2013年12月29日

SaYoNaRa, 2013...

もう年末ですね。自分もまた一つ歳をとり・・・おっさんへの道まっしぐら(笑)

今年最後の更新になると思いますが、最終週に入ってからでもMXR-01、いじってみました。

P1030157.1.jpg

インダクションポッドが塞がってて変なので、ここは穴を開けようかと・・・


P1030161.1.jpg

貫通させなくとも、深くなってればOK。


P1030163.1.jpg

結局、このころのスターターって車高が高めなのかな。ただ、タイヤはキットの物を使ってみたものの、なんだかちぎれそうなので、代用できるようないタイヤがあれば交換したいところ。


P1030170.1.jpg

ということで、とりあえず前回、スターターの962Cを作った時にワタナベさんに習った技、再び。貼るのは0.5mmのプラ板。


P1030172.1.jpg

まだ貼っただけだけど、とりあえずはこんなところでいいかな。


***************************************************************


今年は自分の周りで、亡くなった祖父を体調を崩した人が多い年でした。来年は自分も含めてみんな元気でいられるといいな。もうね、それだけ。

また2014年もよろしくお願いします♪
posted by Yoshitaka at 23:58| Comment(8) | TrackBack(0) | STARTER 1/43 MAZDA MXR-01 #6 1992 LM | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月23日

STARTER 1/43 MAZDA MXR-01 #6 1992 LM

こんばんは。

ここ数カ月、決して調子も良くないので仕事をセーブ気味にしているんですが、そのおかげでミニカー製作に関しては進む進む(苦笑) 夜中の作業って自分にとっては安らぎだな。もっとも周囲から見ると調子悪そうには見えないかもしれません・・・でも、今年はなんだかとても疲れた1年でした。まだ締めくくるには早いけど、ホントに疲れた。やりがいを多少感じられる部分もあるから持つけど、そうじゃなきゃ、ぐったりだっただろうな。

さて、次作です。

DSC_0808.1.jpg

またWs43さんのところとちょうど良くバッティングさせれるし、ここのところこの車(というかベースとなったジャガーXJR14)のラインの美しさを改めて実感しまくっているので、そういった初期衝動を形にできたらいいな・・・なんてアーティストみたいなこと言ってみたりw


DSC_0812.1.jpg

なんかヘッドライトがデカすぎませんか?というのが正直な感想だけど、プロバンスと比べるとウィングの構成やなんかはこっちの方が組みやすそうだから、ちょっと迷った挙句、スターターを選択。

インダクションポッドは開口させなくとも、穴を深くしてあげましょう。ラジエターダクトはどうしようかなぁ。ここ、ボディが肉厚だから抜いてもしょうがないような感じがあるし・・・それよりも先にラジエターっぽく何かを入れられるように地味ぃな作業をしておくとしますかね。


DSC_0815.1.jpg

ボディのいたる所にあるこのNACAダクトはどうにかするつもり。エンジンカウルの上にある2箇所はモールドがあるから厳しいかなぁと思うけど、ボディサイドのやつに関してはいじろうかな?


***************************************************************

どんなに頑張ってももう年内完成は無理だし、のんびり行きますかね。。。
posted by Yoshitaka at 23:35| Comment(4) | TrackBack(0) | STARTER 1/43 MAZDA MXR-01 #6 1992 LM | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月16日

FINISH!!!!!STUDIO27 1/43 NISSAN DELTAWING 2012LM

週末に完成したデルタウィング。最後に取り付け作業など行ったのはサイドポンツーンのエアインレットに付くメッシュとライト類の処理です。

メッシュから。

P1030147.1.jpg


このメッシュ、とても細かく出来てるのはいいんですが、さすがに細かすぎてサフを吹くと詰まっちゃいそうなほど。そこで最近リリースされたフィニッシャーズのマルチプライマー。これ、結構いいです!

そもそもこのメッシュ、もちろん平面のエッチングパーツなんですが、これを3D曲面へ馴染ませるのは結構繊細な作業。ここは目立つので時間を掛けて仮組みする必要がありますね。

で、目も埋まらずプライマーを塗れたので、黒もとても薄く塗り、そしてボディ同様、スーパーフラットコートも吹いておきます。ただし、少しでも塗膜を薄くするために裏面のフラットコートは省略しました。

取り付けはフラットコートを流し込んで行いました。これなら多少はみ出しても目立ちませんからね(苦笑)


P1030151.1.jpg


次はライト類。

この車、ライトはノーズに左右2ヶ所、サイドポンツーンに2ヶ所の計4個。なので、バキュームのライトカバーも4個、用意しなくちゃいけません。各ライトが小さいのでこれが結構、厄介で。ざっと粗切りした後は、#400のペーパーでヤスって調整しました。断面を目立たなくするため、黒のマーカーペンで塗っておきます。これだけで出来がだいぶ違うと思います。


PC145983.1.jpg

オンボードカメラはボディ側に取り付けます。

コイツがカーボンデカール地獄、第二弾みたいな感じで。でも、すごく質のいいデカールとデカールサイズなど設計の点でも文句のつけようが無いので、頑張って貼りました。実はカーボンデカールらしいものを貼るのって意外にも初めてでした。昔のキットばっかり作ってるのでね。

でも、キレイに貼れたと思うし、出来にも満足しています。

***************************************************************

これで完成!

PC145993.1.jpg


リアタイヤ周りが本当はこんなに角ばってないんですよね。仮組み時に自分も去年のルマンの時の写真を見なかったのが悔やまれます・・・でも、モデラーの皆さんならわかると思いますけど、一度見ちゃうとキリが無くなっちゃって・・・。

コクピット周辺のアンテナ類は根元だけメタルパーツで用意されていました。ただ、アンテナ径を考えると小さすぎる感じがしたので、片方は銅板を巻き付けてそれらしく仕上げています。


PC145996.1.jpg

ミラーは最初からさほど深くはないものの、掘りこんであってそこにエッチングパーツのミラー面をはめ込む形。このエッチングは軽く表面をコンパウンドで磨いてそのまま取り付けてあります。


PC146024.1.jpg

ここら辺からのアングルが普通の車と全然違いますよね。変なフォルムだけど、実験的要素が詰まった車だからか、魅力的に映ります。


PC146011.1.jpg


この車のモノコック、2009年にルマンに出たアストンマーティンAMR Oneのモノコックを流用してるんです。なので、これがエイドリアンが乗った車なのかも〜とか変な妄想をしてたりね(笑) しかし、おもしろいコンセプトの車です。こんなプロポーションの車なのにモノコックを他車から持ってこようというアイデアがすばらしい。安く、クラッシュテストを行わなくて済むようにと考えられたものと思いますけど、実現させちゃうところがすごいです。

***************************************************************

さぁ、年末。今年の完成報告はこれが最後でしょう。

実はまだ9月のWTCCの写真の選択や編集をまだやって無かったりするんです・・・。これを今年中に終わらせたいですね。やっぱりこういう作業はシーズン中にやらないとますますやらなくなっちゃいますから・・・。
posted by Yoshitaka at 23:57| Comment(6) | TrackBack(0) | STUDIO27 1/43 NISSAN DELTAWING LM | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月14日

Drive, Drive!!

急遽、今から実家へ行くことになりました!昨日、ロードスターが車検から帰って来たので車で行こうかなー?

という訳で・・・とりあえず報告です♪


PC145993.1.jpg


うーん、新鮮なフォルムに新鮮なマットの塗装。なかなかいいね!

週明けに改めて完成までの道筋やらちゃんとした完成報告も行います☆
posted by Yoshitaka at 14:28| Comment(2) | TrackBack(0) | STUDIO27 1/43 NISSAN DELTAWING LM | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月11日

Against the action!

こんばんは。
空いた時間に可能な限りいじっています、STUDIO27のデルタウィング。

そんな中、ガナッシやAAR、ハクロフトを核としたデルタウィングカーズがニッサンを訴えるという訴訟が起こってしまいました。訴訟が起こされたのがちょうどニッサンがデルタウィングをコンセプトにしたと思われるEVカーを出した東京モーターショーが終った日。どうなっちゃうんだろうなぁ。一緒にやってきた仲間がこうして裁判沙汰になってしまうのを見るのはつらいものです。

前回はデカールを貼るところまで書いたので…

P1030108.JPG

クリアコートして研ぎ出し・・・


たら、やっちまいました・・・

P1030099.JPG

ハイクロフトのロゴが半分無くなっちゃいました。これ、密着不足だったかも。研ぎだして削り取ったというより、クリアの膜の剥がれ方を見ると剥がれちゃったように見えました。残念だけどこれはもうしょうがないのでこのまま行きます。

P1030109.JPG

まずはつやつやに塗ってはデカールの段差を消すためにデカールの場所を中心に#800と#2000の耐水ペーパーで均してはクリアコートしてを4セット繰り返し・・・

P1030118.JPG

で、意外に知られてないことですが、この車、全体的にはマットブラックなんですが、カーナンバーの部分だけはつやありなんです。なので、この部分だけマスキングしてスーパーフラットコートでコーティング。

P1030124.JPG

マットすぎず、ツヤが残りすぎず、いい感じに仕上がったかな?


マスキングを剥がすとこんな感じ。

P1030134.JPG

こういう車、なかなか無いので面白いかもね。


さぁ、ラストスパートです。年内完成を目指すぞぉーーー。

しかし、思わぬ所にカーボンデカール地獄が待ってたりしてびっくりだ。
posted by Yoshitaka at 23:24| Comment(6) | TrackBack(0) | STUDIO27 1/43 NISSAN DELTAWING LM | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月01日

squad

こんにちは。

11月はいつに間にか終わってしまった・・・11月のオフはひたすら写真撮ってた気がする。先月修理したオリンパスPENに加えて最近、自分のCanon 60Dまでオートフォーカスが調子悪くなってきて、たくさんシャッター切っても半分はダメ。だからより多くカット数をおさえようとするからか、余計に調子も悪くなり。なんだか悪循環。

モーターショーも行けたし、良かったんだけど、11月は病院で(もちろん自分が悪いんじゃないんだけど)やたらとお看取りする機会が多かったのと、出張もあったりでちょっとお疲れ気味になっちゃった。なかでもそのお看取りの件は自分だけじゃなく、固定スタッフが集中的に当たった感があって・・・雨降って地固まるじゃないけど、おかげで結束は強くなったかな。

12月は少し流れが変わるといいなぁ。

***************************************************************


ということで、昨日、今日とバァーーーッといじりました。

P1030079.1.jpg

サフを吹いたところ、メタル地の時よりもさらにスが目立つことがはっきり。特にボディ後ろ側に集中。よりによっていじりにくいところに集中してるのが皮肉・・・


P1030080.1.jpg

こんな感じで。

スジボリが結構繊細だからリアのスばっかり直してると埋まっちゃいそうな感じ。カウルの後端も薄くしたいんだけど、ここにパーツが付いたりするから安易に薄々もできず。かといって表を薄くしてしまうとカウルが歪んでしまうみたいで嫌だったから、仕方なくこのまま仕上げることに。


P1030085.1.jpg


黒くしちゃうとわからないw 今回も色はフィニッシャーズのピュアブラックです。塗っては中研ぎを入れ・・・それを3回繰り返しました。ただ、塗装が削られやすい部分って限られてるのがよぉーーーーくわかる結果に。研ぎだしの時にも心配だわ・・・


P1030091.1.jpg


デカールも一気に済ませちゃってます。このデカール、すごい。結局、1滴もソフター使わずに済んじゃうほどキレイに馴染む上、糊も結構強く良く密着してくれる。もちろん割れない(笑)

うーん、スタジオ27もだいぶ改善されていました。中でも一番驚いたのがライトカバーの中のカーボンデカール。そもそもここにデカールが必要かどうかの議論は置いておくとして、すごい精度でピタッと貼れるのには思わず感動。深夜にもかかわらず、「おー!」って言っちゃうほど。

今後落とし穴が無いかどうかはもちろん気をつけなくちゃいけないわけですが、その注意の閾値が下がってしまいそうなほど、良くできたデカールでした。

今日はクリアコートかな。
posted by Yoshitaka at 14:21| Comment(4) | TrackBack(0) | STUDIO27 1/43 NISSAN DELTAWING LM | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする