2014年06月22日

2014 LE MANS 24 HOURS Vol.4

今日から全車紹介を始めようかと思います。

今年は例年よりもセキュリティが無駄に強化されてた影響で昨年までのように思い通りの場所で撮影できず・・・そのためフェンスが鬱陶しい画像もあるかと思います。ただ、ここはプロのフォトグラファーじゃない以上、どうしようもない部分なのでスルーしてください。

********************************************************************************


#79.1.jpg
#79(LM GTE Am) PROSPEED COMPETITION / PORSCHE 911 GT3 RSR

今年は2台体制となったプロスピードコンペティション。過去数年も2台目もリザーブ登録されてましたが、結局かなわず。でも今年は直前でミレニアムの2-3台が撤退したのでここと#57クローンレーシングが繰り上がりました。
この#79には2012年にもこのチームから出走したブレット・カーティスというアメリカ人ジェントルマンドライバーも乗りこみました。この人、以前仕事の関係で東京に数年間住んでたということで結構日本語話せるんです。前回も会ったよね」みたいな話をしたら「にせんじゅうにねん」って日本語で返してきましたから(笑)

ただ、予選で自分の目の前で結構大きなクラッシュをしてしまい金曜日のパレードにもブレットは来てませんでした。エントリーリストからもオフィシャルリザルトからも名前が外れてるので決勝にも出なかったものと思います。けど、だとしたらブリークモーレンとクーパー・マクニールの二人で24時間走り切った訳でこの二人、すごいですね!!


#81.1.jpg
#81(LM GTE Am) AF CORSE / FERRARI 458 ITALIA

今回のルマン最大勢力となったAF CORSEの1台。アマクラスですけど、実は助っ人としてメルセデスF1の3rd ドライバーをやっているサム・バードが乗り込んでいます。決勝最初の雨の中、トヨタ#7とアウディ#3をクラッシュに巻き込んでしまったのはこの車・・・こちらもそのままリタイヤとなってしまったので決勝ではわずかしか走ってません。AF CORSEのエントリーした車の中で一番紅い面積が広くてきれいな車だったのに残念でした。


#88.1.jpg
#88(LM GTE Am) PROTON COMPETITION / PORSCHE 911 RSR

今年もデンプシーレーシングの親チームとなったプロトンコンペティション。これまで数年間、ずっとスポンサードしてくれていたゲルバーマイヤーが離れたようで、アブダビ関係のスポンサーを持ち込んだアルークバイシをドライバーに起用しました。それでもアマクラス2位表彰台はすごいですね。


#90.1.jpg
#90(LM GTE Am) 8 STAR MOTORSPORTS / FERRARI 458 ITALIA

8STARとしてエントリーしているものの、ここは今年も実質的にAF CORSEのオペレーションで走りました。この写真を撮ったのはフリーか予選ですが決勝早々にクラッシュしてしまい、フロントバンパーが無塗装の物をつけざるを得なかったのか大半の時間をツギハギカラーで走っていました。
今年のルマン、チームオーナーのポトリッチョが乗ってないんですよね。その代わりに乗ったモンテカルボがフリーでもクラッシュしてたなぁ・・・あ、この人自分と誕生日が同じなんだった(笑)


#91.1.jpg
#91(LM GTE Pro) PORSCHE TEAM MANTHEY / PORSCHE 911 RSR

今年一番の驚きがマンタイが全〜然冴えなかったこと。予選でも#92はドライブシャフトのトラブルでロクに走れず。この#91にのったピレに大丈夫なの?って聞いたら「問題ははっきりしてるし、こっちの車には問題ない」って言ってたけど、結局なんとか完走といったレベル。走行シーンを見ててもライバルであるフェラーリやアストンたちに比べてかなり縁石に乗って走ってるんですよね。そうしないとタイムが出ないってことだと思いますけど。
ピレを応援するために色々持ち込んだけど、なんで自分が応援するドライバーっていつも結果が出なくなっちゃうんだろう。以前からずっと不思議。応援するのが申し訳なくなってくるわw


#92.1.jpg
#92(LM GTE Pro) PORSCHE TEAM MANTHEY / PORSCHE 911 RSR

で、その#92。
予選でのトラブルはあったものの、結果を残したのは結局今年もこっちでした。クラス3位だけどなんだか全然惜しかった印象が無く。もっとも決勝序盤にAF CORSE#60の巻き添えクラッシュがあったからしょうがないんですけど。
カラーリングもイマイチだし、今年のマンタイポルシェはプロトが華々しかった分、余計に地味なルマンになっちゃった感じは否めませんでした。

#95.1.jpg
#95(LM GTE Am) ASTON MARTIN RACING / ASTON MARTIN VANTAGE V8

去年のシモンセンの事故から1年。信じられない・・・本当にドラマチックなクラス優勝でした。表彰台・・・もちろんアウディ#2の優勝も嬉しかったけど、自分としてはこっちの優勝表彰台も同じくらい嬉しかった。特に去年も見てるから余計に。あのポールセンが表彰台でのインタビューされて・・・あんなにちゃんと話してるポールセン、初めて見た(笑) でも、ファンはみんな分かってる。
しかもAMRとしてはプロクラスに2台、アマクラスに2台の計4台出したものの表彰台はこの車だけ。余計に嬉しかったんだろうな。


#97.1.jpg
#97(LM GTE Pro) ASTON MARTIN RACING / ASTON MARTIN VANTAGE V8

実質的なワークスの中のワークス#97
去年はアートカーを走らせたけど今年は通常カラー。後述の#99が予選で撤退となってしまったので、この撮影後からサイドにデカデカとINTERUSHのロゴがついてしまい自分としては興味半減。以前、インディの時にも書いたけどどうも胡散臭いよなぁ、このスポンサー。
ダレンターナー、シュテファンミュッケの2人に加えて今年はここにブルーノ・セナが乗ったんですけど、決勝ではベストラップでは相当速かったもののクラッシュで遅れてしまい結果は残らず。残念でした。


#98.1.jpg
#98(LM GTE Am) ASTON MARTIN RACING / ASTON MARTIN VANTAGE V8

ラミー・ダララナ・ナイガード組の#98。こっちも序盤に謎のコースアウトがあって遅れたのをはじめあまり見せ場が無く終わってしまいました。ラミーって最近、アマクラスに助っ人で乗ることばかりでなんだかかわいそう。2011年にはプジョー908最後の年に2位になっているのに。。。ダララナってどういうキャリアを積んだドライバーなんだろう?と思って調べたら見た目ほど実年齢は行っておらず(笑)、いわゆるジェントルマンドライバーなのかな。レースキャリアもまだ7-8年みたい。それでもルマンに出られるって素敵なことだなぁ。


#99.1.jpg
#99(LM GTE Pro) ASTON MARTIN RACING / ASTON MARTIN VANTAGE V8

AMRではあるものの実質的にはWTCCをやってたバンブーエンジニアリングとCRAFTの合弁チームです。だからWTCCでも乗っていたアレックス・マクドールとダリル・オーヤンが乗りこみました・・・が、予選でフェルナンドリースが大きなクラッシュ。クラッシュ後の車を見たらまるで去年のシモンセンのクラッシュを彷彿とさせるボディのひしゃげ具合と左のドアが無くなった姿。一瞬嫌な予感はしたもののドライバーは無事。
でも、そのクラッシュのおかげで決勝は辞退せざるを得なくなってしまいました。オーヤンはお母さんも連れてきてたのに気の毒に。FBを見ると決勝序盤に親子で観覧車に乗ってたみたいですね(笑) 去年までの指定席だったら自分の真後ろあたり、観覧車の行列にオーヤン親子が並んでたのかと思うとちょっと笑えますw
posted by Yoshitaka at 09:05| Comment(6) | TrackBack(0) | 2014 LE MANS 24HOURS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする