2009年10月12日

2009 Indy Racing League Rd.16 MOTEGI(3)

今回もIRL第16戦インディジャパンのドライバー全員紹介です。

2009#02.1.jpg

#02 Graham RAHAL(McDonald's Newman / Haas / Lanigan Racing)

日本初登場となったグラハム。
…とはいっても、自分の記憶が確かならば、まだグラハムがレーサーになる前、まだ子供だった頃(※今もハタチ)、お父さんに連れられてもてぎのパドックにきてましたよね。お父さんが現役ドライバーとして日本に来たのは1998年だけだったけど、その後もチームオーナーとして来てたので彼の姿も何度か見たことがあるような気がします。

今、写真が見つからないので機会があったら後日upしますが、今回、グラハムが履いてた靴がものすごくかっこよくてねー。靴ばっか見てました(笑)

2009#06.1.jpg
#06 Oriol SERVIA(Newman/Haas/Lanigan Racing)

最終戦には出ることすら許されなかったセルビア。結果的に彼のシーズン最終戦となったのはこのもてぎ。彼本人にとっても、チームとしてももてぎは久々だったのにグラハムと3-4位フィニッシュにはとてもびっくりしました。

しかしセルビアのスーツ、シリーズスポンサー以外、何にもロゴが無い赤いスーツ。しかもなんか色褪せぎみ。なんだか寂しかったなぁ。車にこそマクドナルドが付いてるものの、セルビア本人のスーツにはなにも無し…。こんなにいいドライバーなのにかわいそうですね…世知辛い世の中です。

あ、レースと全く関係ないけれど、セルビアの奥さんってすごく明るいし、キレイだし、ファンにもやさしいしとても素敵な方。羨ましいです、ホントに。

ちなみに実質的にセルビアに代わって昨日の最終戦でこの車をドライブした2007年のインディライツチャンピオン、アレックスロイド(Alex LLOYD)はIRL史上(たぶんCART時代を含めて)初めて5桁のカーナンバー#40202を付けて出ていました。活字で見るだけより、自分で「カーナンバー四万二百二」って言ってみる方が面白いですw

インディ500以来のレースだった(しかもあの時とチームもマシンも違う)のに8位フィニッシュは立派でしたね…ロイド。
 …ってセルビアから脱線してしまった(^^;

2009#2.1.jpg
#2 Raphael MATOS(US Air Force Luczo Dragon Racing)

このチーム、ペンスキーのサテライトチームのようなチームです。ロジャーペンスキーの息子さんが運営しているチームで結構潜在能力は高いチームじゃないかと思っているんですが初のフルシーズン参戦となった今年は成績が全然伴いませんでした。寡黙なブラジリアン、マトスもベストフィニッシュが6位と結構期待はずれなシーズンだったんじゃないかなぁ?

年間リザルトをチェックしてみると、面白いことに今回のもてぎを含めて9位完走がやたらと多いマトス。もてぎまで4戦連続で9位(笑) シリーズランキング13位でルーキーオブザイヤーは獲得したものの、これだけでは来年は厳しいんじゃないのかしら?

2009#3.1.jpg
#3 Helio CASTRONEVES(Team PENSKE)

予選中にクラッシュしちゃったエリオ。やっぱりクラッシュはドライビングミスではなくサスペンショントラブルだったようで。最終戦のプラクティスでも同様のクラッシュ。シャシー、エンジンなどはワンメイクとは言うものの、結局いろんなところに「重箱の隅つつき系」のファインチューンをやってるんだろうな。

現地でも友達と言ってたんですが、エリオって年々、マフィアみたいになっていく…。特に私服が。デビューしたころの初々しさが全くなくなってしまいました…。脱税疑惑も最終的にどうなるのか知りませんが、疑いをかけられること自体、わかるような気がしてしまうのが悲しい。

2009#4.1.jpg
#4 Dan WHELDON(National Guard Panther Racing)

結局、今シーズンは優勝できなかったダン。パンサーにとってもまたしても勝ちのないシーズンになっちゃいました。ダンも人気は相変わらずだけど、AGR→ガナッシ→パンサーと移籍してますが、今、行き場を失ったドライバーなんじゃないのかなぁ?個人的にパンサーレーシングは好きなチームなのでダンにチームを立て直してもらいたいです。

このカラーリング、去年からDELPHIが消えて、NATIONAL GUARDがメインに来てますが、パンサーらしくはないもののかなり好きなボディカラーです。レースによってはエンジンカウルに「パンサー」の絵が描かれていたり、最終戦のようにエンジンカウルにもNATIONAL GUARDのロゴが入ってたり、じっくり見ると楽しいものです。
(※って実はじっくりTVでレース観たのが久しぶりw)

2009#5.1.jpg
#5 Mario MORAES(Azul Tequila / Votorantim / KV Racing Technology)

去年から自分が推していたモラエス。去年から「ちゃんとしたマシンに乗せたら絶対速い」って言ってたのが証明されたかのような予選2位。いろんなドライバーが彼のタイムにアタックしたものの、超えられたのはディクソンのみ。速さが証明されたようで嬉しかったです。

なんか他のドライバーのアタックを眺めてる時のモラエス、チームオーナーのジミーバッサーの姿がとても微笑ましかった。

安定した成績が残せれば上位争いに加われるかな。久々にオーバルが速い若手が登場した気がします。

2009#6.1.jpg
#6 Ryan BRISCOE(Team PENSKE)

もてぎでもポカをやらかしたブリスコー。TVで見るとより「やっちまった感」がありました…。シリーズ全体で考えれば、このもてぎの失敗でチャンピオンを逃すどころか結果的にランキングも3位に後退することに。

でも、最終戦のダリオ、ディクソン…特にディクソンとのバトルは見ごたえあったし、面白かった。変なポカしないで、安定してフィニッシュできるようになったら怖い存在かも。自分は先日までチャンピオンの器じゃないだろうと思ってたけど、ロジャーペンスキーが見込んだだけのことはあるのかもね〜。

2009#7.1.jpg
#7 Danica PATRICK(Boost Mobile / Motorola Andretti Green Racing)

ダニカ、今年でIRLは最後かと思ってたから写真もたくさん撮ったりしたんだけど、結局AGRと3年契約延長らしい…(^^; 個人的には今の戦力が無いAGRではないチームで走って欲しいと思ってたけど、これで決定みたい。

ついでに言うなら、シーズン後半からのこのboost mobileのカラー、ダニカに似合わない。ダニカにはやっぱりブルーが似合う。2008/2009シーズン前半までのモトローラの水色カラー、好きだったんだけどな。

今年はダニカにとって優勝こそなかったものの、最終的にランキング5位でフィニッシュ(最終戦のピットレーンでダンにぶつけられたけどランキング落ちなくて本当に良かった)。シーズン全体としては彼女にとってもベストだったみたいで最終戦決勝後のTVインタビューでも今までになく満足そうに話してました。

********************************************************



さて、とりあえずIRL第16戦インディジャパンもてぎを走った車、全車紹介は以上です。

次回、気が向いたら「番外編」的なのを書こうかと思っています。


それはともかく、この連休は散々でした。
金曜日から風邪ひいて調子を崩し、夜には結構な高熱。土曜の朝にはある程度、症状は治まったから良かったものの、そこからは小康状態を維持してるだけで治りきらず。そのまま今日に至る感じ。連休に重なってて本当に良かった。

・・・もっともどこにも出かけられなかったけどサ。もう今はマイコプラズマ肺炎(自分の身近に感染者がいた)でも話題のインフルエンザでもなさそうなことを喜ぶべきだろ?って前向きに(?)考えています。

posted by Yoshitaka at 18:33| Comment(6) | TrackBack(0) | MOTOR SPORTS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
いやーどの写真もフレーミングが上手でピチッとしてますねー
インディはマイケルがチャンピオンを取った前後付近のNHKBSで放映しているときは見ていたのですが、最近はご無沙汰ですねー
エンジンがホンダのワンメイクだったのも知らなかったです。
Posted by デモドリ at 2009年10月12日 20:36
☆ デモドリさん

いやいや、トリミングの嵐です(笑)
オーバルのレースだと、リタイヤさえしなければ単純に200周レースだったらそれと同じだけシャッターチャンスがありますから、ロードコースで撮るよりもチャンスは多いです。その分、通過スピードが速いので難しいのかもしれませんが、2台並んでいなければだいたい毎周同じラインを走行するはずなので同じ場所を狙っていればOKということで、自分のようにカチッとした写真が欲しいだけならばそんなに難しくないぞ!と思ってしまったインディにおける一眼デビュー戦でした。

レースの面白さや車のかっこよさは確実にCART時代、せいぜい2000年までじゃないでしょうか。スポンサーも減り、エンジンメーカー数も減り、自然とエントリー台数も減り、アメリカの景気悪化の影響をモロに受けてます。

唯一の例外はINDY500だと思うんですよね。今でも、あそこだけはあれだけのお客さんが入っているので。いつか生で見てみたいと思っています、インディ500。
Posted by Yoshitaka at 2009年10月13日 00:01
やっぱりおもしろいね。詳しいというかコアと言うか。
雑誌の記事見ているより、遙かに勉強になりますな。

番外編が楽しみね。
凄いの期待してますぞ・・・圧
Posted by エル at 2009年10月13日 17:52
☆ エルさん

雑誌やネット…AUTOSPORT webとかでもIRLは全然取り上げられないですもんね。国際格式のレースなのにスーパーGTに押されてしまってるのが現状。そんなのメディアとしておかしいと思っているんですが(^^;

番外編、ハードル上げないでくださいね(笑)
実は今回のIRL、金曜日に一眼のバッテリーが無くなっちゃってその分の写真があんまりないんです。言い訳ではなくw、なんで充電されてるはずのバッテリーが全然充電されてなかったのかわからないんですが…そんなアクシデントのせいで金曜日のヒーロー、モラエスの表情などをup出来ないのがとても残念です。
Posted by Yoshitaka at 2009年10月14日 00:54
気付いたらマックカラーの2台が3、4位に上がってるのを場内アナウンスで知って「あれ、いつのまに?」と驚いてました。
それにしてもゼッケン40202って…リヤウィング翼端板にどうやって印字してるんでしょうか?w
ダニカのマシンのカラーリングは自分もイメージじゃないな〜と感じてました、それなりに格好いいとも思うしあえて男っぽいのにしたのかな?って気も…。

体調大丈夫でしょうか?このタイミングで高熱って〜と「新型か?」ってなりますよね(^-^;
うちもワクチン接種まではなんとか回避したいです。
Posted by 新米パパ at 2009年10月14日 12:23
☆ 新米パパさん

ニューマンハースの茂木での戦いっぷりは実に見事でしたよね。地味でしたけど(笑)

最終戦のAlex LLOYDのマシン、これです。
http://www.us-racing.net/uploads/photos0/6227.jpg

IRLマシンのリアウィング翼端板は他カテゴリーよりもでかいのでなんとかなるんですが、モノコック上はどこにカーナンバーが書いてあるのかもはやわからないですね。

今年に限った話じゃないんですがINDYってカラーリングが割としょっちゅう変わるんです。それも結構楽しかったり。「カラーリングが変わる=スポンサーが変わる(or増える)」ですから、配布するカードもチームによっては何バージョンも作ってくれますし。写真を撮る上でもカードを集める上でも結構スペシャルカラーはおいしいです。

風邪は単なる風邪でした。。。症状の程度と、結果論ですが、タミフルは手元に念のため用意したものの、使わないで症状も軽快しましたのでご安心を。

また、自分みたいな仕事しててこういうこと言っていいのかどうかわからないですが、ワクチンも今まで誰も使ったことがないものな以上、副作用など、本当に出ないのかどうか誰にもわからないですから・・・。やっぱり接種することによる利益と、副作用などのリスクなど考えて打つようにした方がいいでしょう。
Posted by Yoshitaka at 2009年10月15日 20:37
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。