2009年11月04日

2009 TOKYO MOTOR SHOW☆

IMG_8934.1.jpg

UPする順番がWTCC & Asian LE MANSと前後しますが、今回も行けました、東京モーターショー。

前評判通り、参加メーカーの減少などイベントの規模は縮小。ものすごく縮小。いつもと入口が違うような状態(使うホールの数が違うため)。隣のホールでは夜、ビジュアル系バンドのライブをやっていたようで(笑)

今までになく寂しいモーターショーでした。こんな最低なモーターショー、今まで経験したことが無かったから、わかっていたとは言えとてもショックだった。

さっそく気になる車だけレビュー。

IMG_8937.1.jpg
McLAREN MERCEDES  MP4-24

これ、メルセデスベンツが今回は参加を見合わせたために曙ブレーキのブースに展示してありました。
柵など、もうちょっと展示の方法を工夫して欲しかったけど、今回のショーの中では貴重なモータースポーツ関連の出品。もはや出品してくれただけでも感謝すべきなのかもしれない…と思った。

IMG_8977.1.jpg
TOYOTA  TF108(2009仕様ショーカー)

これ、去年のマシンを今年のレギュレーション風にアレンジしたショーカーです。この写真からもわかるかもしれませんけど、例年に比べてF1の周りにお客さんが集まっていなかったのがとても印象的だった。そもそもお客さんの数が少なかったように感じたけど、モータースポーツ離れも深刻かもと思ってしまった。

IMG_8998.1.jpg
LEXUS  LF-Ch

これ、期待してなかったけど意外とカッコ良かった。でっかいホイールやボディカラーと相まってなんとなくHOTWHEELのミニカーみたいだけど、車格的にはオーリスやブレイドあたりとかぶるのかな?でも、こいつはハイブリッド。このまま出てきて値段も手ごろならプリウスやなんかよりよっぽど売れるような気がする。市販化される時にデザインが大きく変わってしまわないことを期待したい1台。

IMG_8981.1.jpg
LEXUS  LFA

前回も展示されていたLFA。でも前回は「LF-A」として出てたんだったかな。この形で市販されるらしい。なんか個人的にはこういう路線の車だったらもっとグラマラスなデザインで攻めた方がいいように思うけど…まぁ、トヨタ/レクサスらしいと言えばらしいのかも。あんまり自分は魅力を感じなかった。

IMG_9016.1.jpg

IMG_9017.1.jpg
TOYOTA  FT-86 Concept

今回、コンスタントに人を集めていたのがこの車、ハチロク。スバルとトヨタのコラボレーションから生まれるらしいこの車。フロントはともかく、リアは結構いい感じにまとまってると思う。86が好きだった人や若い人たちが興味を持つのかどうかは疑問だけど、日本にもこういう「ちょっとしたスポーツカー」が必要だと思う。GTRやLFA、ランエボやインプSTIなどあるけど、これらってやっぱりちょっと偏り過ぎた車だと思うからマツダのロードスターやこの車みたいなコンセプトの車は必要だと思う。

IMG_9065.1.jpg
HONDA  CR-Z Concept

前回のモーターショーから実は結構形が変わっているものの、原形はとどめてる。最近のホンダにしては悪くないデザインだと思う。ホンダってデザインで損してる車が多いように思うから。カタマリ感があっていい感じだと思います。

IMG_9056.1.jpg
MAZDA  清(KIYORA)

マツダの一連の「流れ」をコンセプトにしたショーモデル。でも、期待しすぎたのか、ここ数年の中では一番"イマイチ"なモデルかな。これまで数年の出来が良すぎたからねー。実は最近のモーターショー、自分はこれら、マツダの「流れのコンセプトカー」を見に行ってるようなものだったから、今年はちょっと残念だった。

IMG_9006.1.jpg
NISSAN  LEAF

日産期待の2010年発売の電気自動車。先日、日産の営業の人と話す機会があったんだけど、ハイブリッドが無い分今は「エコカー減税」で何とか繋いでるものの、やっぱり起爆剤になるような車…このリーフを期待している…とのことだった。

でもねー。これもデザインで損してるよね。

いくら「電気自動車です!」って言っても、形がこれじゃ誰も買わないんじゃないの?少なくともこの車から自分は何も訴えられなかった。どこか初代のプリウスに似た雰囲気があるんだよな、これ。

IMG_9009.1.jpg
NISSAN  LAND GLIDER

完全なコンセプトカーですね。縦に2人が乗れる電気自動車。コーナリング時にはバイクみたいに傾けて走るらしい。意外とこういう乗り物の方が運転する楽しみとかあったりするのかも。日産はハイブリッドをやらなかった分、電気自動車に掛けてる感じがしました。

IMG_9011.1.jpg
NISSAN  QAZANA

日産が作ったスポーツカー+SUVのような新ジャンルの車…とのことだけど、これ、前回の東京モーターショーに出てたシトロエンのC-CACTUSにあまりに似てて気にいらない。イマイチ何がしたいのかよくわからない車。

IMG_8988.1.jpg
DAIHATSU  basket

今年の春のオートサロンの時にスズキがラパンのコンバーチブルを出してたんだけど、なんかこれ、それに酷似・・・。
しかも、あっちの方がかっこよく、かわいい。。。う〜ん。後出しで負けてるような感じが否めない。

IMG_8946.1.jpg
SUZUKI  ALTO

本当はこっちがメインじゃなかったんだけど、アルト30周年ということで初代のこの車も展示されてました。この車が30年間生き延びたのも奇跡なんだろうけど、まさかこんなおねーちゃんたちとともにモーターショーに展示されるとはこの車自身も思ってなかっただろうな。

こうしてみると、たとえ軽であっても昔の車って小さいのがよくわかる。

IMG_8955.1.jpg
SUBARU  LEGACY B4 GT300

今年のスーパーGTに出ているらしいレガシィB4。ヴィーマックを開発した東京R&Dがやってるからいずれ熟成されるんじゃないかな。

自分は車の写真を撮りたかったのに、おねーちゃんを撮ってる汗臭い変態オヤジどもが超邪魔でした…。

IMG_8963.1.jpg
SUBARU  HYBRID TOURER CONCEPT

これもなんだかしばらく前のルノー・アヴァンタイムみたい。
今回のモーターショーは台数が減ったのも残念だったけど、どこかで見たようなデザインやらコンセプトの車が多かったのも残念でした。コンセプトカーなのに独創性が無いなんて終わってますよ、本当に。

IMG_9001.1.jpg
鈴商 Supasse

名古屋の自動車販売店、鈴商がイチから作ったスポーツカー、スパッセ。まだミラーも付いてないような状態ですが、今回のモーターショーの中では華のある存在だった。この車、小さそうに見えるけど実は幅が結構あるみたいで。小さく見せるデザインってあるんだよね。デザインは結構好みかも。

IMG_9003.1.jpg
「来年発売予定か?」って誰に聞いてるんだろう(笑) さりげなくこんな紙を置いてあるところがまた笑えました。

IMG_9022.1.jpg
ALPINA B6 GT3 Racing

特別に見せていただいたので、この車だけは詳しめに紹介。
アルピナがレース界に復帰して今年からFIA GTで走っている車です。

まず、なぜこの車が展示されてるのかと思ったら、日本で市販するそうです、これ。4700万だそうで。

IMG_9040.1.jpg
日本でこれを売られても出れるレースなんかないじゃんって思ったら、特にレース用に売るわけではなく「サーキットで走ってもらうため」がメインターゲットだとか。そのコンセプトに驚き。

IMG_9023.1.jpg
この巨大なエアアウトレットの真下、一番低いところにラジエターがありました。キドニーグリルよりも下のインレットから空気を取り込んで、エンジンより前のボンネットから即排熱。エンジンルームに熱い空気がたまらないようになってるのがよくわかりました。ここまで見せてくれるのが「市販のレーシングカー」ですね。

IMG_9026.1.jpg
ドア、開けさせてもらったんですが超軽いの、このドア。レーシングカーってこんなもんだよね。

IMG_9031.1.jpg
トランク内にはオイルクーラー。トランクのカバーはリアウィングがあるために開閉式ではなく取り外し式。これも超軽い。レーシングカーってやっぱり美しいなって再認識。


********************************************************


最後のアルピナは特別でしたが、それ以外は本当にパッとした車が無くてがっかりのモーターショーでした。ただ、自分の目で見れたこと、今年も行けたことは良かった。自分の目で見るのと雑誌やネットで見るのとは全然違うから。

ま、家でゴロゴロしてるよりは良かったかな。しかし、自分はいつからこんなにコンセプトカーが好きになったんだろう。今回のショーではコンセプトカーの数自体が少なかったからまらなく感じたのかもね。レーシングカーの展示も少なかったし、エコに振ったモデルや、もうすぐ発売になるような手堅いモデルがとても多かったのが特徴だったから。

ただ、こういうショーで燃費がどうのとか、電気自動車です!、燃料電池車です!
・・・って言われても走らせてアピールするわけじゃないからイマイチ、ピンとこないんだよね。それは開発してる方もかわいそうだよなぁと思う。やっぱり見た目、デザインが一番インパクトあるから。

次回のモーターショーでは見た目のインパクトのあるモデルが豊作になってるといいな!
posted by Yoshitaka at 02:18| Comment(20) | TrackBack(0) | weblog | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
モーターショーか〜、15年ぐらい前までは初公開の車とかもあり楽しみに毎回行ってたんですけど、近年は事前にネットで公開されたりわざわざ見に行く程でもないんでパスしてましたが、やはり盛り上がっていませんでしたか。
MP4/24は驚き!タイトル争いとは無縁だったとは言え今シーズンのマシンを貸し出すとは…。
乗ってみたいと思うのはCR-ZにFT-86(もちろんスバルのバッチでw)ぐらいかな。
Posted by 新米パパ at 2009年11月04日 17:47
アルピナ、かっこいいね。
これが市販されるなんて、流石ですな。
うちの嫁さんが自動車関係の仕事に就いているので、毎年会社で行っていたようですが、今年は行かなかったみたい。
その理由は経費削減。
自動車業界の人間も見に行かないんだから寂しいですな。
コンセプトカーがそのまま販売されると面白いのに、市販化されると中途半端になるのが残念ね。
Posted by エル at 2009年11月04日 18:30
☆ 新米パパさん

まぁ、盛り上がっていなくても人は程々入っていたとは思うんですけどね。やっぱりこういう車を含めて興味のあるものはなんでも雑誌やネットでなく自分の目で見たいほうなので観に行ってきました。

マクラーレンは…ディフューザーがダブルデッカーになって無かったので今シーズンの前半戦仕様なんじゃないでしょうか。詳しくわかりません、F1を見てないのでw

FT-86のスバル版、今売ってるベストカーの情報だと4WDターボで売るとか。それはそれで楽しみかもしれません。トヨタとスバルで顔だけ変えて売るよりは魅力的です。
Posted by Yoshitaka at 2009年11月04日 23:22
☆ エルさん

アルピナ、思い切りがいいですよね!何台売れるのか知らないですが自分も「欲しい!」って思いますもん、これなら。

コンセプトカーってやっぱりショーモデルなので市販車じゃありえないようなサイズのホイール履かせてあったり、ミラーが極端に小さかったり、ライト類を法令に合わせなくちゃいけなかったりするじゃないですか。そうしていくなかでどうもダサくなっちゃう傾向にあるように思うんですよね。コンサバになっちゃう部分も出てきちゃいますしね。そういうのが残念です。

ところでCR-Z、これ、どこにナンバー付けるんでしょうね?グリルの中だったらデザイナーは泣くだろうなぁと思ってしまいます(苦笑)
Posted by Yoshitaka at 2009年11月04日 23:38
LFAはキット化して欲しいなぁなんて思ってます。できればニュル仕様がいいなぁ。
そうそう、B4 GT300、この車は東京R&DじゃなくてR&Dスポーツが開発なんですよ。東京R&DとR&Dスポーツは会社として完全に分離したんですよ。なんで、この車に東京R&Dは関わっていないです。
R&DスポーツがVEMACから手を引いたのにもそんな理由が。
なーんて、マニアックすぎますね(笑)
Posted by FDM at 2009年11月05日 06:29
今回注目はワタすもB6 GT3でしたね
これってニュル24h走ったやつでしょ?
市販車ではいろいろコストダウンしてるんだろうけど、補強はちゃんとしてそうだし、エンジン位置後ろになってない?本物のレーシングカーがこの値段は安いんでないかな?
Posted by はね at 2009年11月05日 13:36
ここんとこ業績回復著しい本田さんですが、私としましてはどれも中途半端で買うに買えないのであります。愛車が車検時期を迎えて色々検討したけど以下の理由で断念し、更に車検継続にしちゃう事になりました。

・現行シビックTYPE-R 性能面では文句なしで欲しい度200%なんだが、エクステリアが基本オッサンセダンなのでシビック感が薄くて困る
・シビック ユーロ版R 買う気満々だったが、既に販売中になってる海外の評価が頗る悪い。現行日本版タイプRは言うまでもなく、先代タイプRよりも遙かに性能が劣るようでは300万は厳しい・・・
・CR-Z スポーツ思考に振ったHVってことで、そのポテンシャルは未知数ですが、肝となるエンジンが流石に200psどころか150psにも届かない様では、説得力に欠けている気が・・・。一応リッター100psは狙うそうですがね。モータートルクがどれだけ活かされてるか全くワカランのですが、ホンダのスポーツってここんとこ2リッター200PSが基本相場だったので二月まで愛車無しで待つほどでは・・・。モータートルクはエンジントルクより基本大きいのでトルクの面では心配してないんですがね。スタイリングは三種の中で一番好きだし内装の出来もこのままで出てくれば言うこと無しなんだけどね。

っつー感じで、要するにエクステリア&インテリアがCR-Zかユーロ版タイプRでエンジン・MT・サス関連が現行シビックタイプRで価格がCR-Z(250を想定)だったら迷うことなく買ってたのに〜と思っております。CR-Z、予想外にスポーツな車だったら再考しますがね。トヨタの86は、トヨタじゃ無ければ(笑)と思ってみたり。
Posted by @河童 at 2009年11月06日 10:53
車のことよくわかっていないけどLEXUSがこんな「走ります!!」って車を作っているとは思わなかったよ。
なんか、こう、エラーイ人が乗る車ってイメージが...。
小さいって言われると最盛期のモーターショーに行っとくべきだったかなとちょっと思いましたよ。
Posted by ちはる at 2009年11月06日 18:47
☆ FDMさん

東京R&DとR&Dスポーツ、別会社だとは。最近、こういう会社多いですよね。名称変更で同じ会社になったとか、分離されて別会社になったとか。
じゃぁ、ヴィーマックとこのレガシィは別チーム開発のマシンっていうことになるんでしょうか?

LFA、1/24だったらいずれはキット化されるんじゃないでしょうか。そうしたらきっとニュル仕様も出そうな…。最近はむしろ1/43の方が下火ですからね…。
Posted by Yoshitaka at 2009年11月07日 13:57
☆ はね

B6 GT3、工場で作られたレーシングカーだからほとんど構造変更されてるんだと思うよ!ラジエターもフロントオーバーハング下にあるのが見えたし、オイルクーラーはトランクの中だし。

ニュル24時間とかで走ったマシンだよ。そのものではないかもしれないけど。最初、写真で見た時はこのカラーって微妙かなぁって思ったけど、実物はきれいな色だったよ!
Posted by Yoshitaka at 2009年11月07日 14:01
☆ @河童さん

いやぁ、自分でもこれらの車じゃ乗り換え対象にはならないと思っちゃいますよ〜。15シルビアの方が今でも魅力的ですもん。結局、自分でも2002年の排ガス規制で無くなった車たちより魅力的な車ってまだ登場してないように思ってしまいます。

CR-Zはそこそこいい感じがしますけどね。日本版のシビックRは自分も全然魅力を感じません。汗臭さ、男臭さばっかり感じてしまって。。。ヨーロッパ仕様は確かにかっこいいですけど、やっぱりちょっとフレッシュさがなくなっちゃいましたね。向こうでのリリースから時間が経ちすぎちゃったんじゃないでしょうか。デザインの新鮮さが薄れた今になってのリリース、ちょっと微妙です。

86はコンセプトはいいと思うんですけど、デザインがまだまだに見えてしまいますね。リアは好きだけどフロント周りがイマイチです。好き嫌いの問題もあるから難しいですよね、デザインは。ただ、アンチトヨタ、アンチホンダの自分でもCR-Zはともかく86conceptはちょっと乗ってみたいですね!
Posted by Yoshitaka at 2009年11月07日 14:15
☆ ちはる

LEXUSのLFAはもうリリースが決まってるから実際に出てくるよ。この不景気な時代に3000万円でどこまで売れるかわからないけど、たぶんトヨタだって数売ろうとしてる車じゃないと思うし、日本車史上最高額のこの車、どうなるのかはちょっと興味があるね。

モーターショーは昔、晴海埠頭でやってたんだよ!規模が大きくなって晴海じゃスペース的に足りなくなって幕張に移ったのに・・・今年の規模じゃ、晴海で足りたんじゃないの?みたいな感じだった…。再来年以降、また元の規模に戻ってくれることを祈る!!
Posted by Yoshitaka at 2009年11月07日 14:21
アルピナかっこいい!日本のGTもこれくらいかっこよければと思ってしまう。
今回のモーターショーはたしかに、寂しかったね。外車が少ないのが残念。ロータスとかしかなかったからなあ...。オーディオブースのところにマクラーレンSLRあったから見たりしたけれど。そこ、カメラオヤジも満載
だったけど。笑
電気自動車の演出は良かったんじゃないかな。無音で動くとこ見るとちょっと感動。

CR-Z と 86コンセプトだったら、僕も86の方がいいなあ。乗ってて楽しそう。CR-Zじゃあ思い切り踏めなそう。ECOカーだし。
あと、スパッセかっこよかった。これは乗ってみたい。(^∇^)

ホント次回はもっと規模が大きくなって欲しいよね。
お疲れさま〜。
Posted by ひで。 at 2009年11月07日 18:03
☆ ひで。殿

アルピナ、高嶺の花名存在だけど、知る人ぞ知るって感じだったからあんまり人は集まってなかったよね?自分が行ったときには集まってなかった。オーディオブース???そんなところ、まったく見なかった(苦笑) 一通り見たつもりだったけど甘かったかぁ。。。パーツやなんかは全部見たんだけどなぁ。

やっぱりいくら国内のショーであっても、外国勢がいないとこんなに寂しいものになることがはっきりしたから、次回以降に生かしてほしいよね。もっともプロモーターとかは海外メーカーも呼び足ったんだろうけどサ。

スパッセ、これはミツオカの車よりも独自路線行ってる車だからね。もうこういうのは好きか嫌いかはっきり分かれるんだろうな。鈴商のブースがもっと広ければもっとかっこよく展示できただろうし、よりかっこよく見えただろうに・・・そこがちょっと残念。

次回はもっとちゃんとした形でやってほしいね。そうじゃなきゃ、また晴海でやってほしい。この規模なら晴海で十分(笑)
・・・あ、でももう晴海に「会場」になるハコがない…じゃぁ、ビッグサイトとか。。。
Posted by Yoshitaka at 2009年11月08日 22:03
>Yoshitakaさん
レース業界は多いですよね。実は同じ会社だったり、別会社だったり、果ては実体がなかったり。ヴィーマックの話は長くてメンドクサイ話になっちゃうので、いつかお会いした時にでも(笑)
LFA、マシン的にはGT-Rとタメを張ると思うんですけど、なんだか全然話題にならないですね。
モーターショーでGT-Rのコンセプトモデルが出たときなんて、人山でまともに車が見れませんでしたよね。
Posted by FDM at 2009年11月09日 06:29
アップされてた画像の中で一番目を引いたのが初代アルトだったオレは・・・。(笑
Posted by ワタナベ at 2009年11月09日 11:58
なんだかねえ、最近のF1のニュースだとか元気のないモーターショーの情報だとか見てると、もうクルマに夢や憧れを持つ時代じゃなくなったのかなあと、淋しくなります。
時代が変わってもクルマは人間に寄り添う身近なマシンだし、安く買えるものじゃないんだから、どうでもいい存在にはならない筈。
もっと、売る側も夢を売る気持ちを忘れないで欲しいです。
クルマを単なる実用品に成り下がらせてしまうことは、結局メーカーが自分で自分の首を絞める結果になりかねない、そんな予感がします。

ニッサンの傾けて走るヤツ、あれは市販されたら面白いかなと思った。
電気自動車自体は、必要なものかも知れないけど夢でも何でもないね。
Posted by おひつじ@tak at 2009年11月09日 21:54
☆ FDMさん

お返事遅くなってごめんなさい。
確かに実体が無い会社など、たくさんありましたねー。direxivとかASIATECHとか。いつか、直接お会いしたときにヴィーマックの話、教えてくださいよ!次のレース観戦予定とかありますか?自分が岩手に住んでいたときの方がもしかしたらお会いしやすかったのかな?とも思いますが、今は…仕方がないですね。

LFA、地味すぎるんですよ。華が無い。TOYOTAはそれを狙ってるのかもしれませんが、個人的な感想としては「それでいいのかなぁ?」というところですね。確かに、GT-Rのショーモデルが出たとき、すごい人ごみでした。今年はそんな車もとくには無く…F1もそんなに人を集めるわけではなく・・・。

展示されてるものの魅力が無いということ以上に、ファンの集まり方などが本当に寂しいモーターショーでした。
Posted by Yoshitaka at 2009年11月12日 23:38
☆ ワタナベさん

えぇ、自分もコレは案外面白いぞ!と思ったのでわざわざ女の子がいるときに写真を撮りました(笑) …それは冗談ですが。

でも、SUZUKIのコンセプトって面白いよなぁと思うことがありますが、今の軽自動車が無駄に高級感をアピールしてるのに対してこの頃のアルトなど、簡素な装備でしたよね。こういうご時勢、案外こういうのが受けたりして・・・と思います。
Posted by Yoshitaka at 2009年11月12日 23:41
☆ おひつじ@takさん

お返事遅くなってごめんなさい。
(あ、ワタナベさんのお返事のところに書くの忘れました…)

ボクもそう思います。憧れの対象じゃなくて冷蔵庫や電子レンジみたいな車ばっかりで嫌になっちゃいます。車屋さんに行っても最近思うことって、「この人、車が好きなんだろうか?」って思ってしまうことが多いです。売る側がそんなだと車の魅力なんて伝わらないですよね。(自分なんかは結構人にどういわれようが自分がいいと思ったものに興味を持つことが多いのですが・・・)

そんな中でもアルピナはこんな車を持ってきてくれたし、TOYOTAは86conceptとLFAを作ってきてくれたので、こういった車が何もないよりずっといいとは思うんですけどね。

ハイブリッドや燃料電池もいいですが、全体的にダウンサイジングしようという流れにないのが残念です。クラッシュテスト的な安全も大事なのかもしれませんが、安全について言うならばそれ以上に人々の意識を変えることの方が大事なように思います。その結果、重くなり運動エネルギーが増え、燃費も悪くなる・・・そんな悪循環を断ち切るような面白いコンセプトの車という意味で自分の中で唯一光ったのが日産のランドグライダーでした。

suzukiもこの手の車(?)を開発してますよね。こういうのだったら興味あります。
Posted by Yoshitaka at 2009年11月12日 23:56
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック