリンク24時間はセダンで挑むことになったようで…だったら最初からセダンのままにしておけばよかったんだよ。後手後手のスバル…。自分のスバル熱も冷めまくってしまってるし。来月車検だ…どうしよう。


2011AUTOSALON.30.jpg
SUZUKI / Monster sport SX4 "HILL CLIMB SPECIAL"

個人的に今回のオートサロンで一番見たかったのはコレだったりするんです!カラーリングは変わっちゃってますが、ルマンの会、会長が大好きな(?)パイクスピークヒルクライムの優勝マシン。一応「スズキ SX4」ということになってますが、顔だけですね。そういうところも自分のツボだったりするわけですが。

これ、ベストカーのブースに飾ってあったわけですが、スペースの都合でただ並べてあるだけになっちゃっていたのが残念でした。ちゃんと飾ってあげたらかなりカッコよく展示できそうな1台です。やっぱりレースでもなんでも、何かを制したマシンってカッコイイです。

あ、そうそう。ドライバーのモンスター田嶋こと、モンスタースポーツの社長、田嶋伸博さんには会場でたまたま会えてサイン貰っちゃいました。嬉しかったなぁ〜、エヘ。


2011AUTOSALON.31.jpg
MASERATI MC12 CORSA

世界で12台だけというMC12のレースバージョンの「CORSA」。
KRHの青山社長の車です。この人、ちゃんと会社を経営して(不労所得ではなく)稼いでいるのがすごいと思うんですよね。若くてかっこよくてお金あって。でも、そのお金をただ貯めるんじゃなくて、ちゃんと趣味にも使ってる。かなーり理想的な方だったりします(笑)
自分たちの仕事もそうですが、外からだとその職種の嫌な部分って見えないんですよね。だから余計に羨ましく思う部分はあると思うものの、それを差し引いてもやっぱり羨ましいw


2011AUTOSALON.32.jpg
MONSTER SPORT EV MINI SPORT "e-runner "

個人的にかなり興味があるのがコレ。

でも、まだEVは現実的じゃないな。まず走行距離。大きい方のバッテリーを買って90kmだと。片道45kmの距離のところに行って帰ってくるだけでギリギリ。それだとちょっとね…。何人か乗れるとか荷物が運べるとか、何かしらのシティコミューター的な使い方ができる車ならアリかもしれないけど、この車のキャラは違う。

仮に「片道45km」を走りきれたとしても「走りきれるかな?」っていう不安を抱えながら走ってても楽しくないと思う。さらに言うなら万が一止まっちゃった時にもどうにかなるようにできればいいよね。さすがに見ず知らずの家に「電気貸してください…」とは言えないし、現状GSでの"給電"サービスは聞いたことがないし。

やっぱりEVが普及するにはまずはインフラ整備から。そうじゃないといいものがあっても使えない。そういう問題がクリアされた時が「買いどき」なのかなって思います。ただ、いずれにしてもどんな高級車より贅沢な持ち物かもね。使い道がかなり限られてるから。


あ、そうそう。
昨日から都営バスが非接触給電ハイブリッドバスの実証運行をやっています。走る路線は都05系統、東京駅丸の内南口〜晴海埠頭のみです。おととしも一度やってるんですが、モーターの音だけで走るバス、静かですごいですよ!これもEVの普及推進の一部でしょうね。国土交通省も絡んだ実戦テストなので。


*********************************************************


こんな感じでオートサロンリポートはおしまいです。
モーターショーの方が品格を感じるから好きな部分もあるけど、こっちにはこっちのいいところもある。正直全く興味がないおバカなチューニングカーもたくさんあるけど、興味がなければ見なけりゃいいし。その辺の取捨選択ができるのがいいですね。

今年の秋にはモーターショー。前回消え去った輸入車メーカーたちは帰ってくるのでしょうか?


プジョー、進んでますよ〜
(だったらそれをネタにしろって突っ込みが入りそうだw)
posted by Yoshitaka at 01:00| Comment(10) | TrackBack(0) | MOTOR SPORTS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
オオ、ありがとうございます。
なんだかんだ言いながらちゃんと目線をもらっているところがサスガ。
いつも走っている車ばかり撮っているYoshitakaさんにとって、止まっている車でも、車種がおもしろければ楽しそうですね。
962Cの写真は秘蔵ですか。
Posted by デモドリ at 2011年01月30日 22:17
☆ デモドリさん

ぃぇぃぇw
視線を貰ってる…というか、両隣にも撮ってる人がいて適当にこっちの方を向いてくれただけだと思いますよ(笑) まぁ、確かに視線くれてますよねw

962Cですか…ボク、出し惜しみするタイプではないので。モデリング的な写真ばっかり撮ってるうちに全体像が写った写真が1枚しかなかっただけです。。。ヘッドライトだけとか、リアカウルの一部だけとか、コクピットの中だけとかでよければUPしますが(^^;
いや、ホントこれは苦笑いでした。自分らしいと言えばらしいですが。
Posted by Yoshitaka at 2011年01月31日 00:42
私的にはピレリは左。
フィアットはね・・・乳は右だけどトータルでは左かな・・・爆

いろんな車があるのね。
SUZUKI / Monster sport SX4 "HILL CLIMB SPECIAL"はなんかミニ4駆みたいね。
TOYOTA MARK-X ”D1”こりゃいいな。普通に公道走るとかっこよさそう。
でも私はMASERATI MC12 CORSAがいいな。
このマークは例のあの人のマシンでしょうね。
金持ちはいいな・・・
Posted by エル at 2011年01月31日 15:58
☆ エルさん

ピレリ、右の人、ポーズで得してますねw
アバルトも右ですね…って!!!
公開品評会してどうるるんですか(笑)

SX4のパイクスピークはしばらく前まで「エスクード」だったんですが、いつの間にか名前と顔だけSX4になってました。
マークXのD1は…昔、こういう車をベースにした暴走族がたくさんいたのをふと思い出しました。あぁいうのがプラモ化されてた時代って意外と幸せな時代だったんですね。失って気づいたり。

MC12、最後まで文章書いてUPしたんですが途中から反映されていなかったようで。最初に書いた文章とちょっと違いますが、追記したので読んでみてくださいね。
Posted by Yoshitaka at 2011年02月01日 04:34
私は左派です。どうでもいいっすかw
色々ネタが豊富過ぎて、いちいちコメントしてるとキリがなさそうです、トヨタのヘンテコなコンセプトスポーツが一番興味あるかも。スタイルには好き嫌いありましょうが、往年のイタリアンカーのような水平ボンネットに逆スラントしたフェイス、嫌いじゃないです。
反面、LF-Aは意欲作なのかも知れないけどどうにも好きになれません…。

一番未来を感じさせたのは最後の非接触給電ハイブリッドバスのことかな。
上高地でも実験されてるんですね、近い将来の実用化や一般車への展開が期待できそうなニュースですね。
そもそも、ガソリンスタンドが率先してEV車へのサポートをすべきなんでしょうけど、石油会社の意地なんでしょうかね、そうゆう話にならないみたいで。
未来を切り開くのは技術の限界やコスト問題でなく、実は既得権益にしがみつく古い人間たちの処理が鍵を握っているのかも知れませんね。
Posted by おひつじ@tak at 2011年02月02日 01:37
☆ おひつじ@takさん

左なのはどちらでしょう??ピレリorアバルト?
どっちか気になってしかたないですw

ヘンテコなトヨタのスポーツカー、確かにちっちゃいのはいいんですけどね。その辺は素人のくせに生意気にトヨタの開発の方に突っ込んできましたよw(←本当です)。でも、ちゃんと意見を聞いてくれるその心意気が気に入りました。昔はアンチトヨタだったんですが、今は結構変わってきています。LF-Aはこれもプレゼンテーションから市販まで時間がかかりすぎちゃってすっかり「時のデザイン」でもなくなってしまったような気がします。この時( https://splashandgo.up.seesaa.net/image/IMG_7333.1.JPG )がピークのカッコよさでした。ヨーロッパのスポーツカーのすごいところってデビューから5年くらいたってもデザイン的な古さをあまり感じないことですよね。味として受け取れる部分があるのは素晴らしいなぁと思います(もちろん例外もありますが)。

IPTハイブリッドバス、先日乗ってきました
( https://busbusbus.up.seesaa.net/image/V777.1.jpg )
これ、もちろんエンジン使わずに走ってるんですが、バスや電車の難しいところって静かすぎるのも嫌という部分だと思います。一般の方がどう思うかわかりませんが、こういう公共の場所ってある程度の雑音って必要だと思うんですよ。じゃないと知人としている話など、全部赤の他人にまで聞こえちゃいそうで。この辺のバランスがとれればいいなと言うところが一つ、もうひとつは終起点での給電設備自体が相当うるさいこと。これは車とは直接関係ないし、改良によって今後どうにかなるのかもしれませんが、結構気になるレベルのうるささでしたね。

こういうのを体験しちゃうとEVは近未来のことのようで、意外と時間はかかるかもなぁと思ってしまいます。
Posted by Yoshitaka at 2011年02月04日 01:01
そんじゃ〜おいらはアクシオ右に写ってる人〜w
これもミクポルに続いてプラモにすればエヴァ仕様も含めて結構売れると思うんだけど…。
モーターショーがエコだなんだとアレなんで、オートサロンの方が車好きには楽しく感じるようになってきましたね。来年は見に行こうかな…もちろん車目当てで(^^;
Posted by 新米パパ at 2011年02月04日 15:49
Fポン車両やハッチバックインプが何気に好みだったりする悪食が来ました。Fポンのエヴァカラーとか置いてました?結構サイケな感じでネット画像で惹かれてしまったんですが。
 インプハッチは現行限りでしょうかね?どうも先代先々代よりも保険の等級が低いらしく、そこいらもあってディーラー系の中古車漁ったりしてるんですが、マトモなタマは結構高止まり気味で新車買う方が精神衛生上良さそうな価格なんですが、結果予算的に厳しいという・・・。
 先日車雑誌で「車好きにお奨めしたい一台」というのを選考しようとしたら、国産だけで190車種もあるのに、どの選考員も4〜5種しか選考できなかったという笑えない話が出てました。このまま行くと該当者無しで、愛車に11年目の車検を受けさせることになりそう。タイミング的に今度の車検までに消耗品を色々交換しなきゃいかん時期が来てて、その投資をするなら買い換えた方がホントはいいんだけど、今の市場では大枚叩く相手がオランという。けっこうそういう人居るのかな?yoshitakaさんもそうだったりして?
Posted by @河童 at 2011年02月04日 22:47
☆ 新米パパさん

最近思うんですけど、こういうキャラものっていわゆるスケールモデラーとは違う層の方々も買ってますよね?そういう人たちって作ってるんでしょうか?模型を作る人というπは限られてる中で取り合っててもしょうがないと思う部分もあるんですよね。もっと模型ではない別の層から取り込んで裾野を広げていかないといけないと思うんです。だから、こういうものを充実させること自体に反対ではないんですが、作りやすさ・・・実際に買うだけではなくて作ってもらえるようにする努力が必要じゃないかなぁと思います。

オートサロン、楽しいですよ。かなり混んでますけど。○○を見るためとか、割り切っていくなら面白いと思います。
Posted by Yoshitaka at 2011年02月07日 00:13
☆ @河童さん

えぇー、ハッチバックのインプ、お好きですか?
確かに現行モデルに関してはハッチバックの方が「マシ」だと思っていますが、自分はまったく惹かれませんでした。何回か試乗させてもらいましたが、そのたび「ふーん、それで?」って感じになってしまって。小さく見える割に本当はでかすぎる、シートポジション(というかアイポジション)が高すぎる、サーキットでは速くていいのかもしれませんが、街中ではまったくといって楽しさを感じない・・・自分の印象はこんな感じです。

ディーラーで話を聞くと、GDに乗ってた人からの乗り換えは少ないそうですよ。そりゃそうだろうなぁとも思います。GCやGD系が気に入って乗っていた人たちが好きだだったポイントを次から次へと削除してしまったモデルに感じるんです。

実はウチのインプも今月車検です。
もう10年目に突入です。買い換えない理由は@河童さんが仰るポイントに加えて日常生活で乗ることが極端に少ないからですかね。相変わらず実家においてあるので、今みたいに用があって実家に行っているときだけ乗っています。でも、輸入車だったら欲しいの、たくさんあるんですけどねぇ。子供が出来たら乗れそうに無い車とか、今のうちに乗っておきたかったり。1シリーズのMクーペとか、最初は「えーっ?」と思ってましたが、今じゃ打差カッコよく見えるようになってきたりして・・・。どうしましょ・・・

でも、もうしばらくはインプですね。
Posted by Yoshitaka at 2011年02月07日 00:22
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック