2009年06月29日

2009 LE MANS 24 HOURS(3)

今回は走行が始まる水曜日の様子をUPします。

この日の予定としては14時からピットウォーク、それ以後に走行セッションが予定されていました。
・・・が、この日も雨。なんなの、この天気。

だから、13時過ぎにサーキットに着くように行ってみたら・・・もうピットウォークやってるし(汗)

変だと思ったんだよなぁ。このサーキットに来るのは初めてだったし、道も全然わからなかったからフランス語しかわからない警備員に道を聞きながら進んで行ったらいきなりピットロード、アストンマーチンのガレージの脇の秘密の階段みたいなところに出ちゃって!

「こんなとこ、入っちゃっていいのー?」みたいな。でも、周りを見回してみたら大勢の一般客っぽい人がいたから一安心。
でも・・・びっくりした。

で、ピットロード。セーフティーカーやメディカルカーにはすべてアウディ。すごくかっこよかった。これだけの台数がビシッと揃ってるとかっこいい。

IMG_7350.1.jpg
日本じゃスーパーカーみたいな扱いのR8がごろごろ、しかもメディカルカーとして。
こりゃ、もはやカルチャーショックですね。

で、アストンマーティンのガレージ前に移動。
IMG_7365.1.jpg
給油ホースやエアジャッキなんかを引っかける…なんて言うんだろう?
こんな形状なの、ルマンだけだから、ルマンのジオラマを作るなら必須工作ですね(笑)

ガレージの配列ってアストンワークスの007号車から009号車だけが並んでるのかと思いきや、13号車のLola ASTON MARTIN(Speedy Racing Team Sebah)や後述のGT1クラスのJET ALLIANCEチームやGT2のdrayson racingのアストンまでアストン関連のチームはすべて並んで陣取っていました。

IMG_7366.1.jpg
アストンワークス009号車。今年は(去年もか…)アストンマーチンワークスが007号車から009号車、それとは別にプジョーワークスが7号車から9号車を使っているためになんとなくまぎらわしいんだよなぁ。

しかし、どの車も魅力たっぷり。アストンマーティンのガレージではカウル開けてたり、ドア(窓?)を開けてたり、貴重なシーンを見れました。

自分が期待していたプジョーのガレージの前に移動。

おー、いたいた、プジョー908。
IMG_7343.1.jpg
窓開けてるし〜。

IMG_7358.1.jpg
自分が期待してたのはこの8号車。ボーデ、モンタニー、サラザンのフランス人トリオ組。

帰ってきてから気づいたんだけど、この車の写真が圧倒的に多いという…いつもの展開(^^;

IMG_7361.1.jpg
ペスカロロのプジョー908もアストンと同様、ワークスプジョーの3台と並んで配置されてました。ワークスプジョーの隣にペスカロロの2台(1台は従来通りのペスカロロジャッドだけど)。

そして、ちょっと話はアストンに戻りますが、このLMGT1クラスのJET ALLIANCEのガレージ。
IMG_7384.1.jpg
すごいシャンデリアが天井に吊るされています。ボディにもなんだかそれらしいカラーリングがされているのでスポンサーから提供された品なのかもしれないですけど、結構おもしろかったです。

で、そのJET ALLIANCEチームの前をふらふらしてたら始まりました、給油&タイヤ交換の練習。
IMG_7453.1.jpg

実はこれをやってたのはこのチームだけではなかったんですけど、ピットウォークの時間にやってくれるなんてすごいサービス精神だと思います。おかげでいいものを見れたし、ジャッキの空気が抜ける音、タイヤ交換の音など、絵的なものより音を感じられたのがうれしかったです!

*********************************************************

 

さぁ、そしていよいよ走行セッションの開始。

・・・と言っても、まずはフォーミュラルマンなる「どこがフォーミュラなの!?」と突っ込みたくなるマシンたちのワンメイクレースから。マシン的にはクラージュオレカのワンメイクで今年から始まったカテゴリー(のようです)。

IMG_7694.1.jpg

で、写真を撮ってて気づいたんですが元レースクイーンで、その後ドライバーに転身した井原慶子さんが出てるじゃん!

他にもティエリー・ブーツェンのチームが出てたり、今シーズンのオフにちょこっと話題になったセバスチャン・ブエミのいとこのナターシャ・ガシャナンやなんかが出ていました。

このシリーズも気になったから写真はたくさん撮ったものの、UPするのはこの程度に(^^;

そしてLM24クラスの走行開始。

まず最初のセッションは特に意味はなかったんだけどアウディのガレージ上から写真を撮ってました。
…だから、ピットウォールもホームストレートのスポンサーもアウディのスポンサーのShellのものばっかりで(^^;

IMG_7869.1.jpg 
#1 Audi R15 TDI

IMG_7758.1.jpg
#9 Peugeot 908 HDi FAP

IMG_7797.1.jpg
#008 Lola Aston Martin

IMG_7910.1.jpg
#13 Speedy Racing Team Sebah Lola Aston Martin

ニコラ・プロストやニール・ジャニの乗ったチームがここ。

車名だけみるとアストンワークスと同じになっちゃうけど、エンジン音も見た目も全然違うマシンでした。ただ、見た目は…顔が違うだけでそれ以外は結構似てるかも。

IMG_7994.1.jpg
#4 Creation Judd

ヴァニナ・イクスの乗ってるチームです。このチームは毎年カラーリングが凝ってるんですけど、今年も凝ってました
…けど、例によって何が描いてあるのかは最後まで分からなかった。

IMG_8048.1.jpg
#23 Strakka Racing Gynetta Zytek

この車、案外かっこよくてプチお気に入りでした。Gynettaの車ってコンパクトで軽そうで、なんか運転してみたくなる車に感じた(^^)

IMG_8247.1.jpg
#15 KOLLES Audi R10 TDI

去年のウィニングマシンなのに、R15が出てきちゃうと一気に型落ち的に見えちゃうのって不思議なものです。

IMG_8037.1.jpg
#87 drayson racing Aston Martin V8 Vantage

ダリオ・フランキッティのの弟、マリノがここからエントリーしてました。今回、アストンはたくさん出てるのに今まで通りのこのレーシングブリティッシュグリーンで出てるのはここだけ。しかも、屋根のユニオンジャックがカッコイイ!これ、今年のベストカラーリング賞の1台かと(^^;


この水曜日の走行セッションは18時から24時までだったんですが、この時期のフランスは夜10時でも明るい…はずだったのに、天気が悪くて割と早いうちにだんだん暗くなってきて…
IMG_8434.1.jpg
でも、暗いのは暗いので素敵☆

これはちょうどプジョー7号車がシグネチャープラスの12号車をパスしていくところですね。

ナイトセッションを走る車って生では初めて見ました。いやぁ、写真にするのは難しかったけどかっこいい!ヘッドライトはもちろん、ヘッドライトをパッシングさせてたり、プジョー、アウディ、アストン、GT2のポルシェなどのように同じかっこの車が複数台いるところは各車に識別色があってサイドのカーナンバーの脇にそれが付くんですよね。

識別灯の存在はもちろん知ってたけど、あれが光の残像として流れるように頭の中をよぎっていくのはすごくきれいでした〜。


暗くなってきたあたりのピットロード。
IMG_8422.1.jpg
ピットロードにはいろんな車がヘッドライトをパッシングしながら入ってきて、しかもそれを待ち受けるピット側も多くのチームがLEDのサインボードを出してるのにはびっくりしました。

いやー、初めて観るナイトセッション、実にかっこよかった。

長くなりましたが、次回は予選日となった木曜日の様子をUPします。伝えたいこと、書きたいことが多すぎて困っちゃいます(^^;

posted by Yoshitaka at 12:15| Comment(14) | TrackBack(0) | 2009 LE MANS 24HOURS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
お〜雰囲気が伝わってきますな・・・
こういうのってやはり実際に行かないと経験出来ないしね。臨場感たっぷり。
何でもそうだけど、やはりLIVEが一番ね。

モトに行ってからというもの、こういう雰囲気が懐かしく感じますな。
何とも言えないこの雰囲気。最高ですな。
もっと身近に感じるように、日本のメディアも報道して欲しいモノですな。
Posted by エル at 2009年06月29日 18:37
なんか内容が新鮮でいいわ!
私まで初めて行った時の感動を思い出せた。
ありがとう。
Posted by minori at 2009年06月29日 22:47
写真を見てるとイロイロ思い出します。
写真の腕も凄いですね!!見とれてしまいまいたよ。ルマンの車はドレもカッコいいですね。
オープンも好きですがクローズドは最高です。
GTクラスも車種が豊富で楽しいですね。
アーストンマーチンはブリテッシュグリーンが決まりますね。
Posted by けん坊 at 2009年06月30日 21:53
いやぁ、ほんといい写真だわ
プジョーかっこいい!サラザンもモンタニーもボーデもよかったね!フランス人ドライバーって多いけどF1ではみんなうまくいかないしねぇ

井原さんはF3のあと結婚したってうわさを聞いてたけど、やっぱりまだ走ってるんですね、かっこいい!

10数年前に隣でパラソルさしてたオネーチャンが、ルマンで隣走ってたなんてほかのドライバーびっくりするでしょうね
Posted by はね at 2009年06月30日 22:09
☆ エルさん

ちょっと仕事で家を離れてるので最近、いつもお返事遅くなってすみません。

やっぱり好きなら生が一番ですね!moto GPにしてもIRLにしてもルマンにしても、国際クラスならではの雰囲気っていうのは絶対にあると思いますね!スタッフもお客さんを楽しませてくれてるというか、自分たちも楽しんでるし、仕事だけでパツパツにはなっていないのかもしれませんね。

一言で言うと文化の違いっていうことになってしまうんでしょうけど、こういう素敵な文化、日本にも根付いていって欲しいです。そのためには今のメディアが変わらないといけないように思います。

スーパーGTが悪いと言うつもりはありませんが、他に伝えるべきネタがある時にまで国内の話題に終始していて、正直なところ情けなく思っています
…オートスポーツ、ここ10年くらい買ってないからボクが言う権利もないのかもしれませんけど、なんで以前買っていた人が買わなくなったかを考えて欲しいですね。
Posted by Yoshitaka at 2009年06月30日 22:52
☆ minoriさん

メールした通りの理由…でお返事遅くなってごめんなさい。

そりゃ、フレッシュですよー!ルマン初心者ですからー(笑)

海外のレースだってまだ2回しか観たことないのが現実だし…。

欲を言うならルマンもまた見たいけど、INDY500を観たい!1ヶ月近く観るのは不可能だろうけど、最低でも1週間くらいは観たい。将来、また1週間くらい休みが取れないかなぁ〜。

まぁ…無理だな(^^;
Posted by Yoshitaka at 2009年06月30日 23:00
☆ けん坊さん

いやいや、写真はボクのカメラが“good job”なだけですよ(笑) しかも、いかんせんすごい量撮ってきたので…いい写真はその中の一部だけですよ!

ボクもクローズドプロトが好きなんです。だからプジョー908、アストンワークスが特に美しく見えたんですけど、中でもアストンワークスのエンジン音は高音で本当にいい音していてマシンのデザイン、カラーリングと組み合わさってすごく魅力的に映りました。

今年はLMGT1が寂しかったんですよね。エントリーが2車種5台でしたから…。

LMGT2もフェラーリとポルシェが圧倒的台数を占めていてなおかつ競争力もあるようだったので、例えばスパイカーみたいな小さな自動車メーカーやdraysonのようなチームが参戦してるとボクのようなファンはどうしても応援したくなってしまいます。

…いやぁ、draysonのアストンは実にかっこよかったです!V8 Vantageのルマン参戦って初めてだったんじゃないでしょうか(…未確認ですが)?DBR9よりコンパクトなのでぎゅっと魅力が詰まった車に見えました。
Posted by Yoshitaka at 2009年06月30日 23:31
☆ はね

まぁ、このフランス人トリオが勝ってくれたらフランスはなお盛り上がったかもしれないけどね〜。そうじゃなくても9号車のプジョーがプジョーとして16年ぶりに勝っただけで大盛り上がりだったから…。

写真はね、デジタル一眼を買って使うようになったら世界の見方が変わった所がある。だからオススメよ、デジタル一眼。

未だにそれなりには高いけど、昔からカメラを好きだった人に言わせると今は夢みたいな状況らしい。価格としては高いけど割安だって。

なにより自分のQOLアップにはあのカメラは貢献してくれてるなー。どこ行くにも持って行ってるもん、それなりに重いしかさばるのに。
…もちろん今回の東北遠征にも持ってきてるよ〜。

井原さんにそんな噂があったとは!あたしゃ知らなかったけど。今回は走ってるとこしか見れなかったから、いずれこの写真にサイン欲しいなぁーなぁーんて(笑)

このフォーミュラルマンって2人で乗るレースなんだけど、相方は井原さんのキャリア(過去?)を知ってるんだろうか…とつい思ってしまった(笑)
Posted by Yoshitaka at 2009年06月30日 23:46
やっぱメディカルカーは RS4(ワゴン)にして欲しかったなぁ。
まぁ今時現場では応急処置だけで搬送はヘリってことなんでしょうけど。

このブルーのアストンはなんか綺麗なカラーリングですね。
涼しげなのと、アストンらしからぬ色の取り合わせが新鮮。
Posted by ワタナベ at 2009年07月01日 10:57
おお〜!なんだかプロのカメラマンが撮った画像を見てるようです。臨場感もたっぷりでさすがピットウォークの特権ってとこでしょうか。
日本でも昔みたいに放送してくれれば見たいのに…スカパーですら無かったですもん(-.-;
あれ?そういや今年は大学チームは出てないのかな?その話題もあって昨年はTVやスカパーで少しは放送されてたけど…。
Posted by 新米パパ at 2009年07月01日 11:25
こうしてみると日本がシカトぶっこいてる間に、ルマンの車って模型映えしそうなのが沢山になってますやね。今年のローラアストンやプジョーなんかプラモで出たら買っちゃうんだけどなぁ。国内はダメだろうからドイツレベルに期待か。
Posted by @河童 at 2009年07月01日 23:17
☆ ワタナベさん

まぁ、メディカルカーと別にアンビュランスもいましたからね(ベンツでしたけど笑)。だからメディカルカーはスタッフを乗せるだけで怪我をした人を乗せるための車じゃないからワゴンじゃなかったのかなぁ…と今になって思っています。

FIAGTとかの写真を見るといわゆるワークスカラーじゃないアストンが何台か走ってるようですよ!見慣れてないからか駄作に感じるカラーのもいますけど、今回出てた2台のGTクラスのカスタマーアストンはどっちもきれいでしたね。

問題はこれらの会社が未だに何の会社か知らないことくらいですかね(笑)
Posted by Yoshitaka at 2009年07月01日 23:17
☆ 新米パパさん

東海大学は今年は出ていません。日本チームはJLOCとチーム郷だけでした。

写真、あんまり誉められたら照れちゃう〜(笑) カメラが1週間、頑張ってくれた作品たちでーす!

日本はやっぱり悪い意味で島国なんですねぇ。ヨーロッパやアメリカの文化になんか全然追い付いてないのに技術的に追い付いているからと思ってなんか勘違いしている所があるように思います。文化ってそんな浅はかなものじゃないように思うんですけど…。だから、ルマンのような素晴らしいレースもテレビでは放送しない…『やれない』なのかもしれませんけど。

以前のようにテレビ朝日でやってほしいですね!
…まぁ、チャンネルはテレビ朝日じゃなくていいですが(^^;
Posted by Yoshitaka at 2009年07月01日 23:37
☆ @河童さん

ルマンのマシンって、ワークス同士のGT戦争状態が去った後しばらくはオープンプロトが中心でしたけど、最近はクローズドプロトも増えてきて、かつレギュレーションの解析?が進んだのかフォルムも野暮ったくなくなりましたね。

プジョー908は本当に美しいマシンです。アストンは実際にはローラのシャシーをカスタムしたようなマシンだと思うんですけど、不思議な事に他のローラとはオーラが違うんですよね。これはこれでもちろんカッコいいんです!

これらがキット化されたら自分もぜひ作りたいです!特にプジョー908を43で作りたいです!
Posted by Yoshitaka at 2009年07月01日 23:56
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。