2010年03月04日

TRAJECTOIRE 1/43 FERRARI 412T1 DEBUT DE SAISON 1994

IMG_2855.1.jpg

東京マラソンの日、午前中だけ仕事だったんですけど、なんとなくマラソンを気分だけでも味わいたくてひとりで浅草に行ってみました。

浅草から歩いて10分くらい、業平橋にできつつある東京スカイツリー。

しばらく見ないうちに急に高くなったような気がして、いろんな角度から撮ってみてるうちにとうとうこのタワーの根元まで来てしまった。そしたらびっくり、こんなに大勢の人が撮ってるじゃないの(※ヒトの頭だけ見えるように写真をトリミングしてみました)。

なんか東京タワーの方ががっちりしてそうに見えるけど…大丈夫なんだろうか。ふとそんな心配をしてみたり。ちなみにこの日の段階で高さは303mだそうで。もうすぐ東京タワーより高くなるんだね…



********************************************************



さて、去年作ったリジェといい、前回のポルシェといいあまりに難易度が高いキットが続いたので、ここらでちょっとラクしたくなって、ここぞとばかりに登場のペイント済みキットです。

IMG_8795.JPG

TRAJECTOIRE 1/43 FERRARI 412T1 DEBUT DE SAISON 1994 

メイクアップの冬のセールで激安になってたから買ってみました。トラジェクターっていうフランスのメーカーがリリースしたボディペイント済みのキットです。

でも、なぜ今これなのかと言ったら、それはもちろん新米パパさんが作ってるタメオの412T1カナダ仕様があまりに面白そうだったから。久しぶりですよ、他の人が作ってるのを見てこんなに「作りたい!」って衝動に駆られるの。

だけど、タメオのキットじゃないワケは今を逃すとこれを作る機会が無くなりそうだから。ペイント済みキットって今までも作ったことないし、何か作るきっかけが欲しかったんです。

IMG_8802.JPG

ザッとキット紹介。まずはボディから。

プロポーションを見て真っ先に気付いたこと・・・


それは・・・「これ、BBRのボディじゃねーの!?」ということ。

アンダーパネルはオリジナルみたいだけど、ボディは素材こそレジンに置き換わってるものの、フォルムはそのままBBRそのもの。94年にBBRが出して、当時作ったあのキット。だから、なんだか懐かしい。

この抑揚の付け方は好き好きあると思う。もっともそれがメタルキットやらレジンキットのいいところ。今のメタルキットみたいに原型作りがCADになっちゃったら作るのは簡単になったりするのかもしれないけど、自分の好みではなくなる。自分は人が「味付け」したフォルムが好きなんだな、きっと。

タメオとBBRの412T1同士を比べるとなんかボディのサイズとか全然違って見えるんです。でも、どっちもどこからどう見ても412T1以外のものには見えないという。でも、作った時に「それらしく見える」のはやっぱりタメオかな。

…と言ってても始まらないので(汗)、今回はコイツを作ってみようと思います。

IMG_8801.JPG

エッチングもBBRのもの…がベースになってるみたいだけど、部分的には違うような。ボーテックスジェネレーターのパーツが一部入って無かったり、ブレーキダクトが全くパーツ化されてなかったり…まぁ、それなりに適当です。でも、あんまり力入れずに雰囲気だけで作ろうかと思います。

デカールはBBRのは版自体が違うビラージュ製のものが入ってます。でも、どっちにしてもデカールはタメオのものにコンバートだな。版ズレはそんなにないけれど、見るからに透けそうだし、なんかロゴのサイズとか結構「?」なものとかあったりするから。そしてなによりビラージュ恐怖症(苦笑)

IMG_8799.JPG

…こんな構成のキット。

今回こそ、雰囲気重視でサクッと作りたいんだけど…いくらBBRがベースっぽいと言ったっていかんせん作ったことのないメーカーのキット。ボディなど結構塗装が荒い部分もあるけど、ボディの塗装を生かすことを最低条件に製作します。そうじゃないとこのキットのおいしい部分が無くなっちゃうと思うから…。

でも、ノーズの下部とか、「見えないからいいや!」と言わんばかりにかなり荒い作りなのよね(^^;

さて、どうなることやら。。。
posted by Yoshitaka at 03:00| Comment(10) | TrackBack(0) | TRAJECTOIRE 1/43 Ferrari 412T1 J.Alesi | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
なんと言いますか、色々な意味で潔いキットって感じ。特にアンダートレーの一発抜きにフランスらしからぬ漢を感じたり。海外産のプリペイントキットにはプライマードバッと逝った後エナメル系吹いちゃってるのあるからクリアー吹くときは要注意なんですが、コイツは何が塗られてんでしょうか?ひょとしてウレタン?
Posted by @河童 at 2010年03月05日 01:52
こりゃまた意外なキットの登場ですね。
感覚的には食玩ミニカーのディテール・アップと43キット製作の中間て感じでしょうか。
キットの持ち味を生かすつもりでサクサク作れるといいですね。

トラジェクターって今でも活動してるんですかね。一時期、パクリ専門みたいな感じで大量にキットをリリースしてあっと言う間に消えちゃったみたいな印象があるんですけど…。
その後、プリペイントで復活したんでしたっけ。
キットの開発やこだわりは全くないけど商魂だけはたくましいブランドですね。
Posted by おひつじ@tak at 2010年03月05日 03:53
うちの会社から東京タワーは見えないけどスカイツリーはよく見えます。だからって近づいて見たことありませんが(^-^;
そういや東京近郊に住んで20年以上になりますが、東京タワーって登ったこと無いな…横浜のマリンタワーは何度もあるけどw

おお〜お次のキットはコレですか!ふむふむトラジェ…クター?すんません全然知りません、こんなキットがあるんですね〜たまにオクとか覗いてますが、たぶん一度もお目にかかったことが無いと思います。ボディが塗装済みには驚き!河童さんも聞いてますが塗料は何でしょ?
でもボディ以外はエッチングやら何やら全て組立や塗装が通常の43と変わらないように見えるので、誰でも簡単に組めるって訳では無さそうですね。フランス製なのに堂々とマルボロのタバコロゴが入ってるのも不思議。
ディフューザーが規制前で大型なのがかっこいい〜(^-^)
Posted by 新米パパ at 2010年03月05日 10:01
☆ @河童さん

とても潔いですよね。塗料はエナメルでは無かったです。メイクで聞いてもそのまま上からクリアは掛けれるとのことだったので買ってきました。塗装はウレタンらしく、「塗装を剥がすには?」の質問にはどうしたらいいでしょうねぇ〜と言う答えでした。

でも塗膜も厚いし(これは善し悪しありますが)、荒いところがあってもそこだけ研げばそれなりにきれいになるし、悪いことばかりじゃないです。

アンダートレイ、ディフューザー周りがあまりに薄くて割れた感じがしなったのにいつの間にか割れたたりしました。もう修正はしません(苦笑) そんなに目立つ部分じゃないのでそのまま行きます。手抜きモデリングですから。
Posted by Yoshitaka at 2010年03月06日 04:33
☆ おひつじ@takさん

トラジェクターってパクリ疑惑がやっぱりあったんですか。これだって知ってれば誰でも気づくパクリキットですからね。BBRが知ってるかどうか知りませんけど。

製作においてはやっぱり食玩ほど甘くはないです。塗装済みとはいえやっぱり43を作ってる感じです。結局、ボディの塗装以外はすべて同じですから。仮組みが結構ネックなんですよ。ボディまで削っちゃえればいいですけど、このキットの場合そういう訳にもいかないので。

インストがかなりテキトーなんですよ。このエントリにUPするの忘れましたが、このインストを見たら組む気しなくなるだろ?と言う(^^; だから自分もそのインストを見て気になるところから仮組み始めました(※それでやっぱりだめなら製作する気はありませんでした)。インストに載ってる完成見本で大損してるキットです。

トラジェクター、しばらく前にアロウズA18を出したような…?記憶違いだったらごめんなさい。
Posted by Yoshitaka at 2010年03月06日 04:40
☆ 新米パパさん

東京タワーの建設中の写真とか、確かに今見たら面白い…というかどれも貴重な資料でしょうから、今回のスカイツリーの写真もいずれそうなるんでしょうか。あんなに土台が小さくて東京タワーよりも随分高い建造物、こんなに地震が多い国でちょっと心配になりました…

トラジェクターのキット自体は時々お店の片隅に置いてあると思います。自分でもこのキットはこの時に初めて見たんですけどね。セナのフォーミュラフォードかなんかのキットもあったような気がします。そういうキットはプリペイントじゃないんですよね、不思議なことに。

塗装はともかく、下地処理も見えないところは結構荒いです。見えるところが荒いよりいいですけど、見えるところにも大きな凹みがあったり。直しようが無いですからね…ま、今回はこのまま行きますよ。塗装は多分ウレタンだと思います。クリア吹くときに(ボクはアクリルクリアを使うので)なかなか赤いボディに噛みついてしてくれなくて困りました。アクリル同士だったら多少お互いに溶けたりすると思うんですけど、そういうのが一切ないから研ぎ出ししてるとクリア層ごと剥がれてきたりして大変ですょ
…ってもうそんなところまで進んでるって言う(笑)
Posted by Yoshitaka at 2010年03月06日 04:47
スカイツリーの根元ってこういう風になっているんですか〜。
結構興味があります。
今日の読売新聞にも書いてあったんですが、建てられた後の姿はおそらく100年後も見れますが、建設中の姿は「今」しか見れませんから、みんな興味を持って見ているんでしょうね。

そうそう、スカイツリーの支え方は地上より地下にキーポイントがあるらしいですよ。

プリペイントキット、アロウズのはJPSっていうところのキットがあるのは知っていましたが、ほかにもあるんですね〜。
確かに割り切って作ろうと思えば、あっという間に完成に持ち込めそうですね。

412T1、やっぱりかっこいいな〜。
Posted by FDM at 2010年03月07日 15:19
☆ FDMさん

やっぱり今我々が見てるスカイツリーの建設中の姿って将来の貴重な資料になるでしょうからねぇ。近所の人だと毎日写真撮ってる方とかいますよね。

地下にも支えがあるんですか。でも、そうじゃなきゃあれだけの高層建築を支えきれないですよね。隣には電車の駅もあるわけですし、こんなもの、倒れなくても折れたりしたら怖いですもん…そんなことないんでしょうけど、これだけ地震が多い東京だとその辺も心配になっちゃいます。

プリペイント、楽ですよ、やっぱり。ここも直さなきゃ、あそこも直さなきゃってやっていくと塗装をはがすことになるでしょうけど、今回はそうしないと割り切って作ってるので割と早くできますね、これは。一つのキットの形としてはアリだと思います。でも難易度が低いかと言うとそうではありません。普段43を作ってる人なら組めるでしょうけど、決して入門用と言う訳ではなさそうな構成のキットです。

ボクもこの時代が一番良き時代のF1だと思っているので、412T1は好きな車です。新米パパさんの作ってるのを見て「自分も〜」とか思って勢いで作り始めちゃいましたもん…実は間もなく完成します(笑) 正味1週間ですね。
Posted by Yoshitaka at 2010年03月08日 00:09
なるほどねぇ。私はプリペイントキットは欲しくない人かなぁ。
(こういうキットを否定するわけでも、それを作る人を否定するわけでもないです)

私はキット作りの中で何が一番楽しいのか考えてみると色塗り(特にボディー)なもんで。


T1は WAVE の 1/20 のガレキ持ってますけど作れるかなぁ・・・。アンダートレイは前後で二分割されてたし、収縮も激しいらしいので。恐くて今はパッケージ開ける気になれない。www
Posted by ワタナベ at 2010年03月08日 16:50
☆ ワタナベさん

いや、実はボクも買った店の店員さんにまず聞いてみた一言は「中身見せてください」ではなく「このプリペイントの塗装ってどうやって落とすんですか?」でしたからw

だから買った時には塗装を剥がす気満々だったのに、いつの間にかこういうことに(苦笑) ボクもボディ周りの仮組みが最近は一番好きなので、その作業が無いキットなのはちょっと…と思ったこともありましたけど、それ以上に1/43のプリペイントキットと言うものを作ったことが無かったので、経験の意味で作ってみています。でも、これ割り切って考えることさえできれば一つの選択肢としてはいいアイデアかなと思います。もちろんどんなに頑張ったって自分で塗装するほどのクオリティにはならないけど、労力掛けずにそれなりにはなるので、アイデアとしてはありだと思いますね。

それ以上に原型をライセンス取ってパクってるならともかく、そうじゃないなら…問題ですね、これ。

ちなみに1/20WAVEも作ったことありますよ。あれ、サイドポンツーン部分がボディとは別パーツなんですが、ボディとその部分の収縮率が全然違うせいでオリジナルタイムに既に片側3〜5mmほどサイドポンツーンが大きかったです。でも、プロポーションはスタジオのものよりいいと思うので、ボクももう1個積んでいます。今までの経験からスタジオのよりは作りやすいかもと期待してるんですがどうでしょう…
Posted by Yoshitaka at 2010年03月08日 23:26
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。