2014年04月07日

Re: FINISH!!!!! STARTER 1/43 MAZDA MXR-01 #6 1992 LM

スターターのマツダMXR-01です。完成画像を証拠程度にしか載せられていなかったので改めて・・・。
3月頭には完成していたんですが、なかなか太陽の下でまともに撮影できず。遅ればせながらですがご覧ください。
(※いつも通りクリックすると拡大します)

 
MXR-01.02.jpg
全体像から。
全体的なプロポーションは組み上げ前まで「?」な部分もあったのが事実。でも、組みあげてみたら結構、「ぽい」感じに仕上がってくれて嬉しかったです。基本的にフォルムはなにもいじっていません。
MXR-01.03.jpg
下気味のアングルから。
フロントオーバーハングには0.5mmプラ板を貼って車高があたかも下がったかのように見せています。そのままだとちょっと車高が高いかな。リアウィング、予選仕様かと思っていたら当時、ルマンのサーキットにいらした方に聞いた話によるとどうも決勝もこの仕様で走っていたようで。エースカーであるCHARGEカラーの車についてなら写真もたくさんあるのに、この車は地味ぃーな存在なので資料があまりなく・・・
MXR-01.04.jpg
斜め上から。
給油口はもうそのまま立体塗り絵にしました。アンテナは真鍮線の上下に瞬着で膨らみを作ってそれらしく仕上げています。ヘッドライトカバーはバキュームパーツが全体的に経年劣化で黄ばんでしまっていましたが、結果として実車と同じような色・・・雰囲気に仕上がりました。実車も当時から黄ばんだ感じになっているんですよ。
MXR-01.06.jpg
左リアから。
こんな低いリアウィングを付けた車も今じゃ(レギュレーションの問題もあって)なかなか登場しませんよね。こういう見た目にインパクトがある車ってやっぱり惹かれます。リアカウルのスリットはさすがに抜かずに墨入れしただけです。
MXR-01.08.jpg
右リアから。
フロントウィングとして機能していそうなノーズ部分。ここは実際に穴が開いていました。ウィングに相当する部分は長さが5cmくらいのプラ製のウィングが入っていたので、それを適当な長さに切りだして使っています。塗膜の厚さも考慮に入れなくちゃいけないから、切り出す長さは結構シビアな調整が必要です。
MXR-01.05.jpg
真上から。
やっぱりCカーはカッコいい!!
MXR-01.07.jpg
右リア。
ボディサイドのNACAダクトは開口しています。キャッチピン部分はφ0.4mmの穴だけあけています。ホイールの出来がイマイチなのが残念だけど、全体的に黒いから良くも悪くもあまり目立たない・・・
MXR-01.01.jpg
右フロント。
ミラー面はミラーフィニッシュをジャストサイズになるよう切りだして貼りました。このサイズならこれで十分ですね。今回は窓貼りに失敗して黒い部分を急遽タッチアップしたりしたのでちょっと汚くなっちゃいました。ここは反省点。というか、100均で買ったゴム系接着剤が塗料と相性が悪かったようで・・・素直にコニシのボンドを使えばよかったのにケチって失敗しましたw

次回は・・・ライフL190の完成画像を改めて紹介予定です。

posted by Yoshitaka at 23:47| Comment(0) | TrackBack(0) | STARTER 1/43 MAZDA MXR-01 #6 1992 LM | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする