2008年11月03日

2008 Formula One FINAL ROUND BRAZIL...

結局、地上波で生放送見ちゃった。

一言。感動

昨日まではどっちも今年はチャンピオンにふさわしくないんじゃないかって思ってたけど、決勝での2人の走りは立派だったと思う。本当に立派だった。

マッサの表彰台での悔し涙。
表彰台の一番高いところで悔し涙を流したドライバーって初めて見た気がする。

グロックのファイナルラップ最終コーナーのスローダウンはなんだかよくわかんないけど、ハミルトンとマッサはもちろん、アロンソ、ベッテル・・・みんな、いいドラマを演出してくれたと思う。


今年はレースを見て涙するのは3回目。

初めてはIRLもてぎでのダニカの初優勝。

次はベッテル&トロロッソ初優勝。

そして・・・今日。


いいレースだった。正直、マッサを見直した。彼はもう雨でも戦える。ハミルトンもいろいろ言われるかもしれないけど、チャンピオンはチャンピオン。本当に取っちゃったね、今年。


振り返るにはまだ早いけど、今年は結構、いろんなレースが面白い年だった。インディもWTCCも、F1も。

いい印象でF1が終わって良かった。やっぱり「モータースポーツ=F1」って思ってる人は多いから(※自分は違うけど)、F1の印象がいいのって実は自分にとっても大事なこと。

モータースポーツってこうでなきゃ。
F1では感動することが少なくなってた自分もF1に対する興味が少しだけ戻ってきたかな?って思う今日この頃。

F1に限らず、どこにだってドラマってあるんだと思う。それに気づいてささやかなことでも感動できる人間でありたいね。
posted by Yoshitaka at 04:10| Comment(10) | TrackBack(0) | MOTOR SPORTS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
私ゃ出勤前に録画してたのをスタートとゴールだけ見ました。

チャンピオンシップの結果についてはまぁ、順当なセンかな、と。
残念だったのはクルサード。せっかく特別カラーでの出走だったのにレースでは1周もできず仕舞いなんて。
アレジの時もそうだったけど、キャリアの長いドライバーの引退レースってこういうものなのかな、と思いましたね。


途中経過を見なかったし、録画だったせいもあり、私は感動できませんでした・・・。無感動なオヤジになったとは思いたくない。w
Posted by ワタナベ at 2008年11月03日 10:37
☆ ワタナベさん

北京って日本との時差、1時間ですよね?
すごい時間に出勤だったんですね。オツカレサマデス・・・

クルサード、ボクも嫌いなドライバーじゃなかったので残念でした。それに対してブラジルでは滅法不運続きのバリチェロが完走しちゃうなんて。今年みたいなマシンじゃなく、もっとちゃんとしたマシンのときに勝ててたら…マッサが勝っちゃってるだけにバリチェロがかわいそうで。

途中経過含めて、見てみると面白いかもしれないですよ、今回は。今年、ベルギーの件があるから「作られたチャンピオンシップ」だとは自分でもわかってるんです。でも、それを考えても最後はよくやったと思いますよ、二人とも。
そういうのが重なったからかな…っていうか、ボクはもともと涙もろいんですけどね(苦笑)
Posted by Yoshitaka at 2008年11月03日 23:11
あ、日本語がおかしかったか。

「夜中に録画しておいたものを、出勤前にスタートとゴールだけ再生してみました」です。DVD だと楽だねぇ。チャプターごと飛ばせるから。昔のビデオテープだとめんどくさかったもんね。

ベッテルはすごかったなぁ。感心した。
で、グロック・・・もう何もいいたくない。w
Posted by ワタナベ at 2008年11月04日 10:19
凄い展開でしたね!
よくもまぁこんだけドラマチックな展開をクライマックスに用意してるもんだと(驚
去年といい今年といい(w
私が今回のレースでドライビングで凄いと思ったのはマッサ、ベッテル、アロンソでした(^-^)
Posted by 新米パパ at 2008年11月04日 11:31
☆ ワタナベさん

そうだったんですね、ちょっと安心しました(笑)
ボクは今回地上波でしか見てないので、他の方よりも持ってる情報が限られてるかもしれませんが、ベッテルみたいなドライビングができるドライバー、最近なかなか出てこなかったじゃないですか。ワールドチャンピオンかかってるドライバーに平気で仕掛けちゃうドライバーなんて。彼にはそういうところですごく魅かれたし、マッサは元評価が低かったからボクの評価が人並みになっただけかもしれませんが、優勝して悔し泣きは良かったと思います。

グロックのスローダウンは…あんまり触れない&考えない方が幸せでいられるかもしれませんね。
Posted by Yoshitaka at 2008年11月04日 22:57
☆ 新米パパさん

始まる前の雨と言い、面白くなる要素盛りだくさんのレースだった分、コンサバを期待していたハミルトンには辛いレースだったでしょうね。ハミルトンも今回は緊張しただろうと思うんですがそれを乗り切ったドライバーってホントにすごいと思います。運に助けられたのも確かだけど、ベルギーの一件で割を食ったのはハミルトンなんだから今年はハミルトンがチャンピオンでよかったんだろうなって自分でも思っています。

ただ、残念だったのがクビサ。全く…というかハミルトンがベッテルに抜かれた時に意地悪してたのがちょっと映っただけで存在感のないレースになっちゃいましたね。ランキング2位も狙えると思っていただけに残念でした。
Posted by Yoshitaka at 2008年11月04日 23:02
ご多分に漏れず私もマッサ(フェラーリ)のチャンピオンを期待していたんですが、ハミルトンがギリギリの状況で王座を取れて良かったんじゃないかと思っています。
彼は人種問題や若くして才能豊かなことによって偏見を持たれている部分がありますから、今年も去年に続いて悔しい負け方をして王座を逃すと、偏見に満ちた人々がほくそえむのが見えてくるようで、後味が悪くなったと思うんです。

マッサには可哀想だけど、今年のハミルトンの成績は王座に値するものでしたから、公平な結果に終わったのは良いことだと思います。

ただ、成績(ポイント)とは別に本当に強いドライバーがほかにいることが見えたのが今季のグランプリであり、最終戦でした。

今後もこんな面白いシーズンが続けば、F1人気が再燃することもあるかも知れませんね。

ところでCSで視聴しなかったのは、他所でお泊りでしたか?
Posted by おひつじ@tak at 2008年11月05日 03:01
いつもコメントばっかりですんません!

このレース、もそうだけど今シーズンのF1自体が面白かった!
運営面ではもう相変わらずうんざりするようなニュースばかりだったけど、それも含めてエンターテイメント?モータースポーツじゃないカモメ…
Posted by はね at 2008年11月05日 18:58
☆ おひつじ@takさん

そうですね。F1って典型的な「出る杭は打たれる」世界じゃないですか。その中でもハミルトンはやるべきことをやってチャンピオンになったわけだから、ボクもこれに異論はありません。逆にこれで仮にマッサがチャンピオンになってたらベルギーの1件があるだけに「作られたチャンピオン」という印象になってしまったと思います。

シリーズ序盤に光ったクビサ、中盤から後半にかけてのアロンソ、ベッテルなど、今年はトップ争いだけじゃなくそういったドライバーの頑張りで楽しめた年だったと思います。

F1、2002年に琢磨フィーバーの中観戦したのが自分にとっての生F1、最後なんですが、来年は…とか少し考えちゃいましたもん(笑)

実際、来年はIRLもWTCCももちろんF1も難しいと思うんですが、どれか行けたらいいかなぁと思っています。

週末はF1があることなどすっかり忘れ、録画もせずに実家に行っていました。だから予選順位など全く知らずに観戦(笑)
タイヤがどーのこーのとか、燃料搭載量がどーのこーのとか、小難しいこと考えないで見れるレースの方が面白いと思うんですけどね。
それがWTCCからF1が学ぶべきことだと思います。
Posted by Yoshitaka at 2008年11月05日 23:37
☆ はね

こっちなんかコメントすらせずごめんなさい!!

F1はもはや「ショー」だよね。FIAが演出してる。そう考えれば今年の台本は良かったと思うし、役者的にも悪くなかったと思うよね。

FIAはF1を世界を舞台にしたショー、しかもプレミアム感のあるショーにしたいんだろうから、今、その路線には乗ってきてるんじゃないだろうか?

あんまり金のある人にしか楽しめないものにはしない方がいいと思うけど…今、向かってるのはそっち方向な気がしちゃう。だから自分としては純粋に競争が楽しめるIRLやWTCCが好きなのかもな。
Posted by Yoshitaka at 2008年11月05日 23:42
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック