2012年10月29日

FINISH!!!!!DOYUSHA 1/43 Lamborghini Gallardo superleggera

なんかいろいろUPしてるせいでかなり暇人だと思われそうな今日この頃(笑)

WECとWTCCで疲労困憊だった先週を乗り越えたらちょっとずつ復活してきました。なんせこの週末は10月初めての週末を東京で、自宅で過ごせる週末。ということで、やり残したことをもろもろこなしてたらあっという間に月曜日に・・・

この週末最後にUPしてみることにします。

「実験くん」としていろんなコンセプトを取り入れながらなんとか形にすることができました。
そのコンセプトを復習しておくと・・・
1) ボディカラーは塗らない。
2) スプレーやエアブラシは使わない。
3) 基本、素組みで。     ・・・・以上。

PA290455.JPG

で、そのコンセプトで作ってみた・・・ものの、まぁ、なんというか出来はそれなりかな。でも、ストレスフリーでパチパチっと組めるのは面白かった。結局、塗装についてはボディはパーティングラインを削って、その後、コンパウンドで磨き出し。本当に塗装はしていません。

で、その代わりに・・・とメリハリをつけようとスジボリに墨入れしてみたんですが、結果的にこれが失敗。塗装してないからプラのいろんなところに透けてしまってなんだか薄汚くなっちゃったw


PA290474.JPG

いわゆる「セミグロスブラック」指定のところはどうしようか迷ったんですが、結果的にこの写真に写ってるようなエンジン回りとリアウィングはエナメルマットブラックで塗装。内装を含むそれ以外のパーツは#2000程度のペーパーで磨いてそれらしい質感に。


PA290479.JPG


ヘッドライトのインナーはさすがに塗らなくちゃいけない・・・ので今年のルマンでいろんなドライバーにサインを貰ったシルバーのペンで塗ってみて・・・(笑) ついでにライトレンズにジャンクパーツを貼ってみましたけど、あんまり効果ないかもね。

勢いで開けてしまったサイドのエアダクトにはこれまたジャンクのメッシュパーツを貼って中を見えないようにカバー。これはキットのままよりいいと思う。手を加えればやっただけ効果が出るのがこのシリーズのいいところ。


PA290484.JPG

ミラーは、このキット第二の弱点。ミラー面のパーツが無いの(^^;
仕方が無いので洋白板を加工して、そこにハセガワのミラーフィニッシュを貼って仕上げています。


ここまで賞味1週間で作ったキット。
でしたが、おひつじ@takさんからのコメントで「透け対策にボディ裏面をシルバーで塗ってしまったらどうか」という話があったので、いい機会だと思い、一度組んだキットをバラして再塗装して組み直し。

PA290463.JPG

スジボリに入れた墨がガンのようになってしまいましたが、色のにじみが若干軽減されたかなぁと思う反面、手持ちにあったシルバー系のエナメル塗料がフラットアルミしかなかったんでそれで塗ってしまいましたが、もっと明るめのシルバー系の色ならもっと効果的だったかも?といったところです。

でも、定価800円、それの半額、400円で買ったこのキットでこれだけ楽しめる。部屋も汚さず、大して匂いも出さず、そういった意味でもお手軽にちょっといい完成品が作れるんです。

「ここはああした方がいい」とか「やっぱり塗らなくちゃ重厚感は出ないよ」とかいろいろご意見はあると思います。だけど、このキット、こういうコンセプトで作ってみるのもいいんじゃないでしょうか?コストパフォーマンスとしたら最高の素材です!!!




 
posted by Yoshitaka at 01:42| Comment(6) | TrackBack(0) | DOYUSHA 1/43 Lamborghini | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月26日

2012 WEC Rd.7 JAPAN, FUJI Vol.1

☆ LMP1 ☆

#1.1.jpg

#1 AUDI SPORT TEAM JOEST / Audi R18 e-tron quattro

今年もルマン24時間で優勝。これで2連勝となって迎えた富士のレース。フェスラー以外の2人には「ホーム」という意識が強かったはず。決勝では無理にインに突っ込み接触するシーンもあって遅れ、トヨタに負けてしまった。。。でも、富士においてはトヨタだけではなく#2にも負けていた感じもします。でも、ルマンで勝ってるトリオっていうのはやっぱりすごいよな・・・


#2.3.jpg

#2 AUDI SPORT TEAM JOEST / Audi R18 e-tron quattro

ルマンではカペッロも一緒に戦ったのに、ディンドのプロト引退宣言の後は代役を入れずにマクニッシュとクリステンセンだけで戦ってるこの車。クリステンセンも以前日本に住んでいたけど、改修なった富士を走るのは初めてだったはず。それでもあっという間に慣れてしまうってやっぱりレーシングドライバーってすごいよね。

しかし、R18ってブレーキングの突っ込みがものすごく深いんですよね。ルマンでは加速して行くところを中心に見ていたからか、はたまたここまで速度を落とす場所で見ていなかったから気付かなかったのかわかりません。ブレーキング、安定していて、でもものすごく深い。それじゃ止まれないだろ!!って思ってもちゃんとロックさせることなくササッと曲がっていくんですね。

その反面、そういったブレーキング時の相対速度差が危ういところなんですけどね。


#7.3.jpg
#7 TOYOTA RACING / Toyota TS030 - Hybrid

いやー、完勝。チームの、そして中嶋一貴にとってもホームでの優勝。こういうの、今までの日本人ドライバーではあまりなかったことでは?ヴルツ、ラピエールと3人乗ったけど、予選もタイム出したのは一貴くんだったし、決勝でも最後の勝負が掛かったスティントを担当したのも彼。

地元に錦を飾るということを文字通り達成したこの車。ルマンの時よりカッコよく見えてしまうんだよなぁー(笑)
実際、アウディに比べて(少なくとも)見た目でアップデートしてきてましたけどね。リアウィングなんか今まで見たことが無い造形になっていました。


#12.1.jpg
#12 REBELLION RACING / Lola B12/60 Coupe - Toyota

レベリオンのエンジンカウルには漢字で「反乱」の文字。そう言えばこのチーム、ルマンでのパドック輸送用カートにも「武士道」って書いてあったっけ。プロストJr.とニール・ジャニ組のこの車、ハイブリッド3台の直後、4位でフィニッシュでした。なんだか毎回こんな展開ですね・・・


#13.1.jpg
#13 REBELLION RACING / Lola B12/60 Coupe - Toyota

こちらはハロルド・プリマとアンドレア・ベリッチ組の13号車。LMP2の#31&32LOTUSでは本当に黒&金のカラーなのに対し、レベリオンの2台は黄土色と黒なんですね。ボクはやっぱり本当に金色のLOTUSの方が好きだなぁ。


#15.1.jpg
#15 OAK RACING / Oak Pescarolo - Honda

琢磨が乗りこんだOAK1台。
しかもルマンの時にはドライバーたちが異口同音に「エンジンパワーが無い」と言っていたジャッドエンジンがホンダにコンバート。ペスカロロ-ホンダとなって登場しました・・・が、やっぱり遅い。これがLMP1のオープンボディの限界なのかなと思わざるを得ない状態。基本となってるペスカロロのシャシーも登場してずいぶん経ってるし、ここはもう新しいシャシーの登場を期待するしかないかな。

それにしても琢磨の登場でチームメイトのバゲットとこれだけ会いにくくなるとは思わなかった・・・。


#21.1.jpg
#21 STRAKKA RACING / HPD ARX 03a - Honda

ストラッカはいつも着実。本当に着実。でも、同じマシン、同じスタンスで#22JRMも来てるからチーム側も内心焦ってる部分もあるんじゃないかな?数年間にわたってドライバー陣が3人とも変わらないチームって言うのも珍しい。ダニー・ワッツ、ニック・レベンティス、ジョニー・ケイン。すごいよね。キャリアを見る限り誰もペイドライバーではないし、継続は力なりって感じでしょうか。


#22.1.jpg
#22 JRM / HPD ARX 03a - Honda

デビッドブラバムが久しぶりに日本に来るということで、現地であった自分の友達の中では一番人気状態だったというのが嘘のような本当の話(笑)
1994年、シムテックでF1に乗った時以来でしょうか。やっぱり90年代にF1に乗ったドライバーって我々世代には特別なんだよね。今、現役で乗ってるドライバーよりも付加価値が付いているような感じ。憧れというかね。チームメイトも先日、WTCCのサポートレースで亡く
なったOSAMUさん率いるLeyjunからフォーミュラニッポンに出て一躍有名になったダンブレック、それに去年までF1に乗っていたカルン・チャンドック。

結局、今回もJRM vs STRAKKAはJRMの勝ち・・・となりました。

***************************************************************


☆ LMP2 ☆

#23.1.jpg
#23 SIGNATECH NISSAN / Oreca 03 - Nissan

LMP2クラスにおいて日産のワークスチーム的な存在のこのチーム。今年も2台体制で参戦です。


#24.1.jpg
#24 OAK RACING / Morgan - Nissan

OAKの1台ですが、エントリー名が他の車たちと違ってペスカロロのシャシーにモーガンの名前を冠しています。なので、本来は自動車メーカーであるモーガンの名前が日産と並列で書かれるという、なんだか違和感アリアリのこの名前になっています。


#25.2.jpg
#25 ADR-DELTA / Oreca 03 - Nissan

今回のWECでは中野信治さんが助っ人参戦したこのチーム。自分もルマンで初めて知ったんですが、「ADR」とはアランドッキングレーシングの略だと・・・実は名門チームなのでした。しかし、この富士では信ちゃんの作ったタイムギャップを最後まで保ってクラス優勝!本当にお見事でした。
・・・ですが、ノーズ部分に喪章があるのがわかるでしょうか?ドライバーのトル・グラベスの親族の方が亡くなったようで喪章を付けてるし、サイン会でもサインはしているものの笑顔はなく、クラス優勝の表彰台でもシャンパンファイトをせずにすぐに後ろに引きさがってしまいました。


#26.2.jpg
#26 SIGNATECH NISSAN / Oreca 03 - Nissan

#23のチームメイトととなる#26。サーキット仲間から聞いたんですが、昔F1に出ていたジョーダン→ミッドランドと名前を変えていたころ、何気にF1テストをしていたロマン・ルシノフがレギュラードライバーとして乗りこんでいます(・・・自分はルマンでも会っていましたが、そんなことすっかり忘れていましたw)


#29.1.jpg
#29 GULF RACING MIDDLE EAST / Lola B12/80 Coupe - Nissan

井原慶子さん、デレトラズ、ファビエン・ジロワ組の#29。ルマンでは最初の1時間で消えちゃったのに、今回は完走。井原さんのホームレースで見事でした。ちなみにデレトラズのファーストネーム「Jean-Dennis」は「ジャン・デニー」って感じの音でした。スイス人なんですがフランス語圏の方のようですね。


#31.2.jpg
#31 LOTUS / Lola B12/80 Coupe - Lotus

LMP2クラスの中で自分が一番好きな車がこのチーム。同じロータスのサポートを受けるLMP1のレベリオンと違ってこちらのカラーは黒金。なんだか今回のWECではそれを語っている人がとても多かったのが印象的でした。


#32.2.jpg
#32 LOTUS / Lola B12/80 Coupe - Lotus

ルマンでは上の#31のみのエントリー(※#32もリザーブエントリーはされていたものの予選には出られず)だったので、初見となるロータス#32。しかも、ドライバー的にトロロッソやフォースインディアからF1に出ていたリウッツィ、ホンダF1のテストドライバーをやっていたジェームス・ロシターなどが乗っている#31よりも本気なメンツ。その通り、決勝でもスタートからリウッツィがかき回してくれたので面白かったんですが、#29と接触しちゃったりとアンラッキーなところもあり、結果にはクラス5位まで下がってしまいました。


#41.2.jpg
#41 GRAVES MOTORSPORT / Zytek Z11SN - Nissan

ルマンではマーティン&アレックスブランドル親子が乗りこんだことで話題になったグラベスも、富士では地味な存在でしたね・・・


#44.1.jpg
#44 STARWORKS MOTORSPORTS / HPD ARX 03b - Honda

今回のLMP2で一番印象的だったのがこのスターワークス。ルマンの時と違い、3人目のドライバーにキンバー・スミスではなくサラザンが搭乗。そして、今回の2位フィニッシュで今年のLMP2チャンピオンが決定。
話によれば来年からはここのドライバー、ベネズエラ人ドライバーのポトリッチョが独立してLMP2に参戦とか。ベネズエラも先日大統領選挙が行われましたが、現職大統領が勝ったのでオイルマネーに助けられているドライバーには嬉しいニュースだったんだと思います。来年、ベネズエラマネーが無くなったらスターワークスはどうなっちゃうんだろう?


#49.2.jpg
#49 PECOM RACING / Oreca 03 - Nissan

元WRCドライバー、アルゼンチンの大金持ちw、ルイスペレスコンパンクが興したチームがPECOM。「ペ」レス「コン」パンクの略ですよね。ここも去年までプジョーワークスに乗っていたミアシアンが3rdドライバーに入りクラス4位でフィニッシュしました

***************************************************************


☆ LM-GTE ☆

#50.2.jpg
#50 LARBRE COMPETITION / Chevrolet Corvette C6-ZR1


#51.2.jpg
#51 AF CORSE / Ferrari F458 Italia



#55.3.jpg
#55 JWA-AVILA / Porsche 911 RSR



#57.1.jpg
#57 KROHN RACING / Ferrari F458 Italia



#70.1.jpg
#70 LARBRE COMPETITION / Chevrolet Corvette C6-ZR1


#71.1.jpg
#71 AF CORSE / Ferrari F458 Italia


#77.3.jpg
#77 TEAM FELBERMAYR-PROTON / Porsche 911 RSR


#88.2.jpg
#88 TEAM FELBERMAYR-PROTON / Porsche 911 RSR


#97.1.jpg
#97 ASTON MARTIN RACING / Aston Martin Vantage V8
posted by Yoshitaka at 23:54| Comment(9) | TrackBack(0) | MOTOR SPORTS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月22日

2012 WTCC SUZUKA Vo.0

WTCC001.jpg

こっちも行ってきました。2日間だけだったけど、楽しかったー。完全燃焼・・・燃焼し過ぎってくらい。


***************************************************************


その反面、自分がサーキットを離れてから聞いたサポートのS耐での死亡事故のニュースにはびっくり。前から知っているドライバーだっただけに複雑だった。スーパー耐久って自分たちが思ってる以上にストレートスピードが速いもんね。

OSAMUさん、御冥福をお祈りします。
posted by Yoshitaka at 23:39| Comment(0) | TrackBack(0) | MOTOR SPORTS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月15日

2012 WEC Rd.7 JAPAN, FUJI Vol.0

WEC FUJI Winners.jpg

行ってきました、富士。改修工事後、パドックに入ってレースを見るのは初めてでした。
現場でお会いした方々、どうもありがとうございました。

***************************************************************

さて・・・
この間も最後に書いたけど、クレイジーな今年の10月、日本のモータースポーツカレンダー。
F1→WEC/MOTO GP→WTCCと世界選手権が3週に4戦。

これ、例年サーキットに行ってる人が結構カブってると思うんだよね。事実、自分の友達でも「どれに行くか」を迷わざるを得ない人がたくさんいる現実。4戦とも行ける人(WECからMotoへハシゴ)もいれば、時間的/経済的な問題で1戦しか行けない人もいる。当然のことだと思う。

そういう目線で考えて欲しいよね。
鈴鹿はホンダの、富士はトヨタのサーキットだから・・・とか融通利かないこと言わないで、実際の観客の意見を反映したスケジュールにして欲しい。各イベントのアンケートなら書く/発信する機会はあるかもしれないけど、スケジュールとなるとFIAなどもっともっと上級組織に対しての意見ということになるので、我々クラスじゃどうしようもない。

****************************************************************

ま、イベント自体は面白かった。やっぱりプロトタイプは素敵。海外レースだといろいろなクルーやドライバーとのエピソードも特に残るし、今回もおなかいっぱいです。
posted by Yoshitaka at 23:03| Comment(0) | TrackBack(0) | MOTOR SPORTS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月09日

PROVENCE MOULAGE 1/43 PEUGEOT 905 MEXICO 1990

こんにちは。

今日は新作紹介を先にしちゃいます。本当は無塗装コンセプトの童友社のスーパーレジェーラを先にしたかったんですが、実験くんには最後まで実験くんになってて欲しくてね。

という訳でアイツは後々、公開します。


P9170011.JPG

『またー?』って言われるのは承知の上でプジョー905です(笑) 今度はプロバンスの1990年仕様…ということで、ごく初期のモデル。

しかも、これ、プリペイントキットなんです。不人気キット故、安く買えたという。無塗装の通常キットだと一時、なかなかの値段になってましたが、これは2000円で仕入れた品です。



P1020450.JPG


でも、このプリペイント、ところどころ剥がれてたり、埃が混入したまま硬化してたり、塗装ムラがあったり、そのまま使うのはどうかなぁー?というシロモノ。



P9170012.JPG


フォルムは文句無いはずなんだけど、塗装はねぇ…。メキシコ仕様ということで、フロントフェンダーの上のエアアウトレットも派手だし、それが余計に話を厄介にしてるよな。




P1020440.JPG

リアもスパッツが付いてるんですが、資料を漁ってみたら、本当にこのキットみたいに張り出しが大きいタイプのようで。最初は削りとばしちゃおうかと思ったんですが、調べてみて良かった(笑)



P9170016.JPG


ホイールのセンター部分はレジンパーツ。ちゃんとスペアがついてるのが素敵。リアウィングもレジンだけど、こうしてちゃんとランナーについててくれるので変形は修正可能な範囲。

さすがにステアリングは厳しそうだけど…


P9170019.JPG

シャシーもレジン一発抜き。シートに気泡が入っちゃってるのでそういう部分だけ修正すればそのまま使えるかな。




他にも書きたいことはたくさんあるけど、時間が…今月は仕事に趣味に忙しすぎる。。。

なんでF1とWEC、WTCC、全部同じ月にやるかなぁ?こんなスケジュールを容認するJAFってやっぱりおかしいよ。一応、ファミリー会員だから加入してるけど、自分だけだったら迷わず退会するな。単なる天下り組織だろ、あんなの。

posted by Yoshitaka at 14:00| Comment(6) | TrackBack(0) | PROVENCE 1/43 PEUGEOT 905 G.P.MEXICO | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする