2010年03月08日

EASY ACTION

今回はサクッと書きたいので前振りはありません。

前作(武富士ポルシェ)、前々作(リジェJS37)が「サクッと作ろう」という目標があったにも拘らず、結果的にどちらとも大苦戦という結果に終わりました・・・。

確かに出来はそれなりにいい(特に武富士ポルシェはいい!)ので満足はしているんですが、いかんせん半年に1台…2台/年のスローペースでは自分が満足行ってないんですね。もちろん、それ相応に忙しいとかなら自分も満たされるんでしょうけど、少なくとも今まではそうではなかったので自分が不満なんです。
(※今月からは忙しくなります…それは確定)。

だから…ということで極端かもしれないけど、前回軽く紹介したとおり今回はプリペイントキットを作ってます。


でもね・・・インストが・・・

IMG_8939.JPG

説明、これだけ???ウィングのフラップとか一切説明なし。まぁ、実際43に慣れてる人なら組めちゃうんですけど。

これはまだいい。

 ↓問題はこっち・・・↓

IMG_8937.JPG

・・・。


何、このリアウィングのアンバランスさ…
そこで決めたんですよ。このキット、もし仮組みしてみて本当にこの状態だったら製作を断念してパーツ取りキットにしてしまおうと。

ちなみにオンボードカメラも付けるようになってるけど、これもレジン製の3mm×3mmくらいの薄い板が1枚入ってるだけ。なんじゃ、このやる気のなさ(笑)

IMG_8881.JPG


「ペイントを生かす」のが今回の製作条件だから、ノーズの下面がこんなに荒れてても今回は無視します。どーせ作ったら見えないし。

そういう意味で潔いキットだし、作る自分も潔く割り切らないと(少なくともペイントを生かしては)作れないキットだと思います。

IMG_8844.JPG

で、さっそく仮組みは進みます。

ここまで作ってみてボディの塗装が済んでるとここまで来るのがこんなに早いのか!と実感してみたり。タイヤは後述しますがまたいつものフジヤ製のものに置き換えています。

このキット、リアサスペンションに難アリ。フロントはサクサクっと組めるんですが、リアはサスアームに糊しろ(ボディに刺さる部分)があまりになさすぎるんです。ホント、0.5mmくらいしか余裕が無い…。

仕方ないのでリアサスで強度を出すのはあきらめてドライブシャフトを左右貫通の1本棒(要するに真鍮線を刺しただけw)で再現して、そこでサスアームを支えることにしてみました。しかもそのドライブシャフトも指定の位置にそのまま開口すると一本で左右をつなげないので約1mm強、穴を後ろにずらして開けています。

IMG_8823.JPG

で、懸案だったウィング類を付けてみると、インストがいい意味で外れてくれて、リアウィングもちゃんとした位置にカチッとくっつけられました。
・・・というわけで製作続行w

IMG_8824.JPG

でもね、むしろちょっとマズそうなのはフロントウィングの方。

これ、ちょっとウィングの位置が高すぎるかなぁという印象。でも、まだタイヤ表面も削ってないし、仮にココが高すぎたところでどうしようもないので、タイヤを削る以外はそのまま製作しちゃいます!手抜き、手抜きw

IMG_8830.JPG

ウィング自体はなんの問題も無い…そりゃ元がBBRのキットだからねぇ。だけど、どうせコピーするなら全部コピーしてくれた方が助かるんですけどと言いたい気分。

そう、前日書いたとおりボーテックスジェネレーターの一部分がパーツ化されてないんです。ボーテックスジェネレーターの「コ」の字になる屋根の部分がありません。「L」の字になっちゃってるんですね。でも、これも言わなきゃわからないでしょ?

…と言う訳でこれも無視。そのくらい潔く行かないとまたドツボにハマってしまいます、このキット。

というか、もし拘って作りたいなら素直にタメオか、せめてBBRのキットをお勧めします。そういうキットです、これ。

IMG_8934.JPG

さっそく色塗ってデカール貼ってクリアコートしてます(端折りすぎだろ、自分)

IMG_8841.JPG

リアウィングもさすがBBR、カチッと組めました。いつものようにボクは瞬着だけで組んでいますがそれなりに強度は十分ありそうです。
インストに載ってたリアウィング、そもそもこのパーツじゃないような。翼端板の幅がこっちの方があるように思えるから…。

何にしてもインストで損してます、このキット。

IMG_8943.JPG

話は戻って…こっちも塗って、デカール貼って、クリアコートしています。

ウィングはどちらもサフ→カーボンブラックマット→(デカール→)スーパーフラットコートの順に吹いています。


ところで、自分はタメオ、BBRともに412T1に関してはタメオのブラジル仕様以外(とブランド替えでMERIから出たドイツ仕様も)、1/43で出てるキットはすべて作ったつもりです。だから、家にはジャンクパーツ、スペアパーツもたくさん(笑)

だから…というわけだけではないですが、ウィングに限らずデカールは基本的にタメオのものを使用しています。

T1、T1Bの物をいろんなところから持ってきて貼ってますが、もうこの時代のデカールでも劣化が進んでるものがあって…特にウィングに貼る識別用の蛍光イエローのデカール。ここはヤバい!かなーり丁寧にやらないとパリパリで割れてきてしまうんです。こういう割れ方をするデカールって自分の経験だとリキッドデカールフィルムは効果ありません。どうしたらいいんでしょう、こういうデカール。丁寧にマークソフターなどで時間を掛けて処理できるうちはいいけど、それを超えたら危ない…もう現在臨界点にあるような感じがします。また、Agipの黄色い部分も割れてきていたので、総じて黄色っぽい部分のデカール劣化が激しいようです。

IMG_8877.JPG

と言う訳で、あっという間にボディもご覧の通り。研ぎ出しまでやっています。

ボディの塗装はおそらくウレタンなんでしょう。だから、アクリル塗料の喰い付きがイマイチで、研ぎ出ししてるとクリアの層が「削れる」んじゃなく、「剥がれて」きちゃうところがありました。全身クリアの層でコーティングされたら剥がれなくなったので良かったですが。とにかく無事に済んでよかったです。

IMG_8862.JPG

タイヤは前述のようにフジヤのものに置き換えています。また、このタイヤもあるうちに買っておかないとこの時代のF1も作れなくなっちゃうからな…

IMG_8869.JPG

上の写真が元の状態ですが、それをKURE556をたっぷりつけながら#320の耐水ペーパーでトレッド面を研いで形状を整えています。

IMG_8880.JPG

アンダートレイはカーボンブラックマットで塗装した後、ラジエターをマスキングした後ペイントマーカーのシルバーで塗装(どこまで手抜きするんだ、自分w)。でも、こういうアルミの質感を再現する部分って手抜きの意味だけではなくペイントマーカーのツヤや質感って捨てがたいものがあると思います。

シートはタミヤカラーを適当に調合してスケドーニの皮っぽい色を作ってブラシで塗装。それも早く乾かすため。今回はテーマが手抜き&スピードですから(笑) シートベルトはシートにモールドしてあるものをそのまま使いました。立体塗り絵を出来るだけきれいに塗り分けて仕上げました。


…と言う感じで、最初にインストを見たfirst impressionはかなり悪かった(というか心配した)ものの、意外や意外、順調に進んでおります。

もう、次回は完成させちゃうかも!?気が向いたら間に1回更新するかもしれません。

乞うご期待♪
posted by Yoshitaka at 22:55| Comment(11) | TrackBack(0) | TRAJECTOIRE 1/43 Ferrari 412T1 J.Alesi | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
うぉぉー!!
はやいー、スゴイですよ兄さん。
これぞ43キットの楽しみ方の王道。
メーカーはこのように楽しむものとして、43キットをリリースしていると思うのですよ。
素晴らしい。
Posted by デモドリ at 2010年03月09日 07:02
なんかスゴい勢いで進んでますね。

このキット、なんか違和感あるなぁ、と思ってたらフロントウィングの吊り下げステーが長くないですか?長い状態なのにウィングの位置がそれでも高めってことはノーズのスラントがたりないのかな、とか派生して気になってみたり。

いかんいかん、サクっと作るんでしたね。www
Posted by ワタナベ at 2010年03月09日 14:40
サクサク進行、いいですね。私もこうゆう作り方が理想ではあります。できれば、こだわりたくなる心配がないくらいキットの出来が良ければ嬉しいですよね。
BBR風味なのか、ノーズがちょっと太く見えますね。色塗ってなかったら修正やら何やらと手を付けてしまって罠にはまりそうなキットです。
割り切って「トラジェクターの412T1」をコレクションに加える、という気持ちで取り組むのが健全みたいです。
Posted by おひつじ@tak at 2010年03月10日 02:52
インスト、せっかくのカラーなのにすんごい省略されてますね。V5?ってのが気になったり(^-^;
なるほどフロントウイングとノーズとのバランスに難有りですか…ってアレ?塗装どころかデカールまで貼り終わってる!しかもリヤも〜ってボディも?え?研ぎ出し終了?(驚
うちのは昨夜タイヤのトレッド面をペーパーでゴシゴシしただけですけど?w
もの凄いサクサクだ…もう完成直前、あっと言う間にオーバーテークどころか周回遅れにされましたな(-.-;
Posted by 新米パパ at 2010年03月10日 13:39
はやっ・・・笑
ボディーを塗装しないって事はこんなに違うのか。
ある意味、プリペイントキットってお得かも。
綺麗にデカール貼って、クリアーコートしちゃえば何にも気にならない。
達成感を味わうにはもってこいですな。

しかし早いこと・・・笑
Posted by エル at 2010年03月10日 20:01
☆ ALL

すっかりお返事遅くなってしまってごめんなさい。ここ数日、メンタル的にやられてまして。こんなことココでカミングアウトするの初めてなので変に緊張するんですけど(^^;

簡単に治る病気じゃないので気長にお付き合いするしかないんですが、辛い時もあり…今がその辛い時に当たってて。そういうときなど、これからもレスが遅れることも出てくるかと思います。でも、懲りずに今後ともよろしくお願いします☆
Posted by Yoshitaka at 2010年03月13日 03:08
☆ デモドリさん

そうですよね。メーカーは研ぎ出しなんて想定外(死語?)でしょうし、単純に仮組みして塗装してデカール貼って組めばどんなに時間かけたって1ヶ月以内で完成するはずなんですよね。

昔、モデルカーレーサーズが元気だったころの特集に「1週間で15台作り」というものがあり、これがまたおもしろかったです。要は割り切りとツボの押さえ方なんですよね。

史上最速ペースで作っちゃいました(あ;)
Posted by Yoshitaka at 2010年03月13日 03:34
☆ ワタナベさん

ステーが長いというか、タメオのものに比べてすべての作りが大きいように思うんですよ、BBRの412T1。サイドポンツーンも高いし、従ってノーズも高いしと言う感じでそういう風に見えるんじゃないでしょうか。でも、実はボクはこのBBRのプロポーション、大好きだったりします。他の車種とサイズの比較をしなければ、フォルムだけならタメオより「らしい」感じがするからでしょうか。

えぇ、前作2つ分の勢いを取り戻す勢いでサクサク作っちゃいました(あ;;
Posted by Yoshitaka at 2010年03月13日 03:39
☆ おひつじ@takさん

ボクは今の自分の作風になってからのBBR製412T1の完成品が無いのでこれを「BBRの作例」ということで済ませちゃだめですか(苦笑) タメオよりも肉厚なのがBBR製412T1の特徴でしたよね。当時も良く比較記事、書かれていました。ボクは当時からフォルムならBBR派だったんですけど、結局組みやすいのはタメオって言う(苦笑)

見えないところは手を付けない、この作戦、当たり前ですが精神的にいいかもしれません。余計な作業を飛ばせる=スピードアップになりますし。こんかいUPしたノーズ裏もそうですしね。

でも、本文にも書きましたけどいくら僕らに1週間で完成させられるからと言って初心者向けキットだとはいえないのが残念です。そういう基本構造がしっかりしてるキットならこれから始める初心者に「ぜひ作ってみてよ!」と言えるのに…。

あ、その前にそう言う対象がいないですね...
Posted by Yoshitaka at 2010年03月13日 03:46
☆ 新米パパさん

後出しな上に、作業工程が違いますから…当然周回遅れにした上ぶっちぎり優勝しないと(笑)

・・・ということで、一生懸命作りました。プリペイントキットだからと言って一切、手は抜いてません。塗装済みなのと簡単なのは意味が違うということを実感したキットでした。細かい部分もアレンジするところはしたつもりですし・・・まぁ、確かにキットのパーツを使って簡単に済ませた場所は多いですが、エラーもそれなりにあるキットを良くこれだけの期間にこれだけのクオリティで作れたなと自分でも喜んでいます(あ;;;)
Posted by Yoshitaka at 2010年03月13日 03:53
☆ エルさん

えぇ、普段自分がいかに仮組み(しかも意味が無い仮組み…)に時間を割いているのかが良くわかります。もっと言葉は悪いですけど粗雑に組んでいてもいい場合もあるのかもしれません。でも、そういういい時ばっかりじゃないでしょうし、今後も自分は仮組みもがっちりやると思いますけどね。

でも、プリペイントだからって毛嫌いしてるのはもったいないほどの出来のキットでした。インストにこんな意味不明な作例を出さなけりゃ、値段がせめて定価の半額くらいなら売れるはずだと思うんですけど…。

でも、完成までにタメオのデカール約1000円、ジャンクパーツのBBRの給油口(ジャンクパーツ)、タメオジャンクパーツのテールライトステーなど、お金も手間もアイデアもそれなりに掛かってますからね…。簡単そうに見えて実は簡単に仕上がってなかったりするのです(^^;
Posted by Yoshitaka at 2010年03月13日 04:02
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。